十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

さくらのまち」 みんなの声

さくらのまち 作・絵:小林 豊
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2007年02月
ISBN:9784333022656
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,312
みんなの声 総数 13
「さくらのまち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 昭和を感じる美しい絵本です。

    2007年に第1刷発行なので平成ですが、
    桜、街並み、子供たちの遊んでいる様子が
    美しい日本語で表現されている懐かしさを感じる絵本です。
    桜の蕾から満開までの表現はとても丁寧に細かいところまで
    描かれています。
    チャンバラごっこをしている男の子、紙芝居やさんなど
    古きよき時代を感じさせられますね。
    私は昭和33年生まれですが、
    都会の団地育ちなので、話には聞いていても
    この絵のような雰囲気ではありませんでした。
    でも50代以上なら わかる懐かしさがあります。
    孫がいる世代になってきて、
    今の子供たちに伝えるのも良いと思いますし、
    桜の季節の美しさ、人々と桜の様子を
    感じ取るのに最適な絵本だと思いました。

    掲載日:2016/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • さくらは、まち のにおいがすきだ
    人と 自然がまじり合うところ 
    そこが まち だ
    桜の木は 野山から 町におりてきた
    こんなはじまりです

    桜の花が咲く頃人々は桜を愛でて 桜の下でお花見を楽しみます
    今は 大寒の寒い冬で 先らの蕾はまだ、堅く春の訪れをじっと待っています
    この絵本は もう蕾がふくらんで 咲きかけています
    「さあ さお そろそろ おきなさい」
    うぐいすことばで
    小林 豊さんのステキな絵にみいります

    そして 懐かしいのは 紙芝居やさん 私は紙芝居で子ども時代を楽しみましたから  それに ちんどんやさんも 町でにぎやかな音楽ならして その後を付いて歩いたことも思いだします
    時代は30年だいでしょうかね

    今では 考えられないような光景ですね
    なんだか 人々が、嬉しそうにお花見楽しんでいます
    もちろん今でもお花見を楽しむ人はいますし・・・
    でも子どもたちの遊びがずいぶんと変わりましたね
    桜吹雪  きれいですね〜

    私の近くの木津川の土手の桜堤のトンネルの下を通ると桜吹雪がはらはらと舞い落ちて それはそれは 良い気持ちです
    まるで 宝塚のヒロインになった気分ですよ
    もうすぐ 桜の花が私たちを楽しませてくれますね
    とっても ステキな絵本でした

    掲載日:2013/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な絵に魅了されます

    この作者さんを私は知らなかったのですが
    先輩に素敵な作品だよ
    と、教えられました

    絵がとても素敵

    街並み、おつかい?
    昭和?
    遊外びが、私より前の世代のような(^^ゞ
    馬がいます
    紙芝居屋さんが出てきます
    なんか、古きよき時代みたい

    見事なまでの花吹雪
    きれいだなぁ・・・

    雷!!

    古い作品ではなく
    2007年2月初版のようです

    掲載日:2013/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい日本の春

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    もうじき 春のイベント「お花見」の季節。
    お話し会で読んで下さった絵本です。

    サクラが咲く、日本のいつもの風景。
    でも、懐かしいような、当たり前のような、目にもココロにもスッと
    入り込んでくるような絵本でした。

    子供たちには「さくら」ってことしか理解できないのかもしれませんが
    今年のお花見散歩の時に、この絵本がココロの中にちょっぴり浮かぶか
    もしれないな〜なんて期待をこめて・・・

    日本人には四季が自然の流れとしてありますが、それは本当に貴重で
    美しいことなんですよね。そんな事を大人には再認識させるような、
    日本ならではの素敵な絵本だと思いました。

    掲載日:2012/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • よむだけではなくて広げる本

    • ひーちゃんさん
    • 40代
    • ママ
    • 広島県
    • 女の子10歳、男の子6歳

    表紙のさくらにひきよせられて
    手にした本です。

    開くと 変わった観点。
    さくらが人間達をみているような
    そして 鳥の感性。
    不思議な感覚ですが。
    だからこそ 人間はそのときどきに
    どう思ってるとか 過ごしているのかを
    話しながら 場面をそうぞうして
    広がりをもってページをめくります。
    読む人たちによって この本の魅力は
    いかようにも深まり 何度読んでも
    清々しくなれると思います!

    掲載日:2012/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少し前の日本

    ご年配の方はとても懐かしい感じがするのではないかと思うので
    父母に見せてみたい絵本でした。
    「おじいちゃんが子供のころはね・・・」と話が広がっていくと思います。
    夜桜の美しさが印象的でした。

    掲載日:2010/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 桜の季節が待ち遠しくなる絵本です。

    満開の桜の木の下で遊ぶ子供たちの遊びがとても懐かしいです。

    縄跳び、ちゃんばらごっこ、羽子板、飛行機飛び、紙芝居と子供の頃を

    思い出しました。

    満開に見事に咲いた桜、散り際も潔いです。

    桜の下の宴会は、いつの時代も変わりません。

    日本人でよかったと思わさせてくれる桜です。

    やっぱり、桜の季節が待ち遠しくなる絵本です。

    掲載日:2009/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小林さん

    小林さんの作品だったのでこの絵本を選びました。桜の花びらの一枚一枚までしっかりと丁寧に描かれているのが素晴らしいと思いました。桜の花がどの様に一年を過ごすのかを分かり易く知る事が出来るので良いと思いました。月夜の明かりに桜の花びらが少し透けて見える様子を描いた場面が極上で心に残りました。美しい桜の花の存在を再確認出来る絵本でした。

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 年配の方にじんわり

    今でいう団塊の世代が育った風景でしょうか。
    桜が膨らんで咲いて散るまでが、幻想的に情感たっぷりで描かれています。
    特にお花見をせずとも、日常の中でなんとなく華やいだ開花期間というのが伝わってきました。
    桜の時期に生まれ、すっかり桜好きの娘も「まぁまぁやったな」とまんざらでもない様子でしたが、どちらかというと大人にじんわり来るでしょうか。福祉施設での読み聞かせなんか良さそう。

    野にある桜が街に下りて咲いて、また帰っていく。その傍にいる馬。
    どんな意味があったのかな〜。読み取れず残念。

    掲載日:2009/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 都会でも田舎でも

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    日本人は桜が好きですね。
    歌でも「さくら」と付けばヒットしますもん。

    桜並木を歩くと、いつもより明るく感じるのはどうしてでしょう。
    夜も、桜の花がぼーっと浮きあがって、灯りのように見えます。
    そんな明るさに惹かれるのでしょうか。

    この淡いピンクを見ていると、とても癒されます。
    絵本でも素晴らしい桜が咲き乱れています。
    田んぼの中の桜も、いいものですね。
    いろんな桜と出会える絵本です。

    掲載日:2008/01/12

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / わたしのワンピース / バムとケロのおかいもの / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / バムとケロのさむいあさ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット