あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

みつばちのシドニー」 みんなの声

みつばちのシドニー 作・絵:アラン グレ
訳:おおせこのりこ
出版社:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテインメントジャパン合同会社
本体価格:\1,500+税
発行日:2007年04月
ISBN:9784862354013
評価スコア 2.5
評価ランキング 66,134
みんなの声 総数 1
「みつばちのシドニー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • とおまわりでわかりにくい

    3歳11ヶ月の息子に読んでやりました。はちみつに関連した本を読んでやりたいとおもったのに、ちょっと的外れ。題名はみつばちでも、みつばちが登場するのは最後だけ。そこにたどりつくのにはかなり遠回りで、なぜそのような展開をしているのかさっぱりわかりません。また、文章もフランス語と併記しているので、ちょっとまどろっこしい。逆に、息子に昔少し勉強したフランス語を読んでほしいとせがまれ、下手な発音でぼそぼそいうのがいやでした。

    このストーリー展開、ある国のある街のある交差点のあるバスのある乗客の後ろの箱の中の花束の中にいるはち、もしかしたらフランス語を勉強している人たちへの教科書なのかもしれない!と思いました。そうでないと、ストーリーとしてはなにもおもしろみがありませんし、なぜみつばちとうたいながら最後まで登場しないのか、そしてそのはちに焦点をあてなくてはいけなかったのかを説明できないからです。残念ながら、息子にはちんぷんかんぷんな絵本でした。はちだとおもって楽しみにしていたのに、ぜんぜん登場しないからです。子供にはあまりお勧めできませんね。

    掲載日:2011/07/25

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(1人)

絵本の評価(2.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット