しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

新装版 かえって きた きつね」 みんなの声

新装版 かえって きた きつね 作:岸田 衿子
絵:中谷 千代子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2007年04月
ISBN:9784061323421
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,475
みんなの声 総数 8
「新装版 かえって きた きつね」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おかしみを漂う

    大きな木の近くに住むきつねととりとももんがー。

    大きな木というすみかを中心としたコミュニティーのようにも見えて来ます。

    きつねが捕まってしまうというアクシデントもありますが、仲間同士のつながりの深さを感じました。

    どことなく牧歌的で、静かでのんびりとした空気感もありながら、おかしみも漂うそんな話でした。

    岸田衿子さんと中谷千代子さんのコンビの絵本は意外に多く、お二人はお友達だったということもあるらしく、お互いの作品の世界観をよく理解しておられたのではないかと思います。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだかほっとする話です

    中谷千代子さんの絵が好きなので借りてきました。

    一本の木に暮らすモモンガーと小鳥ときつね。普段はあまり関係を持たずに共存しているのですが、きつねが帰って来ないと皆心配して助けに行くという展開です。

    派手な事件ではありませんが、檻に閉じ込められたきつねを救い出すというのは子供にとっては充分ハラハラする出来事のようです。

    息子は息を殺して聞いていて、読み終わったらふぅ〜と溜息をついていました。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静かな横顔

     あの「かばくん」のゴールデンコンビによるお二人の作品。
    でも、絵の雰囲気が、ずいぶんと違っていて、新鮮さを覚えました。色鉛筆で描かれたような淡く繊細な印象の絵。
    色とりどりの小鳥たちは「ジオジオのかんむり」にも出てきますが、物語全体をしあわせ色に染めてくれているように見えます。

     そして、自分の存在を強く主張することはないけれど、森の風景の大切な一部分になっているようなきつねの静かな横顔が、自然とともに生きることのすばらしさを語っているようでした。

    掲載日:2010/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだか、よそよそしいけど…

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    峠の上の大きな木に、きつねと、ももんがーととりが住んでいました。
    それぞれの場所で、それぞれに生活していました。ところが、ある日、番人役のきつねが、つかまってしまったのか、戻ってきませんでした。

    よそよそしい態度をしながらも、相手を気遣っている様子が、何気ない素振りから伝わってきます。捕まってしまったきつね、相手は人間ですが、どうなるんでしょうね。
    温かみを感じる文章、そして絵の世界は、作家のおふたりの最高のコンビネーションから生まれたこと間違いなしです。

    掲載日:2010/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族愛

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子9歳、男の子7歳

    表題の‘かえってきた‘とは、どこから帰ってくるのかな?と思いながら読んでみると、きつねは人間につかまって檻に入れられてしまうのですが、見事に自分の巣穴にもどります。
    それを心配していることりやモモンガの姿は、まるでキツネの家族のよう。
    派手さはないけれど、絵も色がきれいで素敵だし、なかなか良いんじゃないでしょうか。

    掲載日:2009/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • おかえりなさい きつねさん

    峠の大きな木に住むももんがー、鳥達、一匹のきつねの交流を描いたとてもすてきなお話です。普段は、そんなにも交流がなくても、きつねがいなくなるととても心配して毎晩ももんがーが、きつねをさがしにでかけていく。一緒に住む仲間意識がそうさせたのでしょう。
    きつねも、一緒に住んでいるアパートの住人という感覚で、ひなや卵
    をねらったりしません。動物たちに見習わなくてはいけないと思います。昔の長屋感覚なのがすきです。
    ももんがーの泣き声にきつねが勇気づけられ、きつねはどうしてもみんなのいるところに帰りたくなったんだと思います。
    いつも側にいるとそれが当たり前のようになってしまう。
    いなくなってはじめて気づく事のある。
    その大切なことを教えてくれる絵本です。

    掲載日:2008/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • れんげ色の夕焼け。

    動物たちのアパートのような一本の木に棲む動物たちのお話です。
    その木の番人のような存在のきつねが主人公。
    きつねといえば、ずる賢くて意地悪なイメージですが、このお話ではちょっと違っています。
    「知り合い」程度でも、いつもそばにいる人っていつまでもそばにいて欲しいものなんだなあと感じました。
    そして、本人はそんなつもりなくても、人に迷惑をかけてしまっている事もあるっていう事も学べました。

    掲載日:2007/10/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心を寄せ合う仲間

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    峠の上のある大きな木には、ももんがーときつねと鳥たちが住んでいます。

    それぞれが、深い交流をしているわけではないですが、お互いを思いやっている姿にじーんとします。

    厚い関係の友情の物語が多いですが、この絵本は淡々としていて新鮮です。
    いざという時に思いやれる関係がいいなと思います。

    掲載日:2007/10/03

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット