庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

スプーンさんとフォークちゃん」 みんなの声

スプーンさんとフォークちゃん 作・絵:西巻 かな
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年03月
ISBN:9784061323414
評価スコア 4.06
評価ランキング 18,094
みんなの声 総数 17
「スプーンさんとフォークちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 起承転結がハッキリしています

    三才男児に。図書館で借りました。

    白い背景にテーブルクロスのブルーのチェック。
    可愛い顔のスプーンとフォーク。デイジーちゃんにちなんだ白い花も。
    女の子が手に取りやすい表紙です。

    お話はいたって単純。
    デイジーちゃんの態度に愛想を尽かしたスプーンさんとフォークちゃんが
    一旦は逃げ出すが、お昼が食べられず困っているのを見て、
    ふたたび戻ってくる。メデタシメデタシ。

    「それからは スプーンさんと フォークちゃんが
    にげだす ことは いちども ありませんでしたよ」
    というラストの一文で、その後のデイジーちゃんの様子がわかります。

    親としては可愛い絵本だな、単純明快なお話だな、という程度で、
    特に感銘を受けた、ということも無かったんですが、
    息子は大変気に入ったようで、三度も繰り返しリクエストされました。
    最近は無かったことです。

    食べ物(特にイチゴ)がおいしそう
    スプーンとフォークの目覚ましい活躍
    この辺りが彼のツボだったのでしょうか。

    掲載日:2014/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと残念

    3歳次女が選びました。ちゃんと使ってもらえないスプーンさんとフォークちゃんが逃げ出してしまうというお話です。

    そこでおはしさんとナイフさんが登場して、スパゲティやスープをすくおうと頑張るのですが…。

    女の子が反省する前に、スプーンさんとフォークちゃんが出てきてめでたしめでたしは、ちょっとどうかな?と思いました。ちゃんと女の子がごめんねと謝る場面がほしかったです。

    掲載日:2013/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 残念

    読み聞かせに最適な内容かと思い

    読ませてみましたが、残念。

    スプーンとフォークをポーンと投げて

    ご飯が食べられない。

    変わりに他のストローたちが頑張って

    ご飯を食べさせるけど、結局ムリ。

    スプーンとフォークが戻ってくる。

    もう少し、スプーンとフォークが大事なんだと

    いうことが分かる内容だったらよかったと思います。

    しかも戻ってくるのはいいけど、

    投げた本人がスプーンたちに謝るシーンはなく

    投げるシーンだけ真似しようでイヤでした。

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • しつけにも!?

    デイジーちゃんがごきげんななめ。
    すぷーんさんとフォークちゃんを投げちゃいます。
    すると二人が「ボクのこといらないんだね、さようなら」
    って言って逃げ出しちゃうってお話です。
    さてさて、お昼ご飯になりました。
    スパゲッティとスープが運ばれてきたけど、おはしやナイフやストローじゃ上手に食べられない!

    2歳の次男は気に入らないことがあると机の上からお皿をぽーい、スプーンをぽーい、投げるので、この本を読んであげたら少しはやめてくれるかなぁ?
    かわいらしくて、わかりやすいお話なので、小さなお子さんにいいと思います。

    掲載日:2011/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 逃げ出したスプーン・フォークの代わりに
    「おはし」・「フォーク」・「ストロー」がお昼ご飯に挑戦!
    でも、やっぱりうまくいかないよぅ〜。
    かえってきて!スプーンさん、フォークちゃん!!
    見かねたスプーン・フォークが、帰ってきてめでたしめでたし。

    3歳の娘は、グラスに残っているレモンのスライスと、
    いちごにかけてた砂糖の残りをみて、
    「あっ!残してる!!」と毎回指摘してました。
    内容よりも、そこが気になったようです・・・。(苦笑)

    掲載日:2010/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 同じことをしています。

    最近 お箸を床に落とすようになった息子に読んでみました。
    皆がエーンエーンと泣くところではとても神妙な顔をしています。
    スプーンさんとフォークちゃんが戻ってくるととても嬉しそう。
    このお話をお箸に代えて読んだら、お箸を落とさなくなってくれるかなと期待しています。

    掲載日:2010/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛い

    西巻かなさんの可愛い絵が魅力です。

    なんだか、誇らしげなスプーンさんとフォークちゃん。

    自分たちがいなきゃあ駄目と気づくところが素晴しい。

    読んでもらっている子もきっと大切な役目をしてることに気づいてくれ

    そうです。スプーンを「自分で 自分で」と使いたがる孫ですが、すぐ

    に手を出してしまいます・・・・

    やりたがる孫になるべくやらせなくてはと反省しました。

    とっても可愛い絵に癒されます!

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい絵

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    講談社の児童書目録で見かけて気になったので図書館で借りてみました。
    スプーンさんとフォークさんが逃げ出しちゃって、デイジーちゃんがお昼ごはんを食べられなくなってしまいます。おはしさんやナイフさんが頑張ってみますがやっぱりだめ。でも困っていたら、スプーンさんとフォークさんがちゃんと戻ってきてくれてめでたしめでたし。
    非常に単純なおはなしですが、絵が素朴ながらもおしゃれっぽく、とてもかわいらしいです。スプーンさんがお砂糖をいちごにかけて、フォークさんがいちごをぷすっと刺してお口に運ぶという共同作業に子どもは大喜び。登場人物(もの?)もシチュエーションも身近ですから、短いおはなしを楽しめるようになったばかりの小さな子どもにいいと思います。

    掲載日:2009/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 西巻さん

    西巻さんの作品だったのでこの絵本を選びました。主人公達が大活躍している様子がかっこ良かったです。其々の特性を最大限に発揮して自分の魅力をしっかりと把握している所が良いと思いました。主人公達の御蔭で幸福を感じている女の子の笑顔がとても印象に残りました。シンプルな線で表現しているのも潔くて良いと思いました。

    掲載日:2009/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身近な素材に・・・

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    ご機嫌斜めなデイジーちゃんがスプーンとフォークを投げ出してしまいスプーンとフォークは怒って、出て行ってしまいます・・・
    さぁストロー、はい、ナイフではスパゲティやスープを食べられなくなって困ったデイジーちゃん、みんなは泣き出してしまいます・・・
    ちょっぴり躾が含まれた絵本のような気もしますが、スプーンやフォークの多様さにも気づかせてくれる場面もあります
    フリーハンド風の絵柄も優しさがあって良いかも・・・
    ママたちのほうが興味を持って手に取っていました

    掲載日:2008/11/29

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.06)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット