雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

オバケちゃん」 みんなの声

オバケちゃん 作:松谷 みよ子
絵:いとう ひろし
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1991年02月
ISBN:9784061952812
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,861
みんなの声 総数 4
「オバケちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 人間味あふれるオバケちゃん一家

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子10歳、男の子7歳

    森の奥でお化けのママとパパと3人で住んでいるオバケちゃんのおはなしです。
    次男にしては長めのお話でしたが、いとうひろしさんの親しみのある絵と、楽しいストーリーで一気読みしていました。

    森が切り倒されると聞いて、お化けが出現すれば売られないと思ったお化けちゃん親子
    ところがそれで、人間はひと儲けを考えます。
    ところどころに、森林伐採の問題や人間の欲について考えさせる場面もありました。

    オバケ一家の、人間以上に人間味あふれるところが良かったです。
    お父さんは一人で晩酌より、のみあいてがほしかったりとくすっと笑えました。

    シリーズ化されてるようで、次を読むのを次男が楽しみにしています。

    掲載日:2012/04/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 不思議でかわいいオバケちゃんの生活

    オバケちゃんといっても、怖いお話ではありません。
    オバケちゃんは年齢不詳ですがおそらく8歳くらいかしら?

    明るくて、元気で、好奇心旺盛で、礼儀正しくて、家族と友達が大好きで、とてもかわいいオバケなんです。

    5歳の娘は、そんな不思議なオバケちゃんの世界にどっぷりはまってしまいました。オバケの生活ってなかなか想像できないけれど、人間と似ているところもあり、違うところもあって、自然とお話に引き込まれてしまうようです。

    実はこの原作は、ママが小学生のときに読んで、大好きになり、当時のオバケちゃんシリーズはずーっと大切にもっていました。
    いつか子供ができたら読んであげようと思って・・

    本当は初版当時の小薗江圭子さんの絵が大のお気に入りだったんです。
    だから内容は5つ星なのですが、絵がかわってしまっているので星4つです。

    掲載日:2009/08/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • ハッピーエンドで良かった〜

    小さいころからオバケの絵本が大好きだった息子。
    こちらの絵本も大喜びで持ってきました。

    児童書でお話が長いので2回に分けて読みましたが
    丁度オバケちゃんたちの問題をどうやったら解決できるか
    というところで1回目を終わったので、続きがとても気になりました。

    オバケに化けて脅かす(化ける必要はないですね。オバケですから)
     →オバケ屋敷よろしく入場料を取りオーナーが儲かる
    ならばおとなしくしておく
     →森を切り開いてオーナーが金儲け
    この問題を息子と二人で話しましたが、なかなか良い解決方法が
    見つかりませんでした。お話ではオバケならではの解決方法!
    さすが!オバケです(笑)
    そしてまさかのハッピーエンド。母も意外とどっぷりはまって読みました。
    他のシリーズも読んでみたいです。

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいです

    • ちっちゃんさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    なかなか親も楽しめる絵本です。
    おばけジュースやウイスキーなど、本当にそうなのかしらと思わせる物語で、子供も夢中になって聞いています。
    また、おばけちゃんのあいさつもかわいらしくて、「どうしていつもねこによろしくっていうの?」と聞かれて困りましたが、しっかり第2巻がそのわけを語るお話になっていました。
    話自体も面白いので、寝るときに読み聞かせるのにちょうどいい本だと思いました。

    掲載日:2012/02/08

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おしいれのぼうけん / 14ひきのとんぼいけ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット