ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ちびうさぎ」 みんなの声

ちびうさぎ 作:キャサリン・アリソン
絵:ピアーズ・ハーパー
訳:栗栖 カイ
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2007年04月
ISBN:9784893094070
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,619
みんなの声 総数 5
「ちびうさぎ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ふわふわ

    このお話の動物の部分が全部フワフワ加工になっていたので、子供は終始なぜなぜしながらお話を楽しそうに聞いていました。ストーリーは、ちびウサギが自分の家族が一番っていう事を確かめたお話だったので、うちの子は「やっぱりウサギはウサギたちと一緒に暮らさないと!」って納得していました。

    掲載日:2013/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ホッとしました♪

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    あれ?光ってる?違うな・・・
    あっ!?触察絵本?
    と、本屋さんの正月コーナーで見つけて
    すぐに手に取りました(^^ゞ

    この感覚ではないような気もするけど
    それは、本物と出逢った時に
    各自が感じればいいこと

    内容的に
    子どもの頃、考えそうなことですよね?
    皆さん考えたことありませんか?

    実は、私はいとこの家やよその家に泊まりに行って
    いろいろ気付いたりした経験があり

    よその家の方が大切にされるのでは?
    かわいがってもらえるのでは?
    楽しいのでは?

    でも・・・でも・・・やっぱり

    同じだぁ〜と、とても感激してしまいました
    家族の大切さを改めて気付かせてくれます

    掲載日:2011/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族のあたたかさを感じられます。

    • カミキレンさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛媛県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子2歳

    ちびうさぎが、家族のもとを飛び出し、自分にぴったりの家族をさがすお話しです。
    でも、出会うどの家族もちびうさぎの家族とは少しずつ違うのです。
    自分のいる場所は、やっぱりうさぎの家族!
    それは、わたしたち自身にも言えることですね。
    やさしいタッチの絵。そして、赤ちゃん絵本のように出てくる動物に触れて楽しむことが出来ます。

    掲載日:2008/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • さわって遊べる絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    但し書にある通り、「さわって あそべる ふわふわ えほん」
    シリーズで、ちびくま、ちびひつじがあるようです。

    この手の絵本は、別の作者でくまのものを読んだ記憶がありますが、それでも数は少ないはず。
    子供って、特に小さいうちは手の感触って大事ですから、汚れるのを気にしなければ、文字がわからなくても十分楽しめる絵本だと思います。

    ストーリーは、主人公のちびうさぎが、自分を大切にしてくれる家族を探すというもので、ありがちな展開で結末もやっぱりの内容でした。
    物語を楽しむというよりは、手で触感を楽しむという主旨の絵本なので、文章が多いのですが1〜2歳からでも気にいってもらえると思います。
    1歳ぐらいのお誕生日プレゼントに良いかも知れませんね。

    掲載日:2008/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 出産やお誕生のお祝いに贈りたいな。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳、男の子9歳

    お買い物の途中で ふらっと寄った本屋さんでこの本に出会いました。
    最初 全く気がつかなかったのですが
    数ページ読んだ所で 偶然ちびうさぎに手が触れて
    ハッとしました☆
    なんと この絵本…
    登場するどうぶつ達に 触れる事ができるんです!
    ふわふわ…というか もこもこ…というか…
    なんとも気持ち良いさわり心地です。
    まだ ハイハイしてる様な赤ちゃんからでも
    楽しめそうな絵本だと思いました。
    そして 出産やお誕生日のお祝いにも喜ばれそう…
    お話も 家族と過ごすことの幸せを 再確認する内容で
    心温まるものでした。
    他にも数冊…シリーズで出ているようです。
    是非そちらも読んでみたいと思いました。

    掲載日:2007/05/17

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / きょだいな きょだいな / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット