貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

みんなはらぺこ」 みんなの声

みんなはらぺこ 作・絵:井上 正治
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\951+税
発行日:1983年
ISBN:9784265905225
評価スコア 3
評価ランキング 40,443
みんなの声 総数 1
「みんなはらぺこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 表現がおもしろい

    • キンコママさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、男の子3歳、男の子1歳、男の子0歳

    農場の息子のみつおくんは学校が終わると急いで帰宅して、家にいる動物達のえさやりをします。みんなみつおくんの帰りを待っているので、えさをもらえるのが待ち遠しくて大騒ぎ。えさがもらえると一目散に食べます。その食べ方の表現がとてもリアルでうまく読めません。何度もつっかかって読むのに一苦労。子供達も食べ方の部分の来ると「ママどうやって読むのかな〜?ちゃんと読めるのかなぁ」なんて顔して見ています。それに一緒に真似して食べ方の表現をします。動物達の食べ方の激しさにも圧倒されます。でも「ごはん」のおいしさが伝わってきます。子供達も「もりもり食べてるね」って。

    掲載日:2007/04/22

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



医学博士/脳科学者・加藤俊徳さん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット