ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

つながってる! いのちのまつり」 みんなの声

つながってる! いのちのまつり 作:草場一壽
絵:平安座資尚
出版社:サンマーク出版
本体価格:\1,500+税
発行日:2007年03月
ISBN:9784763197429
評価スコア 4.86
評価ランキング 58
みんなの声 総数 27
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • へそのおの神秘

    主人公のみずちゃんが生まれたばかりの子犬を目にしたとき、へそのおを見るところからストーリーが始まります。
    子どもはお母さんとへそのおでつながっているということをこの絵本をとおして、わかりやすく学べます。いのちとはつながっているということを、へそのおを通して表現されていて、神秘的で不思議な感じが絵本を通して伝わります。
    しかけ絵本になっているとは知らずに読んだので、圧倒されました。
    いのちを感じる素晴らしい絵本だと思います。シリーズの絵本も読んでみたくなりました。

    掲載日:2016/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなつながっている

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    へそのおで赤ちゃんとおかあさんは繋がっています。
    おかあさんもおばあちゃんもみんなみんなそうだった…。
    犬の出産の絵本は子どもに読んだことがあったのですが、我々も同じとか上記のことは子どもに伝えていなかったなと思いました。知っていることなのですが、改めてこの絵本で見て感動しました。

    掲載日:2015/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • いのちのつながり

    いのちのつながりを
    へその緒という言葉を使って
    数えきれない大切なものとして、
    描かれた絵本です。

    大人の私は
    なかなかおもしろい展開で
    いのちのつながりが表現されていることに、
    驚きました。

    小さいお子さんが読んでもらったら、
    どんな反応があるんだろう。。気になるところです。

    最初のお母さんというところから、
    女の子ばかり、女性だけがつながってるように
    感じられましたが、
    男の子、お父さん、おじいちゃんは?と、
    ならないかな。。と思うのは
    私の考えすぎでしょうか。

    いろんな感想が持てると思うので
    ぜひ知っておきたい絵本だと思いました。

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母と子

    このお話は母が子供と特別な絆(へその緒)でつながっているという事が描かれていてとっても良かったです。このお話を子供に読んでいる時に、自分の子供が赤ちゃんだった時の事とかも思い出せて素敵な気持ちになりました!!

    掲載日:2013/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • おへそ

    犬の出産を見たことから、母と子がつながっていることに気がつきます。
    おへそって、お母さんとつながっていた証拠なんですものね。
    絵本を読んでいる最中から、自分のおへそをなでていました。
    そして、下の子が新生児のときにへその緒があったことなども、覚えてていてくれて、私も嬉しかったです。

    掲載日:2013/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数え切れないほどたくさんのお母さん

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子16歳

    『いのちのまつり』の続編。
    ミズちゃんは、家で飼っている犬のパールが子犬を産んだことに大喜び。
    7匹の子犬のお腹に、ひものようなへその緒がついていたことから、
    ミズちゃんは、お母さんから、お母さんとへその緒のつながりを考えるのです。
    へその緒でつながった、お母さんのお母さんのお母さんの・・・。
    そのつながりの様子が、ちょっとしたしかけ絵本仕立てで体感できます。
    命のつながりを実感し、涙がこぼれそうになり、お母さんに抱きつくミズちゃんに、
    誰もがきっと共感してくれると思います。
    おへそから感じる命のつながり。
    この視点はきっと、子どもたちの宝物になると思います。
    子どもから大人まで、ぜひ読んでほしい作品です。

    掲載日:2012/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 低学年読み聞かせにおすすめ

    • かとりっちさん
    • 30代
    • ママ
    • 鳥取県
    • 女の子8歳、女の子6歳、

    子犬が生まれる事から、お腹の中からお母さんとつながっている事を
    わかりやすく、楽しく描かれています。

    内容は濃く、説明しにくい事を、低学年にもわかりやすくなっていると思います。

    また、しかけ絵本にもなっているので、子供の歓声も上がり、朝の読み聞かせにも楽しめる作品だと思います。


    掲載日:2012/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • すべては母から

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    この絵本を読んでどれほどの子どもたちが母への感謝を持ってくれるのだろう・・・
    そんなことを感じながら見てました

    子ども時代に感動したことを成長の過程でふと忘れてしまうことは私自身にも経験があります
    だからそんな偉そうなことは言えないが、命はつながっていると「知っている」事が大事なんだと思いました

    その時に気の利いた感想など言えなくとも、心に残ると信じて、この物語を読んであげたいです

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • い・の・ち ありがとう!!

    「いのちのまつり」の続編です。

    今度は、「へその緒」をテーマに、命の尊さを教えてくれる絵本。

    またまた、へその緒で繋がっている見開きは、圧巻です。

    最後に作者が、おへそを見るたびに思い出してほしい。
             おへそに触れるたびに感じてほしい。
             いのちはひとつにつながっていることを。
         
             お母さん! 本当にありがとう。

    何だか、じ〜んときました。

    「いのちのまつり」とセットで、是非読んでみて下さい!!

    掲載日:2011/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • へその緒で繋がっているシーンはすごい!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    「いのちのまつり」の続編です。
    何がつながっているのかといえば「へその緒」。
    ある程度大きくなれば、“おへそ”という場所はおなかの中にいたときお母さんと「へその緒」でつながっていた名残なんだということを知ります。もしくは何となく「そうだったんだ」と気づいたり、感じたりするでしょう。
    「へその緒」って、実はとてもとても大切な場所なんですよね。
    そのことを小学生くらいの子どもにも見て分かる形で、とてもうまく描いてくれていました。

    特に、夢の中で主人公がたくさんの人たち(ご先祖?)とへその緒で繋がっていて、その人たちが宇宙の星々のようにうじゃ〜っと描かれている場面は、感嘆しました。
    見る方は簡単ですが、描かれる方はさぞかし大変だったと思います。

    内容は分かりやすく、絵もはっきりとしていて見やすいです。
    母になり、ますます「いのちのつながり」を大切に思えるようになりました。
    ぜひ、たくさんの子どもたちに読んでもらいたい1冊です。

    掲載日:2011/10/03

    参考になりました
    感謝
    0

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.86)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット