なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
しろりりんさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

くいしんぼうのあり」 みんなの声

くいしんぼうのあり 作・絵:クリス・ヴァン・オールズバーグ
訳:きじま はじめ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1989年
ISBN:9784593502363
評価スコア 4
評価ランキング 19,932
みんなの声 総数 5
「くいしんぼうのあり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アリの苦難

    アリの目から見た世界ってこうなのでしょうね。
    列をなして歩き続けるアリの習性やら、はぐれたアリを妙なところで見つけることやらを、アリの世界から見ると大変なことなのだと、感じ入りました。
    ちょっとはめを外したアリの大冒険は、かわいそうですが笑ってしまいました。
    人間の意地悪も込められているような気がします。
    不思議な絵も印象的でした。

    掲載日:2016/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • アリの質感がすごい

    クリスマス絵本の定番・『急行「北極号」』の著者の絵本だということで借りてみました。
    アリからみた世界がとても新鮮で
    なんと言ってもワイヤーで作られたようなアリの質感が面白いです。
    キラキラした物がお好みという女王アリの好みに答えようと懸命に旅をする
    アリたち。
    どこに出かけていくのだろうと思ったら
    無機質な景色が。
    人間の家の中にずんずん入ってきては奔放に動き回る。
    人間からみたら「いったいどこから入ってくるの?」って思っちゃいますけど
    人間達が何気なく利用しているものもアリからしたらこんな風に見えるんだなと思って楽しかったです。

    掲載日:2009/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなのアリ!?

    • イザリウオさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    そろそろアリの季節だなあと思って図書館から借りてきました。小3の長男は虫が好きなので、楽しめると思ったのです。
    物語は、アリが見つけたとてもおいしい食べものを、みんなでとりに出かけ、その道中のハプニングを、アリの気持ちになって書いてあります。
    この人は「ジュマンジ」を描いた人で、絵に特徴があり、また迫力があります。
    つい、アリばかり見てしまいますが、情景がよく描かれていて、絵本だけれどアニメーションを見ているような気分になりました。
    二人とも興味深く聞いていましたが、絵がカラフルではないので、ちょっとそれがイマイチだったようです。

    掲載日:2008/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありの目線で・・・

    オールズバーグの作品にしてはカラフルでもない、
    版画調の挿絵。そこがあり目線のお話しのありが通る道の
    風格を現してるように感じます。
    ここでもさすが!オールズバーグ!!って感心しちゃいました。

    ありからみると、確かにそうなのかも?ってのがたくさん出てきて
    冒険心いっぱいのありさんのハラハラしてくるお話しに
    思わず目が離せません。
    また、大冒険の末にみえてくる本来、大事にしてた物の
    大切さも感じ安心感も得られます。

    ありから見た人間の生活の描写もこれはなんだろう?って言いながら
    読み進めると、小さいお子さんでも充分に楽しめるお話しになってると思いますよ!

    掲載日:2007/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありの世界にようこそ

    きらきら光る何か・・・に惹かれて危険な冒険に巻き込まれてしまった二匹のアリ。私はページをめくるたびに、これは最悪な結末になるんじゃって思いました。でも奇跡が起こります。

    ストーリーはそれほど魅力があるとは言えませんが、アリの視点から見た大きすぎる世界が絵の中で上手に表現されていて見事です。カラフルでないけれどインパクト十分!
    こどもから見た大人の世界もまた大きいもの。彼らが自分より小さい存在に目を向けた時、どんな風に感じるのでしょうか。もっと冒険したいと思うのかなぁ。絵本ではハッピーエンドですが、実際の世の中はそう甘くないって事だけは伝えたいですね。けれど好奇心のアンテナを張り巡らせる事はとても大事。私はこの絵本を読んだあと、ふだん何も考えずに紅茶に入れている砂糖を「あぁ確かにきらきらしてる!」とわくわくしながら見つめました。ハラハラするけれど同時に楽しい、そんな絵本です。

    掲載日:2007/05/04

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / げんきなマドレーヌ / はじめてのおつかい / くまのがっこう / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



木村カエラはじめての絵本出版記念連載

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット