モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

お野菜戦争」 みんなの声

お野菜戦争 作・絵:デハラユキノリ
出版社:長崎出版
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年07月
ISBN:9784860951122
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
「お野菜戦争」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 個人的には好きだけど…

    • 蒼良さん
    • 20代
    • せんせい
    • 兵庫県

    シュールな設定は個人的にとても好きですが
    あまり子どもには読ませたくない気もします。

    言葉遣いが乱雑だったり、
    フィギュアがちょっと怖かったり…。

    2ページ目からキャロラインのペットである
    ハッパの姿がとにかく不気味で怖い。
    次のページには早速ゴボ太さんが死んでいたり
    ダイコン姉さんのキャミソールが乱れていたり・・・
    ただ、そんなことに全く動じない
    キャロラインが個人的にはとても大好きです。

    ただ、キャロラインとブロっ子のやり取りなんかは
    すごく考えさせられる部分がありました。
    現代を風刺しているようで、面白いなぁって思いましたが
    子どもにはピンとこないかも・・。
    そのまま読んでも面白そうですが。

    遺伝子組み換え食品について騒がれていましたが
    子どもの頃から少し関心を持つきっかけになるかもしれません。
    それに、自然本来の野菜こそが本当はとってもおいしんだよ
    そんなメッセージも含まれているのかなぁって思いました。

    DNAだとか光合成だとか
    小さな子どもに説明するのが少し面倒な単語も
    ちょこちょこと出てきますし、
    子どもに読み聞かせをするには少し不適切かな、
    と思うような言葉遣いも目立ちますが
    そういうようなことを踏まえたうえでも
    じっくり読めば読み応えのあるこの絵本は
    かなりのお気に入りです!

    掲載日:2009/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャミソールが・・・・

    • ちゃいぶさん
    • 40代
    • せんせい
    • 愛媛県
    • 18歳、16歳、12歳

    読み聞かせ会で、大人気の一冊です。
    子どもはもちろん、大人に受けてます。

    絵本を子どもに読むのは初めてという、T先生も、ほれ込んで、
    「これを読ませてください!」
    と、言った一冊です。

    とにかく、キャラクターが、シュール。
    キャミソールが乱れたにんじん姉さんとか、お色気有り
    グリーンジャイアントのブリーフ姿とか、お笑い有り

    遺伝子組み換え野菜とか、
    冷凍野菜とか、
    いろいろ、問題も考えさせらます。

    お野菜嫌いの子どもに、是非、おすすめです。

    掲載日:2009/05/24

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐらのかいすいよく / ねないこ だれだ / ぼくのくれよん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット