しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

石のねずみストーン・マウス」 みんなの声

石のねずみストーン・マウス 作:ジェニー・ニモ
絵:ヘレン・クレイグ
訳:安藤 紀子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1997年
ISBN:9784034313602
評価スコア 3.33
評価ランキング 36,487
みんなの声 総数 2
「石のねずみストーン・マウス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 石なんだけど石じゃない

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子3歳

    自分で歩く訳でもなく、チューチュー鳴く訳でもない。初めからシッポもないストーン・マウスは石で出来たネズミ。でも、意思をもって話す不思議な石でした。
    子供の気持ちや行動の理由って、理解するのが難しい時もありますが、この石のネズミは広い心で子供の心を開いてくれます。

    『チャーリー・ボーンの冒険』シリーズでジェニー・ニモに興味をもったのですが、こういった童話を書いているのを知り読んでみました。ファンタジー作品を書いている方だけあって、童話もファンタジー色のものが多いですが、大人でもなかなか楽しめます。
    数年後、娘が読むようになるのでしょが、一足お先に楽しませていただきます。

    掲載日:2008/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地味に、少数に受け入れられる作品

    物語はマリアおばさんが旅行に出かけて、海辺の家を留守にすることから始まります。おばさんは2匹のネコの面倒をみてもらうため、親戚に留守番を頼んだ。その親戚というのは、両親と兄のテッド・妹のエリーの4人家族。ストーン・マウスは家族でやってきたエリーと、マウスはすぐになかよくなりました。でも、兄のテッドは、なぜかマウスをいじめ海に投げこんだり、土にうめてしまったりと・・
    日常生活の一側面という方法で、おこる物語にシンプルで切れのいい絵は、ドラマ部分の画面も均等に描けていて、安定感があります。

    掲載日:2002/06/26

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット