ぼくはかさ ぼくはかさ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ぼくはかさ。たろうちゃんのおきにいりのかさだよ。だけど、このごろたろうちゃんは、おばけにばかりむちゅう。そうだ、ぼくも「かさばけ」になろう!

天の笛」 みんなの声

天の笛 作:斎藤 隆介
絵:藤城 清治
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1978年
ISBN:9784333003877
評価スコア 4.25
評価ランキング 15,596
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 雪に覆われた大地の鳥たちを助けるために、太陽のかけらを取りに空にはばたいたひばり。
    その一生懸命に飛翔する姿、自らの命と引き換えに得た太陽のかけらを 加えて落下する姿は、まさにひばりの飛びかたそのものです。
    ひばりの持ち帰った太陽のかけらで、大地に春が訪れるのも、ひばりが春を告げて囀ずる大空が連想されて、季節の移り変わりをみごとに語っています。
    絵の迫力は、読み聞かせにぴったり。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 美しい犠牲の上に春・・

    これぞ日本人の心と思うような
    自己犠牲あふれる物語です。

    降り続ける雪に覆いつくされ
    生物がすべて息絶えるかと思うような厳冬を
    ひばりが命懸けで雲を突き破り、太陽のかけらを持ち帰るというお話。
    熱い太陽に突入しかけらを取った後は
    地上に落ちたひばりは影も形もなくなるのですが
    皆が待ちわびていた春がやってくる。

    ひばりは後に英雄扱いされるわけでもなく消えていくけれど
    残された者たちは幸せに暮らしている様子に
    きっとひばりは満足しているという事が伝わるような
    花咲き乱れる美しいラストページ。
    あぁこれが日本人の心だと、胸が熱くなりました。

    読み継がれてほしいと願う、珠玉の一冊です。

    掲載日:2018/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひばりの天の笛は命がけ!

    斉藤隆介さんのお話に藤城清治さんの絵がとても効果的にマッチしていていいなあ〜

    鳥たちが雪が降り続き凍えそうになっていてつばめが死んでいくところはかわいそうです。

    鳥たちの世界も自然の厳しさの中で必死に生きているんですよね!
    お互いに励まし合って生きていて、ひばりはみんなを助けるために太陽のかけらをとりにいくのです。

    なかなか出来ないことですよ!自分の命をかけてみんなを救うなんて!

    太陽が燃えている絵がすばらしい!!

    その中をひばりはひとりで飛び続ける、息が詰まりそうな思いになります。
    引きこまれるんです。

    躍動感溢れる絵と鳥たちの世界のお話にしばし入り込みました。

    掲載日:2007/04/18

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもの気持ちに優しく寄り添ってくれるおやすみ絵本

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット