庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

とびっきりのごちそう」 みんなの声

とびっきりのごちそう 作・絵:海谷泰水
出版社:長崎出版
本体価格:\1,500+税
発行日:2007年04月
ISBN:9784860951856
評価スコア 4.13
評価ランキング 17,474
みんなの声 総数 7
「とびっきりのごちそう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • がんばれやぎさん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    やぎさんがとびっきりのごちそうを求めて。
    ですがけっこう散々な目に。
    がんばれーと思いながら読みました。
    そして同時にやぎさんには悪いですが笑えるお話だと思いました。
    ラストはこれまた苦労したやぎさんには悪いけれどなんだかほのぼのだなー、なんて(笑)。

    掲載日:2016/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんやの(笑)

    • Yuayaさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子9歳、女の子6歳

    かわいがって育ててくれるカウボーイのために、どびっきりのごちそう探しへ行くやぎのお話。
    カウボーイを想っての行動でしたが気の毒なことばかり。
    でもこれが面白かったです。
    ごめんね、やぎさん。たくさん笑わせてもらいました。
    関西弁のハチの言葉に笑い、親切なうさぎさんのオチに笑わずにはいられませんでした。
    頑張ったのに結果がコレ!!??(笑)
    こんなオチとは思わなかったです〜。
    何度読んでも笑えます。ププッ

    掲載日:2012/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとイヤだわ・・・。

    ちょっと話が子どもっぽくないというか、

    何と言うか、ブラックジョークみたいなところが

    多すぎる。

    蜂の巣のガブっとかじるシーンとか

    やぎが自分の乳をピューと出して飲むところとか・・・。

    最後のオチはもっとブラックです。

    笑える人もいると思いますが、

    小さい子どもには通じない絵本だと思います。

    掲載日:2012/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ややブラック

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    飼い主のカウボーイがいつもとびっきりのごちそうをしてくれるので、お返しにとびっきりのごちそうを探しに出かけたヤギのおはなし。
    せっかく感謝の気持ちを表そうとしたのに、このごちそう探し、なかなか難航します。
    ごちそう見つけた!と思ったら痛い目に遭うというハプニングの連続。
    一生懸命なヤギには申し訳ないのですが、コミカルな絵で描かれているので、こちらは思わずぷぷっと笑ってしまいます。
    最後のオチは4歳の娘にはちょっと理解しづらかったみたい。ややブラックで、私は面白かったです。

    掲載日:2010/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 蜂が関西弁。

    • 蒼良さん
    • 20代
    • せんせい
    • 兵庫県

    とっても面白い絵本です。
    ヤギのメアリーが主人のカウボーイに
    日ごろの感謝の気持ちとして
    とびっきりのごちそうを求める冒険絵本。

    最初に蜂蜜をとろうとするんですけど
    その蜂が何故か関西弁。
    これは是非気持ちをこめて読みたいと思いました。
    何で関西弁なの!?っていう素朴な疑問は置いておいて
    その後もヤギの冒険は続きます。

    沢山苦労して、ようやくご馳走にありつけたと思ったら
    まさかのオチ。現実ってそんなもんなんですよね。
    でも、絵本なんだからもっと
    楽しく終わってもよかったかなぁなんて思うんですが
    僕個人としてはとても面白いオチだと思いました。

    あり得ない展開、そんな現実
    何だか深い絵本なのかもしれない、と思いました。

    掲載日:2010/01/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひ〜っ!面白い!

    • ゆぺちさん
    • 30代
    • ママ
    • 岡山県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    表紙の何とも言えない『ゆるい』絵にはまり、選びました☆
    私にはかなりヒットでした、笑える絵本ベスト5には入りますね!

    牧場で飼われているヤギが主人公のお話。ヤギにはちゃんと名前があるのに、飼っている人はカウボーイとしか紹介されてないのも何だかくすっと笑えます。カウボーイがとびっきりのごちそうをしてくれるので、御礼にとびっきりのごちそうを探しに出掛けます。その先々でめっちゃ笑えるハプニング続出☆
    特に面白かったのは蜂の関西弁!絵本ってだいたい標準語で書かれていますが、うちは夫婦共に大阪出身の関西弁なのでこの蜂を見事に演じきりました(笑)子供も喜んで何度も読まされました。
    どのハプニングも笑え、また絵がすっごくイイ!!好き嫌いがハッキリする絵かも知れませんが、私はめちゃくちゃ好きです^^最後のオチもしっかりと落としててヤギの可哀相感がいっぱいで笑えました。頑張るのに、とことんボケキャラです^^;
    是非、続編が読みたい一冊です☆

    掲載日:2009/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハッピーエンドでないのが残念

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    牧場で育てられているやぎのメアリーは、カウボーイにとびっきりのごちそうをしてあげようと、食べ物を探しに行きます。

    はちみつとかリンゴとかを発見するものの、とんだ災難が舞い降ります。
    こんなのありか?という展開で、特にはちみつのシーンでは子供ともども大喜び。

    最後も、まさしく「隣の芝生は青くない」を地で行くような結末で、トホホな感じです。

    やぎのメアリーが、一生懸命努力しているのに、報われないのが理不尽だと思えて仕方ありません。
    子供も、何所か納得できないようで、純粋に楽しめなかったみたいです。
    最後の結末ぐらいは、ハッピーエンドにして欲しかったと思います。

    掲載日:2007/11/07

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット