十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

くすりになるくさやき」 みんなの声

くすりになるくさやき 作・絵:田畑一作
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1983年
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
「くすりになるくさやき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 感心しました

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    幼稚園の図書室で読みました。

    題名どおり薬になる草や木の効能についての本ですが、
    でてくるどの植物も身近なものばかりです。

    最初のページはお正月の七草から始まります。
    ちょっと早いけど七草も、大人の私も何も見ないで言えといったら
    なかなか怪しいです・・。
    ほかにもタンポポや梅などの記述もあり、子供と一緒に豆知識を増やすことができました。

    薬がなかなか身近になかったころの
    昔の人の知恵ってすごいなーと、改めて感心しました。

    掲載日:2010/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身近にあるこんなものが?

    娘が2年生の時、学級レクとして
    子どもたちに野草について指導されてる、
    学生のボランティアの方々を招いて野草採取と素揚げの試食会を開催しました。

    その時に、普段は単なる“草”“雑草”として見てたものが
    体のいろんなところの薬になったり
    栄養満点だったり。なんて事を説明して頂き
    とても勉強になりました。その夜、早速娘と息子も交えて
    本棚らかひっぱり出してきたのですが
    学生さんの説明を思い出しながら、絵本の中で紹介されてる
    くさやきの効能について楽しみました。

    絵本の中の草や木は私たちの身近でいつでも見られるものばかりで
    子どもたちも「え〜?これも?こんなのも体に良いんだね!」
    ってビックリ!!
    ヘチマの茎から出る汁がお肌にとても良い!っていうのを見た子どもたちは
    「お休みの日にジージの畑に行って、この汁取ってきたら
    ママも美人になるね!」
    ですって (^◇^)
    そうだな〜、お肌の曲がり角の年齢にさしかかってきたことですし
    お願いしてみますかな(-。-;)

    掲載日:2007/05/23

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット