大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

イモヅル式物語」 みんなの声

イモヅル式物語 作・絵:スズキ コージ
出版社:復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!
本体価格:\1,900+税
発行日:1995年
ISBN:9784835442006
評価スコア 3.86
評価ランキング 28,801
みんなの声 総数 6
「イモヅル式物語」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どれもこれも面白い

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    スズキコージさんの絵が大好きです.図書館で見つけてこれは!と思い借りてきました.

    面白愉快な短いお話が12話で1冊の本になっています.どれもこれも登場するのがへんてこな生き物ばかりで,わくわくしているうちに1冊あっというまに読んでしまいました.
    なかでも,タコのミタコさんと,ヘビの古着屋さんの話が私は好きでした.手が8本もあると一度にいろいろできていいな〜と本気でうらやましくなりました.

    子どもにというより,私が欲しいなと思いました.買ったら家の見えるところに飾っておきたいです.

    掲載日:2015/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 難しい!

    イモヅル式とありますが、どこがイモヅル式につながっているのか分からない短編集です。カバーの解説によればイモヅル式にというか、事件をダラダラと書いたから、というような内容の説明があります。

    ガマ夫くんの早朝マラソン、ほえろうくんのハエたたき、オートバイでデート、ミタコさんの日ようび、水中画家のバッカスくん、、、、と全部で12話の入った短編集です。

    もしこれを読むなら、文章は長めで難解というか、すっと頭には入りません。独特の絵とともに読み流すか、頭の体操がてらしっかりと一生懸命読むことをすすめます。買う前に図書館で読んでみて気に入ったら買うといいと思います。

    掲載日:2011/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • スズキコージファンにはたまらない!

    子供のためというか、私のためというか・・・
    スズキコージファンの我が家にはたまらない一冊です。

    犬のほえろう君や、絵描きのカッパのパッカス君、
    電気ガマのガマ夫君、
    なんだか不思議で楽しい登場人物に加え、
    話もとっても不思議で愉快!

    楽しくてバカバカしい事件がイモヅル式に12話も
    続くのです。

    もちろん絵も見応え抜群!

    え?え?え?え?え?・・・・・・
    って考えてるうちに、みんな笑っちゃうっていう
    そんな一冊です。

    掲載日:2011/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • スズキコージさんに、してやられたり!

    電気ガマのガマ夫くに、電気そうじきのゾウばあさん。
    まずは、登場人物のネーミングと設定にフフッと小笑。

    そして、「えっ!?」と思うほど短く、ナンセンスなお話に
    最初は???なのですが、読み進むうちに、
    そこはかとなく可笑しさがこみ上げてきて、
    思わず、フフッ&ニヤニヤ。

    子供に「あなた好みだと思うよ!」と本を渡したら、
    やっぱり、母と同じく フフッ&ニヤニヤ。
    親子共々、スズキコージさんに「やられた〜!」って感じです。

    この不思議な世界を、説明するのは難しいのですが、
    しいて言えば、コメディのような…?漫画のような…?
    とにかく、フフッ&ニヤニヤ連続のお話が12話も載っていて、
    コージワールドをたっぷり堪能できる本です!!

    掲載日:2009/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が家の範疇を越えてました

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳

    スズキコージの本は、背表紙を見ただけですぐにわかりますし、なぜかフラフラと寄っていって手に取ってしまいます。
    この本も図書館でフラフラと手にとってしまい、そのまま借りて読んだのですが、私の範疇を越えた不思議さだったので、子どもたちに一度読んで、そのまま返してしまいました。
    スズキコージ作品は、理解しようとしないで、感覚で読むので、この本は我が家の感覚をすうっと通過してしまったようです。
    ただ、絵のパワーはさすがというくらい強烈です。
    なんだか不思議な世界を浮遊してみたい気分の時に、読んでみるのがいいかもしれません。

    掲載日:2007/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 恐るべし スズキ氏の思考回路

    • たれ耳ウサギさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子16歳、女の子13歳、女の子12歳

    寺の住職の電気ガマのガマ夫くんは、毎朝マラソンをするとか、犬のほえろうくんはケーキ屋さんですが、お店にハエがおおくて困っているとか、花瓶のビンカさんはボートでデートしてえらい目に遭うとか…
    ちょっとあらすじを説明してもわかっていただけないと思いますが、こんなお話が12話載っています。

    スズキコージさんのお名前だけはしっておりましたが、今まで素通りでした。何気なく手にしてみたこの本のイラストがあまりにシュールで釘付けになり、借りてみました。

    理解して読もうとすると、多分消化不良をおこすでしょう。
    私としてはちょっと疲れた時に、頭をカラッポにして、アハハハハ…で何これ?とリラックスするために読むことをお奨めします。大人には。
    うちの娘たちにはいまいちでした。

    イモズル式とありますが、物語は独立しており、お話のつなぎのイラストがつながっているといいますか、無理やりつなげてあるから、この題名なのかなっと解釈してます。

    掲載日:2007/04/24

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ぶたぶたくんのおかいもの / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.86)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット