モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

両親をしつけよう!」 みんなの声

両親をしつけよう! 作:ピート・ジョンソン
絵:ささめや ゆき
訳:岡本 浜江
出版社:文研出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年09月
ISBN:9784580815667
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,071
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    引っ越しをきっかけに周囲に感化され、教育パパママに変わってしまった両親。
    そんな中、主人公のルーイはお笑い芸人になるという夢をあきらめずにがんばります。
    両親のしつけかた…なんだかドキッとするタイトルです。
    友人のマディが言う両親のしつけかたは両親を悲しくさせるもので結果的にはマディを幸福ではないようです。やっぱり双方話し合いが大切なのではないかなと思いました。

    掲載日:2015/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少し過激な発想

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子13歳、男の子11歳

    12歳のルーイ少年が書いた日記という展開です。
    ルーイが引っ越してきた学校はさながら「ガリ勉村」。
    周りのお友達だって、両親の多大なる手助けで勉強や習い事。
    とうとう、ルーイの両親も影響を受けて・・・。
    かくして自分を守るため、ルーイは両親をしつける計画を実行します。
    そこには、「お笑いタレントになる」という夢も織り込まれていきます。
    子ども達には「反抗のすすめ」のような感じです。
    子どもが読んでも、親が読んでも、少々お説教ぽいように感じました。
    ルーイのように反抗はしてほしくないけど、様々な行動力は
    我が子たちに見習ってほしいなあ、と思いました。

    掲載日:2007/07/05

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット