語りかけ絵本 いちご 語りかけ絵本 いちご 語りかけ絵本 いちごの試し読みができます!
文・絵: こが ようこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
絵本での語りかけの様子がわかる動画も見られます!

宮沢賢治の絵本 どんぐりと山猫」 みんなの声

宮沢賢治の絵本 どんぐりと山猫 作:宮沢 賢治
絵:田島 征三
出版社:三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年10月
ISBN:9784895881135
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,382
みんなの声 総数 42
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

42件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 勢いにすいこまれる〜! 受賞レビュー

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、女の子2歳

    ある日、おかしなはがきを受け取った一郎。
    彼は山猫裁判に召集されたのです。
    そこではたくさんの金のどんぐりたちが
    誰が一番かで揉めているのでした。

    文字だけでもドキドキワクワクの宮沢賢治の童話、
    それに田島征三さんの力強いタッチの絵がつきました。
    流れるような草木やワーっと集まるどんぐり、
    山猫のその口!
    見ているとその勢いにすいこまれそうになります。
    独特の絵とお話に魅了されました。

    気になるのは、どこもかしこも不思議な中で
    どこか生真面目に扱われる、召集はがきの描写。
    一郎がそれに関して最後にちょっと後悔もしているため、
    切ない余韻としても残ります。
    メールでやりとりしてばかりの今、
    彼らが文章や文字の扱いで、一喜一憂したりする様子が
    興味深く、愛おしいですね。

    シンデレラのように
    魔法の時間はフッと終ってしまいます。
    馬車が一郎の家についたら、
    山猫らは消えてしまい、金のどんぐりも茶色に。
    秋には必ずどんぐり収集家、
    そんな娘は特に残念そうでした。
    そして、
    「金色だったのは光のせいだったんじゃない?」と。
    そうだね、山猫らがいたのは、
    眩い光の指す、特別な場所だったのかも。
    最後のページ、
    ますの中のどんぐりを覗き込む一郎を見て
    それが輝いていた時間を一緒に想ってしまいました。

    子どもの大好きなどんぐりや猫がでて、
    絵にも強烈なインパクトがあるので
    低年齢からでも読ませやすいと思います。
    秋を感じながら読むのにぴったり。
    親子で楽しめる、ユニークな絵本です☆

    掲載日:2015/10/02

    参考になりました
    感謝
    2
  • ユーモアたっぷり!

    古典的な童話には難しい言い回しやことばがたくさんですが
    こちらのお話しはわりと分かりやすく書かれています。
    挿絵も田島征三さんの担当とあって、ダイナミックで
    自然界ののどかな雰囲気も感じられたりします。

    さて、お話しですが
    宮沢賢治さんお作品の感想には娘が大ファンだと言うことを
    必ずっていうほど書き込んでますが
    こちらは、今まで読んだ作品に比べると、とても子供の世界に近く親しみさえも感じたようです。

    娘の目に止まったのは“どんぐり裁判”どんなじゃ?って私たちも思いますね?
    それから何かしらとてもワクワクしてきますね☆〜(ゝ∂)

    そのワクワク感を一郎くん(多分娘の年齢と変わらないかな?)のもとに届いた
    おかしなはがき。そのはがきは山猫裁判長からのはがきらしく
    「めんどうな裁判しますから・・・」なんて書かれてるのです。
    ね?その先をどんどん読んでみたくなっちゃうでしょう?

    どんぐり裁判って?山猫裁判長って?面倒な裁判って??

    そんな一郎君を通して、子供目線たっぷりに描かれたこのお話しに
    娘も吸い込まれるようにして一気に読んでしまいました。

    裁判での一郎くんが思いついた判決もユーモアがあって
    笑っちゃいました (^◇^)
    でも、そのユーモアな判決にもいろんなメッセージが込められてるようで娘も感心してました。
    読後に、「やっぱり賢治さんってすごい作品書いてるな〜」
    なんておませなこと言ってましたね〜
    でも、幻想的な物から子供目線に寄り添える作品まで
    幅広い感性が宮沢賢治さんの魅力であり、人気の秘密なんでしょうね!

    ますます集めてみたい!宮沢賢治作品♪って思いました。

    掲載日:2007/05/24

    参考になりました
    感謝
    2
  • 迫力がある 受賞レビュー

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子12歳、男の子10歳

    宮沢賢治の作品はいろんな方によって作品化されていて
    それぞれどの本がいいのか甲乙つけがたいところですが、
    私なりに「この物語はこの絵で」という風にこだわりを持って揃えています。
    「どんぐりと山猫」はこの絵がしっくりきました。

    ネコの絵に迫力があり、なんとなく荒いタッチな感じがお話の世界に
    入り込みやすいです。

    宮沢作品はなんとなく悲しく切なくなるようなお話も多いのですが、
    どんぐりとヤマネコは安心して読める一冊のように思います。

    掲載日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • ぜったいお勧め☆

    迫力のある絵、サイコーです。
    宮沢賢治の作品でも愉快で楽しいこの作品、
    いちろうや、やまねこの表情に息子と引きつけられ
    一気に読み上げました。

    さすがです。

    たくさんある宮沢賢治作品の中で
    この1冊を選んだのは、絵本の大きさとダイナミックなこの絵に惹かれたから。

    ずっと手元に置きたい宝物の1冊になりました。

    掲載日:2010/01/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵に動きがあり迫力を感じました

    田島征三さんの絵が動きがあり迫力を感じました。

    前は高畠純さんの絵でしたが、絵が変わるとまた雰囲気が変わるなあと思いました。

    やまねこが「だまれ」という場面は、山猫のアップなので、迫力を感じました。

    このお話も読むたびに、宮澤賢治らしいとお話だなあと思います。

    きのこがしゃべったりどんぐりがだれが一番か競ったりと、とてもユニークだなあと思います。

    他にも絵本があるようなので、ぜひ読み比べてみたいです。

    掲載日:2009/10/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • おもしろい!

    なんといっても目を引くのは表紙の大きなねこ!宮沢賢治作品が大好きな息子が食いつかないわけがない!(笑)お話自体も子どもたちが興味を持ちそうなユーモアたっぷりの内容で、飽きることなく最後まで楽しんでいました。6歳の息子にはちょうどよい長さで、絵もインパクトがあってぴったりマッチしています。おすすめの1冊です♪

    掲載日:2015/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • インパクト大!

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    図書館で借りて読んでみました。

    まず、表紙の絵のインパクトがすごいですね!
    どんぐりがたくさん出てくるページも印象的!
    現在、細長いどんぐりや小さいどんぐりには見向きもせず、大きなどんぐり拾いにはまっている息子だったら、間違いなく大きいどんぐりが一番偉い!と答えるだろうな(笑)

    3歳の息子が読むにはまだちょっと難しそうなので、もう少し大きくなったら読んであげようと思います。

    掲載日:2015/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤いズボンのどんぐり

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子18歳、女の子13歳

    公園にどんぐりが落ちていると、よく子どもたちは拾ったり、競争で集めたりします。形が可愛らしくて、子どもの手にちょうどよくおさまります。都心でもよく見かける身近な木の実が登場するので、賢治の作品の中では親しみやすいお話だと思いました。
    山猫の姿は、威厳もありますが、どこかとぼけた風貌がストーリーと合っていました。
    どんぐりが赤いズボンをはいているという描写は、ざっくりと描かれていて、読み手が想像をたくましくすればいいのでしょうが、もう少し可愛らしい絵も見てみたかったです。

    掲載日:2015/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • いちばん偉いどんぐりは?

    いちばん偉いどんぐりを決める裁判で、裁判長の山猫がかなり困っていたところ、男の子がアドバイス。

    いちばんどうしようもないどんぐりが一番偉い。(意訳)

    そういわれて、俺だ!と言えるどんぐりがいなくて、山猫が喜んだのでした。

    なかなかトンチがきいていました。

    でも、絵は少し怖いというか、娘の好みではなかったです。

    掲載日:2015/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんぐりのけんか

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    絵がとても面白いなと思いながら読みました.なかでもどんぐりたちがもめている場面の絵は特に好きです.みんなひとつぶひとつぶ違っていて,息子とお気に入りのどんぐりを探してしまいました.
    山猫の顔どアップもすごく迫力があって,ほんとに山猫のどなり声が聞こえてきそうです.
    それにしても一郎の判決には脱帽でした.めちゃめちゃだったどんぐりを一発で黙らせてしまう判決を思いつくんだからすごいです.この判決には息子も笑っていました.
    深く考えると難しいお話で息子はもちろん私も難しいなと思いましたが,大好きなどんぐりが出てきたり,一郎のユニークな判決など,ところどころ息子には面白いと感じる場面があったようでした.

    掲載日:2015/10/12

    参考になりました
    感謝
    0

42件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / そらいろのたね / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



怪盗ルパンとのはじめての出会いにも!厳選の名作短編

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット