うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

アナログ?デジタル?ピンポーン!」 みんなの声

アナログ?デジタル?ピンポーン! 作:野崎昭弘
絵:タイガー立石
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1994年
ISBN:9784834002317
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,617
みんなの声 総数 5
「アナログ?デジタル?ピンポーン!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 解ったような、騙されたような… 

    アナログ時計とデジタル時計。
    これは解る!だけど、点がデジタルで、線がアナログみたいな展開に、正直戸惑ってしまいました。
    足跡がデジタル?トラのしまはアナログで、ヒョウの模様はデジタル?
    根本的なことがわかっていないことを再認識させられました。

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い視点で例えてある

    2011年テレビが完全デジタル放送に移行し、アナログという言葉に触れる機会がとんと減りました。改めて、アナログとデジタルの違いとは?と聞かれると、なんとなく理解していますが、子供に説明するには知識が浅過ぎます。そこで、1990年『たくさんのふしぎ』として出版されたこの絵本。数学・コンピューター理論に精通した野崎昭弘さんによる説明を、「ままです すきです すてきです」のタイガー立石さんの魅力的で親しみやすい絵で、とてもわかりやすく表現され、絵本の中のオニの子と一緒に読み進めて、理解できると“ピンポーン♪”と嬉しい音も鳴り響き、ますます気持ちも入って行き易く作られています。
    面白い視点での例えも満載で、顔の表情は“なめらか”だからアナログ、ことばは“とびとび”でデジタルとか、おこめとおもちの例えもウィットに富んでいて、聞いてなるほど♪と感心してしまいます。
    小学2年生の息子は最後まで喜んで聞いてから、家にあるものがアナログかデジタルか当てる遊びまでして、親子で十二分に楽しめました。
    また、よく見るとページのどこかに“謎の三角形”が描かれいているのが気になりました。サインかな?とも思いましたが、他にも“カギ”が落っこちていて、最後のページにペアで登場するので、もう片方がどこかにあるのだろうかと、何度も戻っては探してしまいました。タイガー立石さんの愉快なイタズラなのかもしれないですね。

    掲載日:2011/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学中級向き

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    まもなく完全地デジ化ですね。
    デジタル、アナログって私もピンとこなくて
    子供に聞かれた時の対策として借りてきました。

    なるほど絵で言うならば
    アナログはふつうのかきかた
    デジタルは・・・点描でだそうです。
    絵を見ながら分を読むと分かりやすいですよ。
    アナログの時計とデジタルの時計の優れた点が
    わかるのもいいですね。
    内容はわかりやすい方だとは思いますが
    漢字にふりがながないところがありますので
    低学年くらいで習う漢字が読めるようになってから。
    6歳のうちの子には早かったです。

    掲載日:2011/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勉強になりました

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    時計が読めるようになり、時計にもいろんな種類の時計があるなあと気づくころに読んであげるととっても興味をもちます。

    アナログとデジタル…時計に限らず、いろんなものにそれはあるんですね。この本で初めてしりました。というか、今まで、ものや現象に、これはアナログ?これはデジタル?ってあんまり区別して考えたことがなかったもので。

    この本、絵がとってもおもしろいんです。かわいい鬼がいっぱい出てきて、アナログとデジタルのお話をわかりやすくしてくれています。

    掲載日:2007/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時計を習う頃に

    • PIROさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳

    漢字が使われています。
    時々ふりがなもあります。
    時計の読み方を学校で習うタイムリーな時期に、この本に出会いました。

    とてもわかりやすく、楽しくアナログとデジタルを知ることができました。
    本の途中で、数字探しのページがあったりして。
    よく子どものことを考えているなと思いました。
    時計の読み方を習う頃に、親子で読んでみるとよいと思います。

    掲載日:2007/04/27

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット