なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

マドレンカ」 みんなの声

マドレンカ 作・絵:ピーター・シス
訳:松田 素子
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2001年
ISBN:9784892385988
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,734
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 異文化の体験

    不思議な絵本です。

    独特の視点から町を眺めた絵。

    街をぐるっとまわるうちに世界を旅している。いろいろな世界の人が住んでいる、ニューヨークの街。

    その街で出会った人の背景にある文化。

    そういうものに触れる機会のなかなかない日本では、この本にあるような異文化の体験をもっと子どもに伝えられたら、と思う。

    掲載日:2015/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 窓の向こうのマドレンカ

    なかなか洒落た絵本です。
    本の中で窓越しにマドレンカを見ながら話が進んでいくので、マドレンカと窓に関係があるのかと思ってしまいましたが、それは日本ネタのダジャレですね。
    大空からの鳥瞰図をズーンとズームインしていくと、建ち並ぶビルの一つに住むマドレンカが見えてきました。
    乳歯がぐらぐらしてきたことを伝えたくて、街に飛び出したマドレンカですが、いろんな国の人が住んでいます。
    そしていろんな言葉で挨拶してくれて、ニューヨークにはいろんな国の人が住んでいる事を感じました。
    フランスのページには『星の王子様』、ドイツのページにはグリム童話、隠されている物をを見つけるのも楽しめました。

    掲載日:2015/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなきいてきいて!

    小さいマドレンカの嬉しい大ニュースをみんなに知らせたい。世界中のみんなに!

    まわりの大人のマドレンカの呼び方が国によって違い、親しみを込めた愛称であることで、地域や人々の繋がりを表しているようで嬉しくなる。
    絵の構図や見せ方の構成が楽しい。1冊に色んな国の文化が紹介されており、何度もじっくり見たくなる。

    世界中の大人たちは、世界中の子どもたちの成長を見守り、みんなで育てていかれるような社会を作りたいという作者の願いも込められているような気がします。

    掲載日:2015/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人種のるつぼ

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳

    まだ行ったことのないアメリカ・NY。
    こんなふうに様々な大陸・国・文明を背景にした人々が暮らす町なんですね。
    そんなことが手に取るように分かる絵本です。

    冒頭の、NY全体を上から眺め、だんだん視点が近づいていく感じ。
    そこから何かわくわくして、息子も「なんか、面白そう」とページをめくり始めました。

    マドレンカの家があるひと区画をぐるっと廻るにつれ、建物の絵も回転していきます。
    話しかける近所の人たちの文化がイラストになってて・・色味を抑えた絵がセンス良くてすてきです。
    イタリアはとびきりカラフルなんだな・・とか、ドイツは深い緑の森のイメージ
    なんだな・・とか。ピーター・シスさんのイメージなのでしょうか。

    また、マドレンカの名前も呼ぶ人によってマドレーヌだったり、マデラだったりするのが興味深いですね。きっとマドレンカもそんないろんな呼ばれ方にも馴れ受け入れているのでしょう。

    小学生の息子にもこういういろんな世界観を受け入れる大人になってもらいたいな、と思いました。

    掲載日:2013/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幻想的な絵に見とれてしまいました。

    • ハリボーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子8歳、女の子5歳

    かわいらしい女の子と、その周りを囲むデッサン調の街並みの絵がとても印象的で、子ども用というより、私が
    じっくり見たいなと思い、図書館で借りてきました。

    マドレンカが歯が抜けた喜びを街中の人に知らせて歩きます。パン屋さんや新聞屋さん、八百屋さんなど、皆、
    いろんな国々から来ていて、その国の言葉でお祝いの言葉をかけてくれます。そして、その国の印象的な絵が
    描かれているのですが、その絵がどれもとても幻想的で美しく、見とれてしまいました。

    自分用に借りたものの、マドレンカというかわいい女の子が主人公で、普段見慣れない国の人々や言葉が出てきて、娘も興味津々で、これはどこの国の人かなぁ?などと、楽しんでいました。

    掲載日:2012/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 世界を感じさせてくれる絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    ピーター・シスは、1996年「星の使者」、1999年「Tibet: Through the Red Box」(未訳)、2008年「かべー鉄のカーテンのむこうに育って」と3作品でコールデコット賞オナー賞を受賞しています。

    主人公のマドレンカは、ニューヨーク在住。
    その家を、上からも下からも描写するのが斬新。
    そのマドレンカは、歯がぐらぐらするのに気がついたところ。
    みんなにしらせなきゃと、マドレンカはアパートの階段を駆けおります。
    歯がぐらぐらするって、やはり嬉しいもので、みんなにその嬉しさを伝えたいと思うのは万国共通なのでしょう。
    それからお店を回るのですが、それが人種のるつぼのニューヨークらしく、世界各国の人に伝えることになるのです。

    パン屋のフランス人のガストンさんの挨拶は、「ボンジュール」
    新聞屋のインド人のシンさんの挨拶は「サット スリ アカール」
    アイスクリーム屋のイタリア人のチャオさんの挨拶は、「ボン ジョールノ」
    ドイツからきたグリムおばさんの挨拶は、「グーテン・ターク」
    花屋のラテンアメリカから来たエドワードさんの挨拶は、「オラ」
    アジアから来たカームおばさんの挨拶は、「タシデレ」

    マドレンカを祝福する人たちの故郷は、世界中の国々。
    みんなは、それぞれの国の言葉で挨拶して、歯が抜けることを喜んでくれるのですが、マドレンカは「これって、人生最高の日だわ!」って思うのです。

    お店屋さんのシーンは、ページの真中に穴が空いていて、次のページを覗くことができます。
    そして、ページをめくると、そには、その国の表す絵が一面に広がっているのです。
    良く見ると、実に精緻なもの。
    例えば、フランスのページでは、星の王子さまや長靴をはいた猫が描かれているくらいです。

    ちょっと世界を巡るという部分は難解ですが、その雰囲気を感じるだけでも良いと思います。
    世界には、いろんな人種や国があることを少しでも理解出来できたらしめたものではないでしょうか。
    読み聞かせする際に、説明が必要かも知れません。

    掲載日:2011/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ピーター・シスさんは プラハ生まれなのに
    こんな 世界中の国が出てくるなんて とてもおもしろい絵本でした。

    はじめの 地図も 気に入りましたし、宇宙のなかの ある惑星の ある大陸の ある町の ある建物の  ある窓の中に ある雨の日 ひとりの 女の子が いた なまえは マドレンカ

    絵がふしぎ お話の展開も ユニーク

    歯が ぐらぐらするの!

    絵は 安野さんの不思議な絵とにているところもあり

    世界の パリのエッフェル塔や 凱旋門が出てくるかと思うと パンや チョコレートケーキが出てきて 見ていて楽しめます。

    しかも 仕掛け絵本で 色遣いがおもしろいのです!

    インド人が表れたり イタリアのピサの斜塔や ベニスなど いろいろな世界が楽しめるのは 最高です!

    人生最高に日だわ! 
    マドレンカは 思うのです!

    歯が抜けて 家に帰るのですが  お父さんとお母さんは マドレンカ! いったいどこにいってたの?

    世界をまわってたの。

    私も マドレンカのように 世界を旅するのが夢で〜す!

    この絵本は 私の 旅の夢をかき立てる絵本でしたよ!

    世界好きの方におすすめで〜す!

    掲載日:2009/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぐらぐらするのよ〜!

    • たれ耳ウサギさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子18歳、女の子16歳、女の子14歳

    私の中では、ピーター・シスの絵本に登場する人物は無表情…な印象が
    あって、にっこりと微笑む女の子の表紙を見たとき、その意外性に
    思わず借りてしまいました。

    ある雨の日、マドレンカは家を飛び出していきます。
    行き先は自宅の回り中のおともだち。(でもほとんどおとな)
    「あのね わたし 歯が ぐらぐら するのよ!」とみんなに
    お知らせするためでした。

    お話自体は何にも意外性はありません。
    が、マドレンカを見守るコミュニティーの人達がみんな良い味の
    キャラクターを出しているのです。
    世界中から集まった人達です。
    まずはお国言葉であいさつをして、みんなが口々に言います。
    「そりゃ、おいわいしなくちゃね。」「「そいつぁ よいしらせじゃ」
    「きょうのアイスは おごってやるよ」「やったね じゃぁあそぼう」
    などなど

    ちょっとしたしかけ絵本です。マドレンカがお友達の出身の国を
    楽しめるようなしかけです。
    始まりが「宇宙の中の…」であったり、四角い本の隅々までを余す
    ところなく使っていたり、シスらしさ満載のこの本大好きです。

    ニューヨークの片隅のお話のようです。
    世界中の人達が一区画に住んでいるのです。
    シスの描く日本が見たいと思いましたが、アジアでくくられて
    いました。

    わが子の歯が抜けそうになった時、成長の証だからお祝い!なんて
    一度も考えたことがなくて、ちょっと反省しました。

    掲載日:2009/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歯が抜ける喜び^^

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子4歳、女の子2歳

    ???難しいのか・・・不思議なのか・・・ぶっ飛んでいるのか・・・???
    状況を把握できずチンプンカンプンでした。^^;

    マドレンカのもうすぐ歯が抜けるという嬉しい気持ちがよく伝わってきます。
    世界中で祝ってもらって、初めて歯が抜けるという事はめでたく特別な事なんだなぁと感じました。
    大人にとってはさほど大した事でもないけれど、子供にとってはすごい事なのかな?^^

    マドレンカの気持ちがかわいくってね。
    その気持ちに答えてあげれるよう、息子が歯を抜いた日にはお祝いしてあげようかな♪と思いました。

    ちょっとしたしかけ絵本になっているのですが・・・謎なんです・・・。
    色々な世界の色んな言葉の挨拶やその国にちなんだ特産物や伝統、どんな国なのか・・・
    知る事ができます。
    でも日本は出てこないのでよくわからなかったです^^;
    不思議な絵本でした。

    掲載日:2007/10/01

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / 給食番長 / ペチューニアのうた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット