もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ゆうかんな ゆうきちゃん」 みんなの声

ゆうかんな ゆうきちゃん 作・絵:アニタ・ジェラーム
訳:おがわ ひとみ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\971+税
発行日:1996年
ISBN:9784566003590
評価スコア 3.43
評価ランキング 36,409
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ゆうかんなねずみですが・・・

    ゆうかんな ゆうきちゃんとは 
    勇気があるねずみですが・・・・  みんながこわがることも なんでもやろうとするんです
    ねこのすずをとる こんな話があったような・・・
    でも ねこも黙ってはいません  命がけの 行為です
    ハラハラドキドキ感が
    ラスト ねこの目が こわいですね〜
    ねことねずみは天敵ですから

    ゆうかんな ねずみのゆうきちゃんのお話です

    みんなはこの絵本で勇気もらえたかな??

    掲載日:2015/09/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごっ!!

    このお話に出てくるゆうきちゃんは猫も恐れずに果敢に挑んでいきました。その姿を見たうちの子は、「すごっ!!」って言って興奮していました!!女の子なのに勇敢って言う設定もとっても面白かったです。かわいいねずみたちのお話でよかったです。

    掲載日:2012/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勇気の定義が難しい

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    この絵を見て、ピンと来た方も多いはず。
    そう、「どんなに きみがすきか あててごらん」の絵を描いたアニタ・ジェームスの作品です。

    主人公のねずみのゆうきちゃんは、みんなが怖がって出来ないことが出来るという設定。
    塀の上を歩くとか、虫を食べれるとか、これって勇気?と思えるようなシーンが続きます。
    そこで、みんなが本当の勇気を試そうとしたのが、ネコの首輪の鈴を取ってくるというもの。
    それこそ、これって、勇気どころか命がけの行為。

    結末は良いものの、思い起こせば小学校の時に自分もこんなことで、友達と遊んでいたことがあります。
    1つ間違えば、大惨事に繋がるもので、何処の国でも同じなのかと思いつつも注意しておきたいお話です。

    話の盛り上がりも欠けているので、内容とともにあまりオススメできるものではない気がしました。

    掲載日:2012/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 頑張れ

    勇敢なねずみの女の子ゆうきちゃん!

    よく頑張ったなあって思いました。

    猫の鈴を盗ってくるなんて勇気があったなあって感心しました。

    本当は怖かって「そんなこと 出来ないわ!」って断ったゆうきちゃん

    ですが、「ゆうきちゃん、勇気ない!」って笑われた。

    意地のある勇気ちゃん。

    命の方が大切だから、あんまり無茶しないでほしいと思いました。

    負けず嫌いで、努力家なんだと思いました。

    あまのじゃくのてんこちゃんも登場して、親近感が沸きました。

    掲載日:2009/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • がんばれゆうきちゃん!

    • ユナママさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子5歳、女の子3歳、女の子1歳

    勇敢なねずみの女の子、ゆうきちゃん。
    ねずみに追いかけられるところを読んでいる時に子供の顔を見ると、とても不安そうで思わず吹き出しそうになりました。
    内気なわが子たちに、ゆうきちゃんの勇気を分けて欲しいなと思いながら読んでいました。

    掲載日:2007/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『あまのじゃくのてんこちゃん』の姉妹版

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳

    『あまのじゃくのてんこちゃん』の姉妹版のような絵本で、てんこちゃんも主人公の友人の一人として登場します。
    勇敢なねずみの女の子、ゆうきちゃんがどんなに勇敢かということ、そして勇敢な故に試練を受けることになることを面白く描いています。
    まるで肝試しのような勇敢証明冒険の、なんとハラハラドキドキすること!
    小さいサイズの本なのに、大迫力です。
    そして、ゆうきちゃんの冒険を私達も自分の冒険であるかのように、手に汗を握って見守ります。
    でも、とても頑張ったゆうきちゃんには申し訳ないのですが、大迫力のわりに、盛り上がりには欠けるような気がしました。

    掲載日:2007/05/22

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット