あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

ともだちをたすけたゾウたち」 みんなの声

ともだちをたすけたゾウたち 作:わしお としこ
絵:遠山 繁年
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年
ISBN:9784774605302
評価スコア 4.78
評価ランキング 463
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 仲間を思いやる優しい心に感心しました

    書店で、『愛子さまが読まれた絵本』と紹介されているのを見て、手に取ってみました。
    この絵本は、多摩動物公園で実際におこったことを題材にして書かれたものなのだそうです。
    本当にこんな事があったの?とびっくりしましたが、素晴らしいお話でした。
    多摩動物公園の1頭の雄のゾウが病気になり、自力では立てなくなりました。
    獣医さんも飼育係の人も、どうすることも出来ずただ見守るだけの中、2頭の雌のゾウが両側から支え合いました。
    それは1日だけではなく、雄のゾウが元気になるまでの1ヶ月間も続きました。
    ゾウがこんなに優しくて思いやりの心を持っているなんて驚きました。
    この絵本を読んで、仲間を思いやる心の大切さがわかってくれたらいいなと思い、早速読んであげました。

    掲載日:2010/03/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 両脇から支えて

     病気になったゾウを、なかまが支え助ける、という本当にあった話です。
     
     動物園にいるゾウのアヌーラが、弱ってしまいました。飼育員がどんなにケアしても、よくなりません、、、。そんなアヌーラを、なかまのゾウが両脇から支えるのには、びっくりしました。ゾウ同志、つうじあうものがあるんだなと、しみじみしました。

     さいごは、元気になってよかったです。動物のやさしさ、強さを感じるおはなしでした。

    掲載日:2014/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ステキなお話です

    本当のお話なんですね、すごくステキなお話です。

    ゾウが相手を思いやるなんて初めて聞きました。
    巻末の作者のあとがきにも感動します。

    最後にはアヌーラは弱ってしまうんではないかとドキドキしながら読みましたが、二頭のぞうのおかげですっかり良くなったと書いてあるのを読んで安心しました。

    多摩動物園には一度行ったことがあるのですが、アヌーラたちが過ごしたぞう舎をゼヒまた見に行きたいなと思いました。

    幼稚園児の娘には、小学生になってもまた読んでほしいなと思います。

    掲載日:2013/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物園に行きたくなる!

    • よしの770さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子3歳、女の子1歳

    最近、おともだちと遊ぶのが楽しくて仕方がない様子の息子に、
    ともだち同士助け合うことの大切さについて考える一助になれば、と思い、読み聞かせしました。

    多摩動物公園での実話をもとにした内容とのことですが、
    息子も私も、ゾウがそんなに仲間を思いやって行動するんだ、ということに衝撃を受け、とても感動しました。
    動物園に行って動物を見るときの目が変わりそうです。

    掲載日:2011/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人が読みたい本

    本当にあった、尊敬すべきゾウのおはなしです。人が生きていくうちになくしてしまいがちなココロに感動しました。娘にも大人になっても持っていてもらいたい本です

    掲載日:2009/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しさ、強さ

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    学校の先生ご推薦の本を息子が借りてきました。

    一緒に読みましたが、
    これが、本当にあった話かと、正直びっくりしました。
    動物園の飼育係の人が、実際のお話に感動して、絵本にしたそうです。

    ”仲間を思いやる優しさ、お友達を支える強さ”

    これは、人間にも是非大切にしてほしい心根だと思います。
    ぞうの話を通して、子供達にも伝わるといいな。


    多摩動物園にまだみんないるのかな?
    ぞうさんのあの眼差しは、優しさからあふれ出るものなんだね。

    息子は、ぞうに会いに行きたいな、と言っていました。

    掲載日:2008/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 他を思いやる心

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    多摩動物公園で本当にあったお話をもとに書かれた本です。
    同じ動物舎に入れられていた3頭のゾウのうち、1頭が病気になってしまいます。すると、他の2頭が寄り添って助けてあげたのです。
    思いやりの心・やさしさを、動物のゾウが持っているなんて、驚くばかりか、感心してしまいます。人間が教わるところが大きいですね。
    このような事実を、動物園から本という形で私たちに教えてくださったことに感謝したいと思います。

    掲載日:2007/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲間への思いやり

    • たまっこママさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 女の子14歳、女の子12歳、女の子7歳

    絵本・実際にあった動物のお話シリーズの一冊です。
    病気で自力では立てなくなった象を二匹の象が両側から支え合うお話ですが、本当にこんな事があったのかと思うくらい素晴らしいお話でした。
    人間に命令された訳でもなく、また、遊ぶ事も水浴びすることも我慢して、倒れそうな象を支え続けるなんてすごいですね。
    人間の世界でも他人の為に自分の好きなことを犠牲にしてまで何かをすると言うことは、なかなか出来ないと思います。
    この本を読んで仲間を思いやる大切さが一人でも多くわかってもらえたらいいなと思います。

    掲載日:2007/09/28

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット