ガラゴの小型えほんボックス 特製ガラゴのながぐつキーホルダー付き ガラゴの小型えほんボックス 特製ガラゴのながぐつキーホルダー付き
作: 島田 ゆか  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
あのガラゴのかばんの中に、小型絵本とキーホルダーが入ったスペシャルセット!
まゆみんみんさん 40代・ママ

プレゼントにもぴったり!
ガラゴの絵本2冊(小型版)が入ったセッ…

スーホの白い馬」 みんなの声

スーホの白い馬 作:大塚 勇三
絵:赤羽 末吉
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1967年10月
ISBN:9784834001129
評価スコア 4.77
評価ランキング 519
みんなの声 総数 101
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

101件見つかりました

  • 感動しました

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子9歳、男の子7歳

    長男が3年生の国語の教科書に載っていましたが、音読の宿題でちょっと聞いたくらいで、全部を読んだことがありませんでした。
    今回、最初から読んでみたら、子供も聞き入っていましたが、私のほうが途中で悲しくてくやしくて、涙ぐみそうでした。
    貧乏で心やさしい主人公に、欲深でわがままな殿様がひどい仕打ちをするという、昔話にはよくある話なのですが、多分描写がすばらしいのでしょう、すごく気持ちがはいってしまうのです。
    悲しいおはなしですが、たまにはこういう正統派の絵本もいいですね。

    掲載日:2009/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素晴らしい作品

    小1の時に読んで、読書感想文を書いたので、思い出があります。
    白い馬がとてもいいなぁと思って、白い馬に乗ってみたい!と思いました。
    競馬大会で1位になったのは凄い!と思いました。
    でも凄く悲しくて可哀想なお話で、泣きそうになってしまいました。
    国語の教科書にも載っているお話なのですね。
    名作なので、誰でも知っていると思いますが、とてもお勧めできます。

    掲載日:2008/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何度でも読みたい作品

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    スーホが大切にしていた白い馬を王様がほしがります。
    王様の手元にいった白い馬ですが、言うことを聞きません。
    怒った王様は矢を放ちます。ぼろぼろになって帰ってきた白い馬を
    スーホは馬頭琴にしてずっと手元においておきます。

    草原を走る馬・王が絶対・馬頭琴・・モンゴル民族の特徴が随所に現れてます。
    スーホの優しい気持ちには、何度読んでも心打たれます。

    民話独特の残酷さはありますが、再読したい作品です。
    小1の子供は、しんみりと聞いていました。

    掲載日:2008/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悲しみを乗り越えて

    寝る前の読み聞かせに手に取った絵本でした。
    悲しいお話だよ、と前置きして読み聞かせました。
    二人で泣きながら読みました。
    悲しみを乗り越えようと、馬頭琴を作り上げるスーホの気持ちを考えるとたまらない気持になります。
    2年生の教科書に掲載されていますが、絵本でじっくり味わいたいお話です。

    掲載日:2008/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私の原点

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    私が8才の時出会った本です。
    その当時、絵が落ち着いていて取っつきにくいと思っていましたが、
    班で選んで紙芝居にしました。
    絵がとても上手な男の子が描いて、私が読みました。

    クラスで第3位・話がうまいで賞!
    私の原点でした。

    何度も何度も練習して、読み込むほど味のあるお話でした。
    悲しい結末ですが、初めて、生きていることを実感したこと、覚えています。


    息子も8才。このお話が、教科書に載っていてびっくり!
    良いお話は、教科書にも載るんですね。

    息子は読んでどう感じたかしら。
    毎日音読ご苦労様でした。
    お母さんはとても嬉しかったです。

    掲載日:2008/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本の古典

    モンゴルの民話ですが、
    いまや日本の古典のようだと思います。
    自分の子供に読み聞かせる事で再読しながら、
    私が子供の頃、先生が読み聞かせてくれた時の気持ちを鮮明に思い出しました。
    今は教科書に載っているのですね
    教科書に載っていない時代、
    この本を私に紹介してくれた先生に感謝です。

    掲載日:2008/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ずっと受け継がれて行く話。

    • 橘朔夜さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳

    私がこの話を知ったのは小学校の国語の教科書に載っていたからです。
    「馬頭琴」という言葉を知ったのもこの話のおかげです。
    子供が出来た時、いつかこの本を読んであげようと思っていました。
    理不尽な事で大切な馬を殺されてしまいますが、それでもなお大事に思うその心に泣けました。

    教科書から私へ。
    私から子供へ。
    こうやってずっとずっと受け継がれて行くのでしょう。
    1度は読んであげたい本です。

    掲載日:2008/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつかもう一度

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子3歳

    娘が図書館で選んできたこの絵本。んー?どこかで見たような、聞いたような物語。たぶん、ママが子供の頃に読んだことがあるのかも。そんなことを思いながらも、3歳児がちゃんと聞いてくれるの?と少々不安になりながら読み聞かせしました。

    お話は、モンゴルの馬頭琴が出来た経緯。スーホが拾った白い馬と、スーホの心のつながりがじんわりと心に響く物語です。
    長い、長い物語。途中よそ見をするものの、ちゃんと最後までお話を聞いてくれた娘。娘の記憶の中に何かが残るといいんですけど。

    掲載日:2008/05/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 語り継ぎたい話。

    なんとも悲しい話です。
    子ども達に読み聞かせながら思わず涙。
    悲しいお話ですが、一生懸命真摯に生きる事の大切さを伝えてくれていると思います。
    真摯に生きていれば友情も得られるし、人の優しさも感じることができる。決して悪い事ばかりではないと教えてくれているような気がします。
    教科書にも載っているようですが教科書ではなく、一冊の本としてであって欲しい作品です。

    掲載日:2008/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • これからも末永く

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    小学2年生の娘が音読の宿題でいつも読んでいます。国語の教科書にのってるんですね。私が小学生のときものっていたから、かれこれ、30年近くたっています。それだけ、たくさんの人から愛されているお話なのだと、実感できます。

    とても悲しいお話なのだけど、勇気や元気をもらえます。友情も感じられます。いつまでも語り継がれるお話であってほしいと思います。

    掲載日:2008/02/11

    参考になりました
    感謝
    0

101件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / きょうのおやつは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



刀根里衣さんの最新刊発売記念!ギフトにぴったりの絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット