もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

レオナルド」 みんなの声

レオナルド 作・絵:ヴォルフ・エァルブルッフ
訳:うえのようこ
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,359+税
発行日:1996年
ISBN:9784892386169
評価スコア 4
評価ランキング 19,446
みんなの声 総数 3
「レオナルド」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 突拍子も無い出来事が次々と…が面白い

    結構ハチャメチャな面白い絵本です。
    突拍子も無い出来事が次々出てくるのに、本の登場人物はそれをあたかも当然の様にこなしていってしまう…。
    そんなところが魅力的です。

    可愛い少年と、突拍子もないお話、そして、絵もなかなか可愛いです。
    ちょっと気の抜けた絵で、色鉛筆画。絵の部分だけ切り絵になっています。こんな感じの画風は初めて見ました。

    掲載日:2007/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 苦手なもの

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子14歳、男の子12歳

    犬が怖くてたまらないレオナルド。
    朝起きると、窓から犬を威嚇したり、おばあちゃんを犬にして引っ張ったり、
    自分が犬になって噛み付いてみたり。。
    でも、やっぱり犬が怖くて怖くて。。

    ある日、妖精がやってきて、レオナルドを犬にしてくれる。
    でも、今度は男の子が怖くてたまらない。
    犬になってもレオナルドは変わらない。。

    そんなレオナルドだけど、両親はとても愛してくれて、
    すべてを受け入れてくれます。
    レオナルドは、それだけで幸せです。
    でも、犬の方だって、男の子が怖いからほえてるって
    気がついたら、もしかしたら怖くなくなるかも。
    その日がくることを祈ります。

    表紙の絵がとてもおもしろいデザインです。
    文もくすっとくるところがあって、おもしろいです。

    掲載日:2007/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犬のことなら何でも知っているレオナルドくん

    朝 ワンワンといって パパとママを起こすんだって。
    朝は 窓からワンワンほえる へんな男の子 

    ドイツの絵本作家の絵は、なかなか表情があっておもしろい
    絵を見ていると お話がひとりでに口からでてきそう

    79歳のおばあちゃんが レオナルドに犬にされてね・・・
    困っている様子がおもしろく描かれていますね。
    日本人の感覚からしたら えっ!と思うような。
    ふつうの孫だったらいいのにと思うことがあるんだって
    わかるよ おばあさん!

    レオナルドは 本当は犬が怖かったんだよね・・・

    犬になってしたレオナルド パパとママは泣いて悲しむの
    レオナルドがどんなにかパパとママに愛されていたか!
    ホロリとします。

    ユーモアたっぷりの絵が好きになる絵本でした。

    掲載日:2007/04/14

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット