雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…

むったんの海」 みんなの声

むったんの海 作・絵:寺田 志桜里
出版社:くもん出版
本体価格:\1,300+税
発行日:1999年
ISBN:9784774303109
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,019
みんなの声 総数 2
「むったんの海」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 海は誰のもの?

    長崎の諫早湾に堤防が築かれ、干潟がなくなるというニュースは、何年か前にニュースでも話題になりました。
    これは、4年生の女の子が作った紙芝居をもとに絵本化されたお話だそうです。
    「干潟」というもの自体、このあたりでは、あまりお目にかからないので、なかなかその様子というものが想像できないけれど、
    それまで普通に生活していた干潟に住む生き物たちにとって、この堤防は、死刑宣告以外の何者でもないでしょう。
    シオマネキの言葉「神様、あなたは人間だけの神様なのですか?」の言葉には、胸がつまるものがあります。
    むったんの海は、みんなの海。
    海も山も川も、すべての生き物たちが暮らしているこの環境すべては、みんなのためのもです。
    私たちは、そういう思いを持っているだろうか?
    ほんとにそれは必要なことですか?
    子供と話するよいきっかけになる絵本です。

    掲載日:2007/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 諫早湾のムツゴロウ

    • ポポロさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子8歳

    長崎県諫早湾の干潟に暮らすムツゴロウの「むったん」。
    ある日、突然、堤防が閉められ多くの生き物たちが挟まれたり、
    離れ離れになったり。
    やがて閉め切られた干潟はからからに渇き、むったんは・・。
    この作品は長崎県に住む女の子が小学4年生の時につくった
    紙芝居をもとに絵本にしたそうです。
    干潟には多くの生き物が生息し、海を渡る渡り鳥にとっても重要な基地、
    食物連鎖のサイクルが上手に回っている自然の宝庫のようなところ。
    そんな生き物達の関係も上手に取り入れ、描かれています。
    むったんたちは命からがら生き延びますが、むったんの願いがとても印象に残りました。
    「今度は、人間に生まれたい・・。安心して暮らせる海をつくってやるんだ・・。」
    作者はむったんの気持ちになりながらも、決して人間が悪いとは書いていません。
    それは、人間が海(自然)を壊すことも、そして守ることも
    できることを知っているからでしょう。
    諫早湾の干潟については何度もテレビで取り上げられていたので、
    なんとなくは知っていたのですが、実は遠い場所の出来事と
    感じていたことも事実です。
    改めて、私たち、人間ができることを考えさせられました。
    かわいらしい絵がよかったです。

    掲載日:2007/04/29

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット