もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

仙人とねずみ」 みんなの声

仙人とねずみ 絵:プリーダー・パンヤージャン
訳:ふせまさこ
出版社:新世研
本体価格:\1,600+税
発行日:2002年
ISBN:9784880121154
評価スコア 4
評価ランキング 20,224
みんなの声 総数 3
「仙人とねずみ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 仙人の対処法が面白いなと思っていたら

     表紙絵に魅力を感じて、手に取りました。
     な〜るほど、やっぱりタイの方の作品でした。
     仙人が、ほんと仙人っぽい。
     大きいとは、小さいとはどいうことか知りたいと、瞑想に入っていたようです。
     そこへねずみがからすに追いかけられ逃げてきました。
     からすを追い払い、ねずみに食べ物を与える仙人。
     と、そこへねこが…。
     仙人の対処法が面白いなと思っていたら、この繰り返し。

     最後には、恩知らずのねずみに呆れてしまいました。
     さて、仙人はここから何を悟ったのでしょうか。

     小さいお子さんでも、楽しく読めるお話しだと思いますが、大人の方は考え込んでしまうかもしれません。

    掲載日:2010/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみくん・・・

    仙人は、猫に捕まえられそうなネズミを哀れに思い、
    おまじないをかけてネズミを猫に変えて助けてやりました。そんなことを繰り返すうちにネズミの謙虚さが失われて
    目に余る行動を取るようになり、とうとう・・・

    世の中のあらゆるものはそのもの自体の大きさでは無く、
    それぞれの本質を高めること!
    決して、権力を盾に過ごしてはいけない。
    本来の自分を見つめて、磨き上げることが必要不可欠ではないでしょうか?
    小さな動物、ネズミをうまく題材に取り入れたところが
    昔話のおもしろいところですね☆〜(ゝ。∂)

    掲載日:2007/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 哲学的です

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子14歳、男の子12歳

    瞑想する仙人が、おおきいこと、ちいさいこととはどういうことかを考えています。
    ちいさいものは、おおきいものに力では勝てません。
    ちいさいものが、おおきくなったらどうでしょう。
    ちいさいときのことを忘れて、謙虚さを忘れてしまいます。

    この絵本は、とても深い意味があって、ただ体の大きさだけでなく、
    権力や財力の大小についても考えさせられます。

    掲載日:2007/04/27

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


楽しみながら学べる☆ポカポカフレンズのおしゃべりえほん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット