まじょまつりにいこう まじょまつりにいこう
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
うさぎは、ねこしかさんかできないまじょまつりにいきたくてしかたありません。そうだ!へんそうすればいいんだ。ところが・・・・・・。

ちいさなきのねがい」 みんなの声

ちいさなきのねがい 作・絵:エリック・バテュ
訳:神沢 利子
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2004年
ISBN:9784577028636
評価スコア 4.2
評価ランキング 16,557
みんなの声 総数 9
「ちいさなきのねがい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自分のペースで

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    早く花を咲かせたい小さな木のお話です。

    後からうまれたともだちの花を見て、自分も早く花を付けたいと願うちいさなき。
    なかなか花ができませんが、ちゃんと少しずつ成長していることに気が付いていなかったんですね。
    ともだちの花とのやりとりがほのぼのとして、優しい気持ちになれます。

    やっと願いがかなうころには大きく成長をしていた木。
    少しずつ自分のペースで生きていけばいいんだよと、教えられた気がしました。

    掲載日:2009/02/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • よかった りっぱにみをつけて

    小さな木は、どうなるのだろうって、ワクワクして読むのを早いペースで読み終えてしまいました。大人にも魅力のある絵本です。読み終えてからほっとして、今度は安心して、のんびりのんびり読んでやりました。ちいさなきを、孫の成長とだぶりこの本から、希望をいただきました。
    人それぞれに個性があり、人並みに成長できないのも、そのこの個性だから、気長に、辛抱強く、一日一日を、大切に生きていこうと思います。本は、勇気をくれるし、希望ももらいました。この本の、ちいさな気のようにいつかきっとみのなることをしんじたいとおもいます。

    掲載日:2008/05/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 小さな木が芽を出し 幸せ感じていたのに・・・・
    ある日 緑の草が芽を出して ぐんぐん成長してきれいな赤い花を咲かせました
    羨ましいなあ 木はそう思いました
    (人の花は赤い・・・・そんな心境かな〜)
    また冬になり 春が来て だんだん木は大きくなっているのですが・・・・・
    まだ花は咲きません
    草には また花が咲いています
    木の心境は 羨ましくて・・・・
    また冬を迎え春を迎え    木はずいぶん大きくなりました 
    とうとう 木は たくさんの花を咲かせたのです
    いいにおいを ふりまいて   木はやっと ニッコリ笑うことができました
    願いが叶ったのですね
    時間をかけて やっときれいな花を咲かせたのですね
    ホットしました

    絵の中に 木の気持ちが 込められていて 共感できます       ステキな絵本でした


    掲載日:2017/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 紙芝居のような楽しさ

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     小さな本の中に芽吹くちいさな木が、1本の草花と対話しながら大きくなって、やがて花をつけるお話。切り絵のやわらかい手触りが伝わります。ページを繰るごとに時間が進み、まるで紙芝居のようにたのしい。物を言わない草木だけれど、本当はこんな風にささやきながら、毎日を生きているのかなあ。庭や公園で、そっと耳をそばだてたくなる。見返しの、お日さまと雲と野原のシーンから、もうお話は始まっています。感謝

    掲載日:2015/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大輪の花

    このお話はきれいな花を咲かせたいと思っている小さな木の苗が主人公のお話でした。きれいな花を咲かせる花に励まされながら大きな木になって、たくさんのきれいな花を咲かせていました。うちの子はこのお話を見て、「こんなにおっきな木になるんだね!」って言って驚いていました。

    掲載日:2014/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ホッとします

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子5歳、男の子4歳

    ある意味オーソドックスなんですが、なんだかホッとする絵本だなと思います。シンプルで温かみのある絵のせいかな?
    どんな大木も、最初はみんなこんなに小さな木だったんですよね。時間の流れというのは誰に対しても平等で、幸せを連れて来てくれるものなのだと感じました。
    親子で楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼくの花を咲かせたい

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子16歳

    一人ぼっちで芽吹いた小さな木。
    ある日、隣に別の草が芽吹いたので喜びますが、その草が花を咲かせるようになると、
    コンプレックスを感じてしまうのですね。
    でも大丈夫。
    時がたつと、立派に成長した小さな木はたくさんの花を咲かせていたのです。
    貼り絵のコラージュでしょうか。
    独特の絵の世界が印象的でした。
    周りと比べなくても、ちゃんと時が来れば自分も成長する、ということでしょうか。
    じんわりとした読後感でした。
    子どもにはやや抽象的で、わかりにくいかもしれませんが、
    成長、ということを感じ取ってもらえそうです。

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • まつことの意味をおしえたい

    • ひーちゃんさん
    • 40代
    • ママ
    • 広島県
    • 女の子10歳、男の子6歳

    ついつい 結果を求めて
    早く答えを出したがる事が多いですが、
    この本で願いをもち夢を持ち続けて
    辛抱して 今を元気に過ごすという
    とても基本的な事を教えてくれます。

    まつことも大切。
    淡々とした日々の繰り返しも
    実はとても意味があるよねっていう
    前向きな会話ができました。

    掲載日:2012/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • きんもくせいみたい。

    • EMRHさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    木と花のお話で、二人のやり取りが楽しい絵本です。
    最後に木が枝いっぱいに花をつけいいにおいを振りまくのですが、息子は最近よく咲いているきんもくせいの木みたいだねと言いながら見ています。
    切り絵のようなシンプルな絵もほのぼのします。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



初めて見る者同士の友情、親子の愛情。読み聞かせにもプレゼントにも!

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット