宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

わたしのワンピース」 ママの声

わたしのワンピース 作:西巻 茅子
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1969年12月
ISBN:9784772100182
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,083
みんなの声 総数 419
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

366件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • かわいいドレス

    普段もスカートに目覚めたばかりの3歳の娘。
    そんな娘にぴったりの1冊でした。うさぎちゃんのワンピース。あらっ、不思議、いろーんな模様に代わっていきます。
    娘もその都度変わるワンピースの模様を見ては「これ、かわいいね!」「これ似合うね」「この模様は、私は持ってないね」と一生懸命お話しながら見てました。きっとおしゃれに目覚めたおしゃまさんな女の子ならみんな大好きなストーリーだと思います。

    投稿日:2009/12/30

    参考になりました
    感謝
    4
  • 性別をこえて

    これはきっと女の子向けの本だろうと思ってましたが、
    息子に読んであげると、意外や意外。
    大のお気に入りになりました。

    特に「ミシン カタカタ ミシン カタカタ」という言葉がお気に入りで、
    よくつぶやいていました。

    膝の上に息子を抱いて読んであげる時、
    真っ白なワンピースが、素敵な模様に変わるシーンで必ず、
    ニコニコしながら私の顔を覗き込む息子。

    私の反応も楽しんでいるみたいです。

    子どもも真っ白なワンピースのように、
    いろんなものに刺激を受けて、いろんな色に変わっていくんでしょうね。

    そんなことを感じさせる奥深い作品です。

    投稿日:2013/08/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 男の子も大好きなようです

    「よい絵本」ということで数十冊セットで購入したものの中に入っていました。男の子むけじゃないなあ、と思ってあまりわたしからは積極的に読み聞かせてあげたわけじゃないのですが、「絵本読んであげようか」というと、最近(1歳1カ月)息子が持ってくるのはこの「わたしのワンピース」!意外でした。たまたま取りやすい位置にあったのかな、と思っていたのですが、数冊の本をかきわけて、これを持ってくるので、本気で好きなようです。

    動物全般が好きなので、うさぎさんが気になるのかな?と思ったり、色がきれいなのが楽しいのかな?と思ったり。「ララララン ロロロロン」が気に入っているのかな?

    男の子らしさ、とか気にしない方がいいんだな〜と、この子のありのままを大事にしたいな、と気付かされた一冊となりました。

    投稿日:2011/09/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 何の柄が好き??

    七つ違いの妹が大好きで、いつも読んであげていました。

    白の紙に黄緑色の線
    うさぎさん
    ワンピース

    この本を読んであげるときは、光が差し込む窓辺ときまっていて。
    明るくって、春の風が似合う一冊です。

    この本を読んであげると、決まって妹は、ワンピースを着たがりました。

    そして必ず「これ何の柄??」と聞くのです。

    投稿日:2008/03/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • どのワンピースも大好き!

    ラララン ロロロン 
    と次々に変わるワンピース。絵もお話もシンプルで、
    子供の耳にすっと入っていく感じです。
    どのワンピースも魅力的で、読み終えた後毎回違う
    ワンピースが好きと言っています。

    小さい頃はじっと聞いていた娘ですが、3歳頃から読み出し
    (覚えたのかな?)今でも大好きな絵本です。

    投稿日:2008/03/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 女の子の出産祝いに!

    私自身が子どもの頃大好きな本でした。
    多分幼稚園のころに買ってもらい、
    何度も何度も読んでもらいました。
    小学校1年の初めての読書感想文はこの本だったことを覚えています。
    もし自分に娘がいたら一緒に読みたいなと思っていたけど、
    息子でした。
    息子でしたが、読みました。
    2〜3歳の頃だったか。
    案の定、そこまでは喜ばなかった。
    でもでも。
    初版から40年以上たつのに全然古さを感じない。
    なんだかすごいことです。
    女の子だったら絶対喜ぶと思って、
    お友達の出産祝いには、何度もこの本を贈っています。

    投稿日:2018/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • アートな一冊

    • molanさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子7歳、男の子3歳

    シンプルな文章と、きれいな色の絵にうっとり。
    起承転結が見事で、何度読んでもうならされます。
    私自身が楽しもう…と入手しましたが、うちの男の子も気に入って、何度も読んでと言って来たり、自分なりの読み方をしたりしています。
    小さめサイズも内容にぴったりで、大人も癒されるアートな一冊だと思います。

    投稿日:2018/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子で読み継いでいます

    • ゆうパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    私(=母親)が、母親から読んで貰った、懐かしの絵本。
    子どもが手にとったときに、とても懐かしく、また嬉しく思いました。

    保育園はスカート禁止のため、休みの日にしか履けないので、スカートには大変執着心や思い入れがある我が子。スカートというかワンピースの模様が変わっていくのが、楽しいようです。

    可愛いねーと言いながら聞いています。

    そういえば、私もそうだったなぁ…と、感傷に浸ってます。笑。

    投稿日:2017/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘たちが飛びついてきて「みんなの顔のワンピース!」ですって

    絵本を閉じた後も、「ラララン ロロロン」と口ずさんでしまいます。5歳と3歳の娘、そして私のお気に入りの絵本です。初めて読み終えたとき、私の足元に飛びついてきた娘たち。「お母さんのワンピースがウサギさんのワンピースだったら、みんなの顔のワンピースになるね!これで私たちが幼稚園に行っても、寂しくないでしょ?」ですって。いつの間にかしっかりした娘に、ウルっときてしまいました。

    投稿日:2017/08/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な本はいつまでも残る

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子1歳

    実家の本棚にもあり、
    小さい頃よんでもらったこの本。

    素敵な本はいつまでも残るんですね。

    何が好きだったか今となったら分かりませんが、
    この表紙を見ただけで幸せな気持ちになれます。

    息子も「幼稚園で読んでもらったよ」
    と言いながら、
    ワンピースが変わるたびに
    「花になった!」「鳥になった!」
    と楽しそうに見ていました。

    投稿日:2016/09/27

    参考になりました
    感謝
    0

366件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おててがでたよ / きんぎょがにげた / いないいないばあ / おおきなかぶ / たまごにいちゃん / どんぐりころころ おやまへかえるだいさくせん / プリンちゃんとブラウニーとうさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宇宙の姿が味わい深いイラストを通してわかる学習しかけ絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット