十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

蛙の消滅」 みんなの声

蛙の消滅 作:宮沢 賢治
絵:小林 敏也
出版社:パロル舎
本体価格:\1,500+税
発行日:2000年03月
ISBN:9784894192218
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,210
みんなの声 総数 3
「蛙の消滅」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小林敏也さんは宮澤賢治の作品に執着し、独自の画風にこだわり、絵本を芸術作品として位置づけた人だと思います。
    それをもってこの「画本」を見ると、宮澤賢治の文章と小林敏也の絵が一体化された本になっています。
    『蛙の消滅』は初めて読みました。
    二匹の蛙が、ゴム靴を手に入れた仲間がてんとう虫にみそめられたことを妬み、仲違いした結果、二匹が作った落とし穴に三匹とも落ちてしまいます。
    「消滅」と言うのですから、余りに悲惨な結果で、説話的な作品です。
    その内容だから、一段と小林敏也の絵が印象的なのでしょうか。
    てんとう虫が、ゴム靴をなくした自分の婚約者を見分けられないというエピソードも何やら風刺的です。
    見て飽きない一冊でした。

    掲載日:2013/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『ゴム靴』の初期系です!面白い!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    最近宮沢賢治の絵本をいろいろと読んで、賢治の世界の楽しさを再認識しているところです。
    それぞれの画家さんの賢治の作品への思いも感じられて、1つ1つの作品がとても素敵です。
    この絵本は『蛙のゴム靴』の初期系だそうです。
    この作品を手直しして、『ゴム靴』が仕上がったんですね〜。

    『ゴム靴』を描かれた松成さんとは、全く別の目線や世界が広がっていて、小林敏也さんの物語の描き方も面白かったです。

    中表紙には『賢治案内地図』が描かれていました。
    賢治の愛した岩手の街の簡単な地図、その所々に描かれている山から覗くキャラクターたちは、もしかしたら、賢治作品のモデルの場所を示しているのかな〜(そこまで詳しく描かれていないので、これは推測です)?って、思いました。

    掲載日:2011/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • げに恐ろしきは嫉妬なり

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳

    画本 宮沢賢治 というシリーズの一冊です。
    さすが、“画本”というだけあって、文章の入り方も絵も装丁も美しく、素晴らしい絵本になっています。
    ちょっとしたしかけもあります。
    全体的に不思議な雰囲気を醸し出しながら、セリフなどに大正〜昭和初期の匂いがプンプンするお話です。

    内容は、3匹の蛙が主人公の、宮沢賢治の動物モノです。
    3匹ともゴム靴が欲しかったのに、手に入れたのは、カン蛙だけ。それだけでもうらやましいのに、てんとうむしのお婿さんにまで選ばれてしまいます。
    もう、ブン蛙とベン蛙の腹立ちは、収まるところをしりません。
    その結果、「蛙の消滅」。
    結構、怖い結末なのに、最後まで可笑しさが絶えません。
    一見、文章量が多いのですが、読んでみるとスラスラと読めてしまいます。
    見開きに、イーハトーヴの地図が載っているのも楽しいですよ。

    掲載日:2007/04/12

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット