雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

きのうのおひさま、どこにいったの?」 みんなの声

きのうのおひさま、どこにいったの? 作:薫 くみこ
絵:いもと ようこ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2006年06月
ISBN:9784591092804
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,159
みんなの声 総数 18
「きのうのおひさま、どこにいったの?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • たまらない可愛さ!

    おひさまが大好きな くまくん。
    けれど、昨日も今日も、山の向こうへ落ちていくのが、おひさま。
    「きっと おやまのむこうは おひさまだらけだ」…って(笑)
    この発想、たまらない可愛さです!

    いもとさんの絵が、可愛さを更に倍増させています!
    うちの娘も「かわいい〜♪」とノックアウト状態。

    たまらないです!たまらないです!
    すっごく、オススメです。

    掲載日:2016/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • おひさまのような友達

    「おひさまが いくつもある?! 」くまくんの発想には驚きました!!
    でも、子供らしくてかわいいですね。
    くまくんは、おひさまを見つけることはできませんでしたが・・・
    大丈夫です。
    おひさまのような友達が、ちゃーんとそばにいたのですからね。
    本当に素敵なお話でした。

    掲載日:2013/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたたかさ

    日中、太陽の光を浴びながらポカポカといい気分。

    毎日ずっと太陽と一緒にいたいのに沈んでしまう。

    その太陽を探し求めるお話です。

    沈んだ太陽は山の向こうにあるんだろうと想像し

    その太陽を拾いに行きます。

    その途中でうさぎさんとさるくんに出会います。

    太陽以上のあたたかさ、そして毎日ずっといてくれる、

    「友達」というものを発見することができました。

    最後のほうはちょっと感動してしまいます。

    もう寂しくない、明日の約束もある。

    友達の大切さをしることができる絵本でした。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • おひさまがいつも沈むので、くまは太陽を拾いにいきます。途中、友達に出会い、一緒にご飯を食べます。夕日が沈んでも、友達がいれば太陽みたいで寂しくない。

    素敵な絵本だと思うし、ほっこりする感じに、いもとさんの絵がすごくぴったりだと思いました。娘も喜んでよんでいましたが、子供にも分かりやすいし、良い教訓を含んでいると思うので安心して子供に与えられます。おすすめ。

    掲載日:2012/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぽかぽか

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子20歳

    「おひさまってどこにいっちゃうんだろう?」
    確かに!!
    そうそう、理科とか科学とかの学習する前に
    そう感じることって大切

    山の向こうにいっぱいにこにこのおひさまがいたら
    本当にすごいことかも!!

    くまくんのリュックのくまの蓋?なんだろうけど
    うちの息子さんったら表紙見て
    「くま2匹?ん???」と混乱してました(^^ゞ

    ふたりで食べると美味しいね
    みんなで食べると美味しいね

    あれれ?
    目的がずれてないかな?

    ということは、こどもにはいつもありそうなこと

    目的がかなわなくても
    いいことに気付きましたよ

    なんか、心がポッと温かくなります

    でも、おひさまについては、どうするのかな(^^ゞ

    掲載日:2012/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • こころもぽかぽか

    くまちゃんは、おひさまが大好きで。お
    日様が自分の家にいつもあったらいいの
    にと思い、おやまのむこうにお日様を探
    しにでかけます。

    途中でうさぎちゃんや、サルくんとお友達
    になって一緒にお日様探しにでかけます。

    くまちゃんが、おひさまを探しにいく理由も
    とても可愛いし。お日様が沈んでしまって、
    泣いている熊ちゃんに、うさぎちゃんや、サ
    ル君が元気をだしてもらおうとする場面は、
    なんともあったかくて、こころがぽかぽかしま
    す。

    絵もとても可愛くてとても素敵な1冊だと思います。

    掲載日:2011/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • いもとさんの絵とほのぼのするお話☆

    とーってもかわいくて心がほかほかになります☆

    「あたたかい?」と真似をして抱きついてきてくれたりする
    娘と二人でほんわかしています。
    寒くなってくるこの季節にもこの本の読み聞かせはぴったりだと思います!

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛いお話♪

    おひさまの大好きなくまくん。
    毎日、お山の向こうに行っちゃうおひさま。
    きっと、お山の向こうに、たくさんおひさまがいてるから
    それをひらってこようって、思っちゃいます。
    大人では出来ない発想ですよね。

    おひさまを探しにいった、くまくん。
    おひさまは見つからなかったけれど、代わりにもっと素敵な物が
    見つかりました♪

    読んでいて、ほっこりと心が温かくなる絵本ですね。
    3才の娘も、最近、お友達と遊ぶのが楽しいので、
    この気持ち、伝わっているといいなぁ。

    掲載日:2010/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼのと心あたたまるストーリー

    くまくんは、ぽかぽかあたたかいおひさまが大好きでした。けれど、毎日おひさまは、お山のむこうにおちていきます。「そうだ、ぼくのおひさま、ひろってこよう!」 おべんとうをもって、くまくんは出かけますが。

    子どもらしい発想で、私は新鮮に感じ、娘は共感しているようでした。
    今、3歳前の娘はなんでも「どうして?なんで?」で、私はどう答えていいかわからない質問も多々してくるのですが、
    まさに、お日様は子どもが抱きそうな疑問ですよね。

    最後の展開が、私にはとても意外でこころがあたたまりました。
    いもとようこさんのかわいらしい絵とほのぼのとこころがあたたまる物語でとてもすばらしい絵本だと思います。

    掲載日:2009/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何個もある?!

    くまくんはおひさまが大好きで
    ある日、おひさまを拾いに出かけます。

    ひとつの太陽がぐるぐるまわっている、
    という感覚ではなくて
    昨日のおひさま、今日のおひさま、明日のと
    たくさんのおひさまがいるって
    面白いなあと思いました。
    それなら当然ひとつほしいよね?!

    息子にもおひさま、どんなところが好きって
    聞いてみたら、おいもがどんどん
    大きくなるのに必要だから大好きって
    教えてくれました。

    あったかくなるお話です。

    掲載日:2009/06/05

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット