貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ペンペンのなやみごと」 みんなの声

ペンペンのなやみごと 作・絵:オオサワ チカ
出版社:新風舎
本体価格:\1,800+税
発行日:1999年
ISBN:9784795294295
評価スコア 3.5
評価ランキング 34,536
みんなの声 総数 1
「ペンペンのなやみごと」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ヘンじゃないよ

    • そやでさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    うさぎだったのですね。表紙だけだと犬かと思いました。
    友達のロンロンに「なぜ君だけ耳が大きくて 片っぽだけ黒くて」と容姿の違いを指摘され悩むペンペン。そこで親には内緒で小麦粉をかぶって変身します。しかしロンロンの反応は・・・?

    いわゆる「違っていてもいいんだよ」というありふれた内容です。ただ絵の色使いが独特で鮮やか。登場する自転車が古風だったり、後ろにうさぎのぬいぐるみを付けて引っ張ったりと(子供ってこういうことするよなぁ)。子供心をうまくとらえてあります。
    ロンロンと分かり合えたあと、お家に帰って家族がどう反応するかが描かれていると更に楽しめたかなと思いました。

    掲載日:2007/04/08

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

もこ もこもこ / さつまのおいも

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はなびのひ
    はなびのひ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    江戸の町並みと大輪の花火が夏の風情を感じさせる、たしろちさと初の和風絵本


主役は、はたらく車。たのしい刺激がつまったしかけ絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット