貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

スーホの白い馬」 絵本紹介サイトの声

スーホの白い馬 作:大塚 勇三
絵:赤羽 末吉
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1967年10月
ISBN:9784834001129
評価スコア 4.77
評価ランキング 519
みんなの声 総数 101
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  •  今、小学2年生の我が子が毎晩のように読んでくれています。教科書に載っていて音読の練習のためですが、以前にも読んで知っていたにもかかわらず、親子で感動し直しています。

     モンゴルの羊飼いの少年スーホが、拾った白馬を育て、殿様の前で競馬に優勝して見せます。ところが、殿様は白馬を取り上げたばかりか、思い通りにならない白馬を弓で射るように命令します。スーホのもとに戻った白馬は死んでしまいますが、その骨や皮や毛で馬頭琴という楽器ができあがるという話です。

     子どもたちはスーホと白馬の温かな愛情や、広い草原をかける馬たちのすばらしさ、殿様への怒りなど、たくさんのことを感じ取ることができたようでした。教科書の小さな絵ではなく大判の絵本でこそ、このお話の良さが伝わると思います。ぜひ絵本で読んでほしいと思います。
     また、モンゴルの馬頭琴奏者チ・ボラグさんが作曲した「スーホーの白い馬」の曲が、彼のHP上で試聴できます。その音色も楽しんでみてはいかがでしょうか。

    掲載日:2004/03/03

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / きょうのおやつは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


お子さんと一緒に物語が楽しめる『音のでるえほん』

全ページためしよみ
年齢別絵本セット