ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

てんとうむしさんちの ただいま」 みんなの声

てんとうむしさんちの ただいま 作・絵:スギヤマカナヨ
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\850+税
発行日:2007年04月
ISBN:9784774610528
評価スコア 4
評価ランキング 18,712
みんなの声 総数 5
「てんとうむしさんちの ただいま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ただいま

    「やっと着いたね!」っておとうさんに労いの言葉をかけたくなりました。バスに笑えてしまいます。とても愉快なバスでびっくりです。毎日だと思うと気の毒になりました。でも愛する家族が待っているお家に帰るのが一番嬉しいときなんだと思いました。「ただいま」と挨拶の絵本でもあって、絵本から学んだ孫は、「ただいま」と言えます。

    掲載日:2010/10/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • スギヤマカナヨさん

    スギヤカカナヨさんの作品だったのでこの絵本を選びました。色鮮やかで簡略化してある絵がとても目を引いて良いと思いました。お父さんが愛する家族の待つ我が家へ少しでも早く到着しようと頑張っている姿が素敵だなと思いました。仕事でも頑張って通勤でも精一杯の努力をしてくれているお父さんへの感謝の気持ちと尊敬の念が湧く絵本だと思いました。お父さんをもっと好きになれる絵本です。

    掲載日:2009/01/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 『バス=虫』が理解できない娘

    てんとうむしのおとうさんが、かたつむりやだんごむしのバスに乗っておうちまで帰るお話です。
    娘は、バスがだいすきでなので、図書館で借りてみましたが、虫の背中に乗る=バスに乗るというのがわからないみたいで、いまいち反応が悪かったです。

    バス(虫)が動く擬音語がころころころころ・にゅ〜るにゅ〜ると表現されていて、文字に合わせてころころと絵本を動かして読んであげると喜んでいました。

    絵はかわいらしいです。

    掲載日:2008/08/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • かわいい昆虫たち

    てんとうむしのおとうさんが、だんごむしやみみず、
    かたつむりのバスに乗って、おうちに帰っていきます。
    いろんな昆虫がでてくるので、娘は喜んでみていました。
    絵で見る昆虫などなどはかわいい♪
    家族のもとに帰ったおとうさんを待っていたのは・・・。
    嬉しいサプライズに、心が癒されました!!

    掲載日:2012/11/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい

    話自体は短いので

    深みはないですが、

    てんとうむしが好きということもあり

    読んでみました。

    なかなか家にたどり着けないてんとうむし。

    家に帰ったから家族は寝ていた・・・。

    と思ったら。

    おもしろいです。

    掲載日:2011/06/15

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット