あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

か・げ」 みんなの声

か・げ 作・絵:武田 美穂
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2014年04月
ISBN:9784591139462
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,662
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 遊びのヒントをもらいました

    • ユーちゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子8歳、女の子4歳

    この絵本は、遊びの幅を広げてくれました。子供が幼稚園に行く前に、この絵本を読み聞かせしてから幼稚園のバス停に向かいました。バスを待っていたほんの少しの時間でしたが、かげ探し遊びをしてながら待っていました。

    絵本の中に出てくる「自転車のかげ」「走るかげ」「とんでいくかげ」「くものかげ」など動くかげからヒントをもらい、落ちていた葉っぱを手にとって、落としてみたところ、葉っぱがひらひらと斜めに落ちていくかげに子供は楽しんでいました。ほんの少しの時間でしたが、子供と豊かな時間が過ごせました。

    また、「なかよしのかげ」という表現が好きです。まるでかげにも表情があるかのように感じ取られ、心温まりました。

    掲載日:2015/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外に

    この絵本、四コマ漫画のような区切りだったのですが・・・意外に分かりやすく区切ってあったので、四歳のうちの子もわかって楽しんでいました。何でもない日常が描かれていて、読んでいて気持ちが温かくなるお話だと思いました。

    掲載日:2012/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 好奇心いっぱい

    けんたくんの好奇心いっぱいの顔がほほえましいです。いろいろな影を見つけて、目を輝かせています。飛んでいる鳥や、大きな雲の影にも気がついいたのは、えらいなと思いました。
    おもしろいことを自分で見つけて、夢中になれるってとてもいいことだなと思います。

    武田さんの絵は、すみずみまで細かくていねいに描かれているので、見ていると楽しくなってきます。ピンクのリボンのバウちゃんがなんともかわいいです。
    けんたくんが道で会ったお友達のママ、、、武田さんに似ているよう気がしたのですが、
    もしかしてご本人?かななんて思いました。

    掲載日:2012/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • マンガふうの影についての絵本

    マンガふうに描いてあります。

    犬のバウちゃんが汚したもののせいで、オヤツ抜きになった主人公の少年。汚くなったのを掃除して綺麗にしますが、影におびえるバウちゃんを笑って、いろいろな影があるよと教えてみます。外に出て、いろんな影を探しまわり、最後には空腹に。最後に現れた影は、食糧を持ったお母さんの影。オヤツのプリンと、夕飯、どっちを食べるのかな?

    絵も可愛くてほのぼのしていて、子供もそれなりに面白がって読んだようです。シンプルな話なので、読んであげるなら2歳くらいでもいいと思います。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛い絵

    武田美穂さんの可愛い絵と漫画っぽいところも読みやすくて気に入りました。仲良しのバウちゃんのせいにして言い訳しているけんたくんが可愛く見えました。女の子に照れているけんたくんの態度もとても好感が持てました。ほのぼの感がとても好感が持てるし微笑ましく思うし大好きな絵本です。影を探しにバウちゃんと冒険にいくのもいいですね!

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • けんたくんとバウちゃんの大冒険!

    武田美穂さんの絵本の中で、とても気に入っている絵本の一つです。

    内容としては、影に関する絵本の一つです。

    男の子のけんたくんは、お母さんにおかたづけをしなさいと怒られているところからがこの物語のはじまりです。

    そして、バウちゃんなんて、嫌いだとけんたくんは怒ってしまいました。

    その後、けんたくんは、バウちゃんに驚かそうと、影を使って驚かしました。それで、びっくりするバウちゃん。そして、けんたくんとバウちゃんは、一緒に、影を探しに、色々な所を周り、影を探しに外に出かけることになりました。

    はたして、けんたくんとバウちゃんは、どんな影と出会うのでしょうか?

    武田さんの作品は、可愛いところが特長です。私は、武田さんの作品は、女の子キャラクターが好きですが、男の子キャラクターも好きです。

    最後は、ほのぼのと終わるところが、この作品の特長の一つです。

    こんな、面白い影の絵本と出会えてとても良かったと思います。

    ぜひ、読んでみてください。

    掲載日:2010/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • まずは、共感しちゃいます(^^ゞ

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子17歳

    かわいらしい絵だし、なんとなく「おかたづけ」シーンから、共感出来そうな雰囲気。

    バウちゃんもかわいい♪し、かげ見つけ?に気付くきっかけも作ってくれます。

    いろいろな影が出てきますが

    くものかげ
    なかよしのかげ
    おむかえのかげ

    がいいです♪

    親子でも、ひとりでも、じっくり楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2009/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供目線だなあ

    • イザリウオさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    子供の好きな武田美穂さんの本。
    いろんなかげが出てきて、作者らしいと思ったのは
    ”おこりんぼのおかあさんのかげ”
    これは笑えます。
    ラストのシーンはほのぼのしていて、とても良い感じ。

    この絵本を読んでしばらくは、二男とよくかげふみして遊びました。

    掲載日:2008/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい〜

    • キンコママさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、男の子3歳、男の子1歳、男の子0歳

    子供の時よく影踏みやってたな〜なんて、この絵本の表紙を見たとき懐かしくなり思わず手にとってしまいました。実際に子供達に影を教えた事・・・ないな〜。だからきっと影の事を話しても実感がわかないかも。やっぱり教えるには実物を見て教えないと・・・先に絵本で教えてから実際に見せてあげようと思います。内容は主人公の男の子と犬のバウちゃんの影遊び。でも漫画になっているので、読み聞かせの今の時期には早すぎたかも。小学校に入ったくらいで自分で読めるくらいになったら、また違った楽しさで読めそう。今回は影がどんなものなのかくらいの簡単にかいつまんだ読み聞かせにしちゃいました。最後は心温まる男の子とお母さんの会話。和みました。

    掲載日:2007/12/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の気になる視点

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    武田さんの絵本は漫画のようなコマ割なので読み聞かせする側からするとちょっと読みにくい部分もありますが、わが子にはには絶大な支持があります。

    この本はお母さんから怒られた男の子が犬のバウとすごす時間の話ですが、ゆっくりと流れていく時間とともにいろんな影が描かれています。
    大人でも
    「こんな影もあるんだな。」
    と気づかされたりします。
    子供も影が気になる存在だったため、この絵本は面白かったようです。
    おはなしの終わり方もいい感じで、なんとなく癒されます。

    子供の心情もよく描かれているので、オススメです。

    掲載日:2007/10/12

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おふろだいすき / おおきくなるっていうことは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット