大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

どっちがどっち」 みんなの声

どっちがどっち 作・絵:やなせ たかし
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\500+税
発行日:1998年
ISBN:9784577019054
評価スコア 4
評価ランキング 20,273
みんなの声 総数 2
「どっちがどっち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 我が家でも読みました〜!

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳

    新着レビューを見ていたら、なんとも懐かしい本に遭遇しました。
    中学1年の娘が、3、4歳の頃、アンパンマンが大好きで、よく本を買いました。
    あまりに好きなので、クレヨンでぐちゃぐちゃになり、処分したものもいっぱいあります。
    この本は比較的最後の方に購入したので、あまり汚れることもなく、弟二人も堪能しました。

    導入が長くなってしまいました。
    お話の内容は、まねっこおばけがアンパンマンに変身し、みんなが戸惑ってしまうというものです。
    でも、ちゃんと本物とは違うところがあって、これを見つけた読者は大得意になるという楽しい本です。
    我が家の子どもたちも全員、違いを見つけて「ほらほら、こっちがアンパンマンだよ!」と大得意でした。
    子どもの得意心をくすぐる、ツボをおさえた作品です。

    今、娘がやってきて判明しました。娘ではなく、長男がどうしても買ってほしいと言い張って買った本だそうです。
    最近は、読み聞かせにほとんど参加しない長男が、本を熱望していたとは!
    懐かしさと共に嬉しさまで、この本は運んできてくれました。

    掲載日:2007/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすがジャムおじさん

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    手のひらサイズの小さな絵本です。
    これならばバックに入れておいても苦にならない大きさ。
    飽きっぽい幼児も電車の中で、移動先で、いつでも見ることができます。

    お話も愛らしい。

    まねっこが得意のおばけがアンパンマンそっくりに変化。
    どっちがどっち 見わけがつくかな?

    よーく見ると、違う部分があります。

    ジャムおじさんはひと目でどっちがおばけかわかりました。
    さすがアンパンマンの生みの親ですね。

    掲載日:2007/04/22

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット