もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

カンポンのガキ大将」 みんなの声

カンポンのガキ大将 作:ラット
絵:ラット
訳:荻島 早苗 末吉 美栄子
本体価格:\2,600+税
発行日:1984年
ISBN:9784794940247
評価スコア 3.5
評価ランキング 32,078
みんなの声 総数 1
「カンポンのガキ大将」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • この町へいってみたいかも

    • ねーねーさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子11歳、女の子10歳

    マレーシアの絵本です。
    カンポンという町に一人の男の子が生まれます。
    その男の子がこの町のしきたりや風習の中で、自由に大きく育っていく様子が描かれています。
    家族の様子、町の様子、近所付き合いの様子、森の様子、
    当たり前だけど日本とはまったく違うものです。
    同じものもありますよ・・・
    小学校へあがると友達といたずらしたり、自然いっぱいなので日本よりも誘惑は多いかもしれないですね。
    それから、親の子供を思う気持ち。遊んでばかりいる息子が気になって仕方ないお父さん。また、そのことを理解しつつ
    誘惑に勝てない息子。こんな葛藤は全国共通なんですね。

    とにかく絵が細かい!家の中の家事に使われるであろう道具や農作業に使われる(?)道具、詳しく書かれています。
    町の風景にしても、そこを行きかう人々の表情も丁寧に書かれています。が・・・作者は漫画家ということでユーモラスな部分もあちこちに散りばめられていて隅々まで楽しめる絵本です。
    時々、わからない言葉が出てくるのですが、それについて特に説明がなかったので、それがあればもっと解りやすく読めたかなと思います。

    掲載日:2007/04/22

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『コウノトリのコウちゃん』かこさんインタビュー&コウノトリの里、越前市レポート

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット