あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

げんきにおよげ こいのぼり」 みんなの声

げんきにおよげ こいのぼり 作:今関 信子
絵:福田 岩緒
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年
ISBN:9784774604985
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,464
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • こいのぼりの由来

    鯉のぼりの由来、知りませんでした!

    4歳の息子は、武士の時代背景などは知りませんので
    ぼんやり?聞いていました。
    時代背景が分かると、納得の由来です。
    もう少し大きくなってからも楽しめる絵本だと思います。

    絵本冒頭におにいちゃんが歌っていた
    こいのぼりの歌を息子が気に入り、
    祖母に電話で披露していました(笑)

    こいのぼりの季節にお薦めの1冊です。

    掲載日:2012/05/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • こいのぼりの由来

    もう1ヶ月もしないうちに端午の節句なので読んでみました。息子達はこいのぼりの由来を知りませんしこの本を読んでもよく理解出来ていなさそうですが。みんなでこいのぼりをつくって飾りに行くというのが羨ましかったようです。いえの近くの川にもえほんと同じように川にこいのぼりが連なって飾ってあるところがあるのでそこを連想したようです。絵本の巻末に端午の節句の解説が載ってます。わたしも知らないことが多いので非常に勉強になりました。

    掲載日:2014/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「やねよりひくいこいのぼり〜」

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子13歳

    教育画劇の「行事の由来絵本」というシリーズの1冊です。

    物語は幼稚園か保育園くらいのあきらくんが、「こいのぼり」の歌に疑問を持つところから始まっているので、この主人この子と同じくらいの年頃の子どもたちには理解しやすいストーリー展開である気がします。

    読んでいて思わず笑ってしまったのは、あきらくんのお兄ちゃんが歌ったこいのぼりの歌です。
    「やねよりひくいこいのぼり〜
     ちいさい まごいは おとうさん
     ちいさい ひごいは あかあさん
     いそがしそおに およいでる」

    成程な〜と思いました。確かに団地やマンションの窓に掲げられている「こいのぼりは小さくて、屋根より低い」ですもんね。
    風刺的な歌に納得してしまいました。
    この絵本が書かれたのは2001年になっています。10年ちょっと経った今では、小さなこいのぼりどころか、こいのぼり自体この時期に見かけることが少ないです。
    我が家の近くで見るのは大きな農家の庭に掲げられるこいのぼりくらいで、あとはこいのぼり大会などをしているテレビ中継くらいです。
    日本に長く伝わる行事が少しずつ廃れていくのは、ひとりの日本人として寂しく残念に思います。

    絵本のはなしとは別に、後書きに書かれている『端午の節句』についての解説はとても分かりやすく勉強になりました。
    この行事が元々女性の節句だったとは意外です。
    機会があったら子どもたちに紹介したい1冊です。

    掲載日:2013/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 古来の風習の理由がわかる

    ストーリー仕立てにはなっていますが、どちらかというと鯉のぼりの由来をわかりやすく子供たちに伝えることが目的の絵本かなと思います。
    先生から鯉のぼりの由来を聞いて、自分達も作りたくなる子供たち。私も今まで鯉のぼりの由来なんて全く気にしたことがなく、知りませんでしたが、こうして知ってみると鯉のぼりにどんな思いが込められているのかがよくわかって、なんだか今までよりずっと親近感がわきました。絵本の中の子供たち同様、すごく鯉のぼりが作りたくなりました。
    子どもと一緒に季節の行事をなるべくしてやりたいと思っていますが、
    その時にその意味を伝えられれば、子供たちの
    気持ちも全然違うんだろうと思います。
    鯉のぼりの由来、ぜひ子どもと一緒にたくさんの人に知ってほしいです。

    掲載日:2013/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知らなかったなあ

    自分が何気なく行ってきた様々な行事にも、由来はあるわけですよね。
    「そういう行事がある」のが当たり前で、特に考えもせずに大人に
    なってしまったのですが、こうして絵本を読んでみると、知らなかった
    ことにたくさん出逢うことができて興味深いです。

    少し前に娘に読んであげた同じシリーズの『ひなまつりにおひなさまを
    かざるわけ』は、なんとなく想像はできていたのですが、こちらの、
    こいのぼりについては全く想像できませんでした。

    元々は女性の節句だったなんて!
    鯉という魚もいかにも日本的なイメージだったのですが、中国の
    故事から考えられたものだったのですね。
    そうして江戸時代、武士がたてていた「はたのぼり」のかわりに
    町民がたてた「こいのぼり」だったとは。
    もしかしたら娘よりも大人である私の方が衝撃だったかもしれません。
    娘は「なんにもない状態」で由来を聴くわけですから、普通に、さらさらと
    入っていったと思うのです。

    他の由来えほんも読んでみたいと思います。

    掲載日:2012/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後のページのこいのぼりはどこへ??

    こいのぼりの由来を知ることができ、親も子も楽しめました。

    理屈っぽいタイプの息子は、「うん、うん」と頭にインプットして
    かなり満足したようでした。
    でも、最後のページで、幼稚園の子供たちの作ったこいのぼりが、
    糸をつけずに空を泳いでいるのが気になって仕方なかった様子。

    なんで?なんで?と聞かれ、困ってしまいました。
    (イメージカットでしょ、とは言えないし)
    途中までが現実っぽかっただけに、頭が切り替えられなかったのかな?

    でも、楽しく、明るい気持ちになれる素敵な本だと思いました。

    掲載日:2012/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど〜!

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    恥ずかしながら、こいのぼりの由来をしっかりと知らず今まで過ごしていました。
    なんとなくこうだろうな〜で終わらせていたのですが、改めてしっかり知ると「へぇ〜そうなんだ!」「なるほど〜!」と昔の人の生活や思いなど色んな事が込められて作られているんだという事がわかり、とても興味深いものでした。
    これで、こいのぼりの「なんで?」を聞かれても怖くないです(笑)

    園の先生と子供達の様子もまたよかったです。
    保育をしながら、大きなこいのぼりを作る先生には驚き!と尊敬!
    子供たちが驚いたり、感動したりする姿が素敵でした。

    掲載日:2012/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • こいのぼり

    こいのぼりの由来を知る絵本です。お侍さんが子供たちの為に考えてくれた鯉の滝登りに秘められた思いは、どの子の親の願いだと思いました。あきらのおにいちゃんが歌っていた歌が気になりますが、やっぱり行事の由来を知るのにとても役にたつ絵本なので、子供に読んであげたい絵本だと思いました。私自信も読んでよかったと思いました。

    掲載日:2011/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 物知りになれます

    こいのぼりをなぜあげるようになったか?
    親子で「へぇ〜」と勉強になります。
    たけのこごはんやかしわもち、その時季に食べるものにも
    訳があるんですよね。
    そんなこともさらりと紹介されていて
    物語を通して物知りになれます。
    GW前にぜひ!お勧めです。

    掲載日:2011/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今になって知った端午の節句

    「こどもの日って男の子だけのものなの?」という、子供の疑問から、そういえばちゃんと知らないし、説明できないなと思い、読んでみました。鯉のぼりの由来がよくわかります。絵本のあとがきで、端午の節句が中国から伝わり、日本でどのように変化していったか説明してあり、ある時期は女性の節句だったと知り、へ〜そうだったんだあ〜と感心しました。

    掲載日:2011/05/16

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット