だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

かみそりぎつね」 みんなの声

かみそりぎつね 作:小沢正
絵:野村 たかあき
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2000年
ISBN:9784774604688
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,696
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 真面目なそうべいさん

    きつねにだまされないようにーと
    思いながらも
    実は、きつねの方がいちまいうわてですよね

    「どーん ちーん かーん」では
    きつねにいたずらしたからーでしたが
    このそうべえさんは
    ただただ正直にした行為だったのに
    大変なことでした

    まさか!?ですよね
    読み手も、しっかりそうべえさんの味方で
    読み進めていきますもの

    このおはなし
    騙されて、おしまいーではないのです

    最後がまじめなそうべいさんに
    ぴったりなように感じました

    木版画のあじがでてて
    昔の素敵な雰囲気です

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと残酷

    内容的には低学年向けの絵本だと思うのですが、キツネが化けたと思われる母親を焼いて殺してしまうくだりが、どうしても気になってしまいました。
    キツネに化かされたというオチに、安心はするのですが、もっと抑えた展開ってなかったのでしょうか?
    既成の民話だから仕方ないと思うのですが、安易に母親を殺すという場面が、変な形で心に残らなければ良いかと感じました。
    子どもが同級生を殺してしまうという殺伐として信じられない事件が起きた後だからでしょうか。

    掲載日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • だまされちゃったのね〜。

    昔話大好きな下の子(年中)のいかにも好きそうな
    絵の絵本だと思い、借りて読みました。

    そうべいさんがみちをあるいていると
    1匹のキツネが・・・

    化けたキツネがどうなるのか、そうべいさんが
    どうするのか・・・
    子供たちとドキドキしながら読みました。
    「キツネって可愛いのに本当にだますの?」と下の子。
    昔話ではキツネやタヌキって化かすって言うけど
    なんでだろうね。って子供たちと話しながら読みました。

    昔話ってなんだか不思議な魅力ありです。
    この絵本も楽しく読みました。

    掲載日:2010/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議なお話

    オリジナル作品にもきつねの話が多い小沢正の作品です。
    「かみそれぎつね」という変わった題名で、どんな話だろうか?と思いました。

    そうべいさんが、きつねが女の人に化けたところを目撃します。家の人に、きつねが化けたと言いますが、誰も信じてくれません。

    きつねに化かされるってことが、昔はあったのでしようか?それとも、信じられないような出来事をきつねのせいにした?

    不思議なお話でした。話のテンポもよく、絵もマッチしていて、息子と楽しく読みました。

    掲載日:2008/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • きつねにばかされた・・

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    日本の民話絵本です
    きつねにばかされるというお話は良くありますが、この絵本でもそうべえさんがばかされてる人を助けるつもりで、ばかされて、ついでにお坊さんになってしまったと言う、笑えるものでした

    ストーリーはしっかりしていて、お話は長いですが、年長さんでもじっくり聞けると思います
    途中できつねじゃないのかなぁ?と、そうべえさんと同じ気持ちになってしまいそうになりますよ
    それだけ、きつねの演技力が勝っていたのですが・・・

    挿絵は版画絵で、人物の表情に、迫力があり、色も鮮やかできれいです

    なかなか日本の民話に親しむ機会も少ないので、こうして絵本を通して、接していけると良いと思います

    掲載日:2008/02/14

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット