あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

サナとそらとぶおばけ」 みんなの声

サナとそらとぶおばけ 作・絵:なりたまさこ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年10月
ISBN:9784591094129
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,377
みんなの声 総数 6
「サナとそらとぶおばけ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • みんなで遊ぼう!

    たこあげのお話でした。

    この絵本はたこあげの凧のことをカイトと書かれてました。

    読んでいて、とっても違和感があったので

    あえて凧と読み変えました。

    もちろん、その方が理解して読み聞かせができます。

    みんなの凧がおばけに持って行かれましたが

    おばけではなくきつねたちでした。

    実はきつねたちもたこあげがしたかった、それだけなんです。

    みんなに一斉にたこあげしているページは思わず

    声が出るほど、いっぱいでした。

    そこが一番盛り上がるところですね。

    掲載日:2012/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 凧揚げ

    このお話は凧上げのお話でした。子供はまだ凧上げをやったことがないのですが、このお話を聞いて、「今度凧上げやってみた〜い!!」って言っていました。みんなで一斉に凧を揚げていたシーンはなんかきれいで素敵でした。

    掲載日:2012/08/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなで楽しもう♪

    対象年齢5歳〜になってるけど、3〜4歳でも十分OK☆

    子ども達の大切なカイトをおばけに取られてしまって、
    みんな大泣き。
    でも、サナだけは、取り返しに行こう!と。
    おばけなんて、ハラハラドキドキ☆
    でも、おばけの正体は意外なものでした。

    勇気を出して立ち向かうこと、困難にぶつかった時の
    発想の転換方法も学べる気がします。
    最後にみんなでカイトをあげるシーンは圧巻。

    なかなか面白いです☆
    他のシリーズも読みたいな。

    掲載日:2010/07/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • お化け

    お化けの絵本だったので興味を持ちこの絵本を選びました。凧の魅力を感じられる絵本でした。風に乗って舞う凧の姿はとても優雅でうっとりしました。主人公達が自分達の物だからと主張するのではなく喜びは皆で作り出すものだと行動する所が素晴しいと思いました。最後の凧が舞う姿は圧巻でした。友達って素晴しいなと感じられる絵本でした。表情がリアルに描かれているところが良かったです。

    掲載日:2009/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 凧揚げ

    凧揚げの凧ってカイトというのをまず知りませんでした。

    カイトって凧のことだったなんて・・・・・

    サナとルルの優しさは、読んでいてもよく伝わってきます。

    自分たちのカイトを盗んだ6匹の子狐さんにも、気持ちよくカイトの

    作り方を教えてあげて一緒に遊ぶ二人に見習わなければと思いました。


     「ほしかったんだよね。」


     「羨ましかったんだよね、こういうカイト。」


    子狐の気持ちは、きっと誰にだってあると思うけれど、人様のものは

    盗ってはいけないことも教えられます。

    色とりどりのお空いっぱいのカイトが見事でした!

    何だかとっても晴々とした気持ちになれました!

    掲載日:2009/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぎょえ〜〜〜凧(カイト)の大群!

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子9歳、女の子7歳

    娘は『サナちゃんシリーズ』が大好き。
    かわいい絵がとても好きみたいです。
    私は風景がとても好きです。
    丁寧に描かれていて、空や緑がとても澄んでいて気持ちがいいです。
    今回は凧あげ(カイト)。そこに乱入してくるオバケ凧。
    やはり、子ども達が声を上げたのは最後のページ。
    「ぎょえ〜〜〜。たくさん!!」と目が丸くなりました。
    「サナの凧はどれ?」とほそ〜い線をたどって、確認していました。
    他のキツネやねこのルルの凧も真剣に指でなどっていましたが、
    あまりにもたくさんで、しかも凧糸は細いので、
    「こりゃ〜疲れる」と途中でギブアップしたみたいでした。

    掲載日:2007/05/24

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット