おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

はだかのおうさま」 みんなの声

はだかのおうさま 作:アンデルセン
絵:西巻 茅子
訳:竹下 文子
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年07月
ISBN:9784265053636
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,071
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 奥が深い・・・

    私も子供の頃に読んでいましたが、今、改めて読むと、だいぶ違った印象が残りました。
    訳や絵が違うということもあるのでしょうが。
    大人独特の、面子や見栄なんかが見られるので、大人になってからのほうが「ニヤリ」と笑えるかもしれませんね。

    掲載日:2013/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ただ、洋服が好きなだけなのに・・・

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子6歳

    あまりにも有名なアンデルセンの名作えほん。
    絵が、『わたしのワンピース』の西巻茅子さんだったので思わず借りてきました。
    西巻茅子さんの独特な絵の世界が、どんな「はだかのおうさま」を見せてくれるのか楽しみでした。
    おうさまは、綺麗な服が大好きだけあって、毎回違う服を着ていました。
    文は、竹下文子さんが書いています。
    この絵本は、岩崎書店から発行されています。

    むかし、綺麗な服がなによりも大好きなおうさまがいました。
    ある日、ペテン師がやってきて、
    「私たちは、世界一素晴らしい布を織ることが出来ます。
    その美しい布は、役にたたない人やバカな人の目には見えないという不思議な布です。」
    と言って、おうさまの服を織りはじめます。
    そして、おうさまは裸で町の通りを歩くことに・・・

    いつかは出会うであろうアンデルセンの絵本。
    私も小さい頃に出会って、おうさまは威張ってばかりいたので、ペテン師に騙されたのだと思っていました。
    でも、おはなしを読む限りそんなに悪いおうさまとは出てきません。
    ただ、服が大好きなだけなのに、騙されるなんて可哀想と思いました。
    子供の記憶って曖昧ですね。

    さて、今回の娘の反応は・・・
    あまり、よくなかったようです。
    理由を聞くと、みんながウソをついているから。
    子供って素直ですね〜。
    絵本を読み聞かせて、娘はあまりいい気がしなかったけれど、
    親としては、素直で率直な感想でよかったです。

    少し大きくなったら、また違った見方ができるんじゃないかな〜。
    母は、そう思うよ。
    また、読んであげるね。

    掲載日:2007/04/25

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット