ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

イノザブロウとあたらしいともだち」 みんなの声

イノザブロウとあたらしいともだち 作・絵:ふくざわ ゆみこ
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年03月
ISBN:9784569686417
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,323
みんなの声 総数 13
「イノザブロウとあたらしいともだち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • いのししのイノサブロウは おっかないかおをしています。
    でも・・・・本当はこわがりで 優しいんです
    森のみんなは イノサブロウが 強いと思っています

    森におばけが出たから助けてほしいと頼まれたのですが・・・・本当は怖くて・・・ オバケをみてこしをぬかすのです

    ところが オバケと思っていたのは 怪我をしたコクチョウだったとしり
    イノサブロウは怪我の手当をしてあげたいと思うのです

    でも・・・・ コクチョウはイノサブロウをみて怖がるのです

    見た目ではないけれどもこういうことあるかもね

    でも、本気で治してあげたいと思ったのが 伝わって  いろいろ工夫して変装(笑えますが・・・)までして 助けてあげるのです。

    とってもおもしろくて やさしいんだと分かってもらえて よかったね!

    見た目ではんだんしてはいけませんね

    ふくざわさんの絵が優しい顔しているんで、イノサブロウ こわくなかったけれどもね

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • イノザブロウの優しい気持ちにほっこり♪

    図書館から借りてきて、4歳と9歳の娘たちと読みました。

    森で一番おっかない顔をしているイノザブロウ。
    でも、見た目と性格が正反対でとっても怖がりなんです(^^;)。
    ところが森のみんなはちょっと勘違いをしていて、
    ある日イノザブロウに「オバケに噛み付かれたから助けて!!」と言ってきます。
    気の良いイノザブロウ、断れずにみんなと一緒に森のオバケの所へ行きますが・・・?!

    「人を見た目で決め付けてはいけませんよ〜。」と優しく教えてくれる本です。
    そしてイノザブロウの変装に笑わせてもらいました(^^)!
    娘たちもこの場面が一番気に入ったようです。
    イノザブロウさんの優しい心に、気持ちがほっこりしました。
    誤解も解けて、照れて真っ赤になったイノザブロウさんにまたまたほっこりしました(^^)。

    オススメの一冊です!

    掲載日:2013/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいお話

    このお話に出てくるイノザブロウさんはとっても怖い見た目なのですが、とっても優しい感じでした。うちの子はこのイノザブロウの事をとっても気に入っていました。みんなに優しくしている所なんかは、読んでいるこっちも心が温かくなる感じでよかったです。

    掲載日:2012/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が大好きです。

    ふくざわゆみこさんの描く動物が大好きで、この絵本もとっても素敵です。

    イノシシのイノザブロウは森で一番おっかない顔。でも、性格は正反対。
    ある日、もりのみんなに頼まれてボールを取りに行ったところ、怪我をしたこくちょうを見つけ、手当してあげたいとおもうんだけど、怖がられて近づけない。
    イノザブロウさんは、お花を抱えて行ってもダメで、変装していったら・・・・。

    とにかくイノザブロウさんの心優しい様子が伝わってきます。
    変装した姿は見ものです。
    人は見た目で判断しちゃいけないねって素直に思わせてくれる作品です。

    掲載日:2012/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • オバケ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子13歳

    優しい色彩と上品な画風のふくざわゆみこさんの作品。
    今回は強面のイノシシ、イノザブロウが主人公です。
    見かけによらず繊細な性格のイノザブロウ。
    見かけで怖い物知らずと思われているイノザブロウは、
    森の動物達からオバケのところのボールを取ってきてほしいと頼まれます。
    しぶしぶ出かけたイノザブロウが見たものは・・・。
    イノザブロウの優しい性格そのままの行動がとても素敵です。
    よく手入れされた庭の花々が象徴的ですよね。
    ほっこりとした友情を味わってほしいです。

    掲載日:2009/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心やさしいイノザブロウ

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子8歳

    おっかない顔をしていますが、実はとっても気が小さいイノシシ。
    でも、森のみんなは、勘違いしてる?
    それでも、イノザブロウの優しさでいっぱいのこのおはなし。
    「おばけ!」と、怖がられても、怖がらせないようにいろいろ努力する。
    本当に、優しいのね。
    その努力も、森の仲間に笑われてしまいましたが、
    コクチョウさんを助けることができました。

    ほんと、人を見かけだけで判断してはいけませんね。

    ふくざわゆみこさんの優しいタッチの絵では、
    イノザブロウさんも、可愛くて優しく見えますけど・・・

    掲載日:2008/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心やさしいイノシシのお話

    イノシシのイノザブロウは森のみんなから強くて頼れる存在だと思われています。体も大きいし、顔がおっかないから。(実際の絵はおっかなくないですけど・・・)
    でも本当はとってもこわがり。お庭にたくさんのお花を育てているのを見ただけでもイノザブロウの優しい性格が伝わってきます。

    自分のことをこわがる傷ついたコクチョウをどうやったら安心させられるかと奮闘するイノザブロウの姿が滑稽でおもしろいです。

    ふくざわさんの絵本は私も娘も大好きなのですが、中でもこの本は「オバケ〜」という言葉が出てくるせいか娘のリクエストが多かったです。

    掲載日:2008/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふくざわさんの作品

    ふくざわさんの作品だったのでこの絵本を選びました。他の絵本よりも背が高いのですぐに見つける事が出来ました。他の作品と同様この作品も幸せの流れる絵本でした。見かけと中身が違う主人公はユーモアのセンスも持ち合わせていてとても好感が持てました。怖がられないようにと主人公が取った行動は素晴らしいと思いました。正しく人の気持ちに立って行動が出来るお手本の様に思いました。この様な優しい絵本を押しつけがましく無くかくことができるふくざわさんはやはり素晴らしいなと思いました。ますますファンになりました。

    掲載日:2008/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼのとした温かさ

    私が好きなふくざわゆみこ。息子に読んでいるうちに、息子も名前を覚えたようで、今回は息子が借りてきました。

    強面だけど実は怖がりなイノザブロウ。「ブルくん」シリーズを思い出しました。イノシシだからみんなから強いと思われているのは、ちょっと辛いなあ。怪我をした黒鳥にイノザブロウはおばけと思われてしまってお気の毒様という感じ。

    イノザブロウは優しいので、何とか黒鳥を助けてあげたいと、変装をします。一生懸命なイノザブロウには申し訳ないけれど、おもしろいのです。

    優しいタッチの絵で、いつもほのぼのした気持ちにさせてくれるふくざわ作品。今回もほのぼのとした温かさが伝わってきました。

    掲載日:2007/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしいイノシシ、イノザブロウ

    • ポポロさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子8歳

    イノザブロウは森でいちばんおっかない顔をしています。
    でも、見た目と性格は正反対。
    こわそう、強そうなイノザブロウと森の仲間たちの
    楽しいお話です。
    見た目と違うということは生活の中でもよくあること。
    新しい友達を怖がらせないよう奮闘するイノザブロウに
    思わずエールをおくりたくなりました。
    ふくざわさんの描く作品は、いつも色あざやかで安心して楽しめ、
    読後もとってもすがすがしい感じがします。
    本当にやさしさってなんだろうと小さい子どもでも
    考えられるところがステキだなあと思います。

    掲載日:2007/07/11

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット