ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

くるくるくるん」 みんなの声

くるくるくるん 作・絵:八木マリヨ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\362+税
発行日:2005年
評価スコア 3.7
評価ランキング 29,953
みんなの声 総数 9
「くるくるくるん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 赤ちゃんにもおすすめ。

    赤、青、緑と(その他の色もでてきますが)色使いが単純で
    ”くるっ”という擬音語が心地よいので1歳になったころから
    読み聞かせました。

    色の動きが生き生きしていて、よくじーっと絵本を見ていました。
    擬音語にリズムをつけて絵を描くように、時には手遊び風に
    読みきかせをすると喜びました。
    今では自分でくるっと言ったりまわってーと言ったりして
    遊んでいます。
    3歳からというよりむしろ赤ちゃんが喜ぶ本だと思います。

    掲載日:2009/10/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 一緒にねじりましょう!!

    この本を読んであげたら、うちの子はなんでもねじり始めました。服をねじったり紐をねじったりと、とっても楽しそうでした。ぜひみなさんも紐などねじりやすいものを準備してこの絵本を読んでみてください。きっと楽しいですよ。

    掲載日:2011/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鮮やかな色を使った表紙が素敵だったのでこの絵本を選びました。毛糸がどんどん絡み合っていく様子が臨場感があって素敵でした。まるで友達になるかのように1本になっていく様子が良かったです。時には優しく時には大胆に絡み合っていく様子に目を奪われました。まるで生命を得たかのように動く紐が躍動感があって良いと思いました。

    掲載日:2009/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 二つ編み、三つ編みに・・・・

    「するー」「するするするー」って緑の線と赤い線・・・・・

    途中で、踊りながら楽しく二つ編みになったよ!

    とこまでも二つ編みが続くのかなあ?

    今度は、青の線が勢いよく飛び込んできて三つ編みになったよ・・・・

    真剣に絵に見入っていた孫が後を向いて私の顔を覗き込みました。

    それからは、ページを捲るようになりました。

    2回目、3回目は、もう自分でページを捲るのに懸命な孫でした。ぐる

    ぐるぐると縄になっていくのが面白かったみたいです!

    色彩のだんだんと多色になっていくのも面白かったみたいです。

    踊っているみたいで楽しい気分にさせてもらいました。

    擬音語も面白いし、色にも惹かれるからあかちゃんからお薦めの絵本で

    す。シンプルですが奥が深いと思いました。

    掲載日:2009/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外に1歳の子にウケました

    • だかりんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子3歳、女の子1歳

    まだ絵本を読んでもあまり関心を示さず、上の子に読んでいてもページをめくりたいだけで邪魔をするといった感じだった下の子に何故か大ウケの絵本でした。
    対象が3才〜となっているのですが、うちの娘は1歳ちょっとくらいでした。擬音がいいのかな、と思ったのでちょっと大げさに節をつけるような感じで読んであげると大喜びで笑っていました。

    その後同じような擬音の絵本を読んであげると良く似た反応でした。
    単純な色使い・内容もいいのかも知れません。

    掲載日:2009/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • しなやか

    赤・緑・青の線が織りなす素敵な絵本です。

    赤と緑がくるんくるんと回って縄になっていくというお話です。
    とっても単純な絵本ですが、奥深く感じました。
    紐のしなやかさや躍動感が溢れていて面白いなぁと思いました。

    最後の方にはカラフルになっていくのですが、個人的には赤と緑の2色で構成して欲しかったです・・・。

    一度は子どもたちに読み聞かせてあげたい、オススメの一冊です☆

    掲載日:2008/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ん?でも見ちゃう

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子2歳

    初めは赤と緑がくるくるくるるん。青がやってきてぐるるん。最後はカラフルな螺旋状。
    筆に絵の具を含ませてグルグル書いた絵が思わず「なんだこりゃ?」と思わせますが、ついつい最後まで見入ってしまうとっても単純な絵本です。
    ただ、3歳から向けというよりも3歳までの絵本な気はしますね。

    掲載日:2007/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自由な線

    えのぐの色に、「自由に描いてごらん」と言ったら、こんなふうに、のびのびと、踊るように紙の上を滑っていくのかな?と思いました。えのぐが、くるくると絡み合って、線を描いていくだけの本なのですが、娘は、「あかいけいとは、あったかそうだね。あかいけいとがくっつけば、みどりのけいとも、あったかくなるね。」と言いました。子どもの感性で見ると、もっといろんなものが見えてくるんですね。色だけの本ではない、ということを娘が教えてくれました。

    掲載日:2007/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな色

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子9歳、女の子7歳

    すっ〜と絵筆で描かれたきもちのいいヒモ。
    それがどんどんあわさって・・・。
    いろんな色が組み合わされ、太くなり、ラセンのように渦巻いていきます。
    言葉のおもしろさも手伝い、どんなになっていくの〜〜とワクワク。
    娘は最後の大きな渦巻きを見て、
    色を言ったり、指で渦巻きをなぞっていました。
    娘「いろんな色があるねぇ。」

    掲載日:2007/05/06

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(3.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット