雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

メグとモグ」 みんなの声

メグとモグ 作:ヘレン・ニコル
絵:ヤン・ピエンコフスキー
訳:ふしみみさを
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2007年02月
ISBN:9784032026603
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,184
みんなの声 総数 6
「メグとモグ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 魅力

    子どもが図書館で自分で選んで借りたのが4歳、それから6歳の今も時々借りて読んでいます。
    大人の私は手に取った事がなかった絵本でしたが、後で詳細をみるとイギリスで子どもに人気のお話との事で、子どもが面白いと感じるなにか魅力があるのだろうと思いました。読んでみて、絵柄はシンプルでちょっとはじけたところもあるお話だけど、楽しい絵本でした。子どもは、何回も読んでほしいといい、この絵本のDVDも借りてみるほど大好きです。

    掲載日:2013/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハロウィーンの時期に

    先に原書の方を知りました。小学生の英語の授業の読み聞かせで使いたくて原書の知らない単語を調べて、絵本の中に出てくる大鍋とか、ふくろうの発音に苦戦しつつ、最大の難関は魔女たちがパーティで大鍋にいろんなものを入れて呪文を唱える場面でした。

    その場面は韻を踏んでいるので、特に単語に意味はないというのか、言葉の響きを楽しむところなので、どうしよう?と思っていたら

    日本語訳があることを教えていただきました。その場面「カエルのあしに ミミズのめだま コウモリのつめに…」と一体その後どうなったんでしょうね?

    大鍋に入れる場面では子どもたちは「へぇー わぁー げぇー」といったリアクションで、そんなもの入れたら確かに嫌だなあと。

    絵がポップで色がはっきりしているとても楽しいお話なので、子どもたちは引き込まれてました。

    ハロウィーンパーティの本なので、その時期に読むとよさそうです。他にシリーズもあるようなので、できたら原書と日本語訳と両方で読み比べてみたいなあって思います。

    掲載日:2013/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魔女たちのハロウィーン

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子13歳

    イギリスでシリーズになっている本のようです。
    魔女のメグ、ネコのモグ、フクロウのホーのおはなし。
    魔女らしく、ハロウィーンの日のエピソード。
    黒づくめの衣装もさることながら、朝ごはんもちょっと???
    いよいよ魔女仲間とのパーティですが、意外な展開に。
    ちょっと、おどろおどろしい展開ですが、
    シンプルに魔女の世界を味わうにはちょうどいいかもしれません。
    カラフルな絵とシンプルな文章ですので、小さいお子さんにもOKです。

    掲載日:2009/10/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • カラフルでちょっとシュール?

    私と娘が初めてこのお話に出会ったのはテレビのアニメでした。
    私の第一印象としては今ひとつだったんですが
    娘は一気にハマりました。
    その絵本が出ていると知ったときは飛びつかんばかりに
    読みました。
    ハンパな魔女のメグとちょっとシュールっぽいモグ。
    そして毎ページとってもカラフルで楽しいですね。
    ハロウィンなので魔女が集まってのパーティーは
    すごいことになってしまうのだけど 全くめげないメグ。
    マイペースですね〜(^.^)
    ハロウィン時期に読むのをオススメします。

    掲載日:2008/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 続きが気になります^^;

    イギリスの子供たちに30年以上も愛されている「メグとモグ」シリーズで、その第1弾です、

    魔女のメグと、ネコのモグ、それにフクロウのホーのお話。
    この魔女のメグ、かなりおとぼけです^^;
    ハロウィーンということで、お友達とハロウィーンパーティーをするのですが、いやはやすごいことになります♪

    パーティーのおなべにいるものもすごいですが、
    それ以上に最後の展開にびっくり!
    息子と大笑いしてしまいました☆彡

    次のハロウィーンまでそのままなのかしら?!
    続きが気になってしまいます。

    ハロウィーンの日のお話でもありますので、ハロウィーンにもおすすめですよ!

    掲載日:2007/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハローウィンに!!

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、女の子4歳

    ハローウィンにお勧めと書いてあったので読んでみました。
    イギりスで人気のあるシリーズのようです。
    魔女のメグのハローウィンの過ごし方が書かれていました。
    お友達とのパーティで大なべに入れるものが魔女らしい!!
    ちょっとグロテスクかも・・・しれないですね。
    絵が可愛いので他のシリーズも読んでみようと思いました。

    掲載日:2007/10/29

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット