だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

おでこに ピツッ」 みんなの声

おでこに ピツッ 作・絵:三宮 麻由子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\362+税
発行日:2006年06月
評価スコア 4
評価ランキング 18,389
みんなの声 総数 8
「おでこに ピツッ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 雨の音いろいろあるね

    雨の音って
    何かにぶつかると、いろんな音になりますよね。
    水にあたったり、バケツにあたったり
    降り始め、激しい雨。
    そんな一言の雨を音で表した絵本です。
    じっくり読んでみると
    音のリズムがあるのですが
    二歳の息子には単調だったようで
    真ん中くらいで飽きてしまってました。

    もう少し大きくなって一緒に音さがししてみると
    いいかもしれませんね。

    掲載日:2011/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 年中さんぐらいまでかな

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    4歳と2歳の子ども達に読みました。
    擬音語がほとんどですので、もっと小さな子にも楽しめるかと思います。
    音を楽しむ年齢の幼児に向いているかと思います。
    5歳の子にはちょっと幼すぎるかな〜と思います。

    掲載日:2011/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろな雨の音

    ほんとうに雨のしずくが落ちる音っていろいろありますね。
    いつもこどもは体で感じているんでしょうと
    読み聞かせて思いました。

    絵本で感じるいろいろな雨音も格別です。

    掲載日:2010/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨音

    雨の日の一日を描いたお話です。

    雨音が落ちる場所によって変化していく様子を、擬音語を使って上手く表現しているなぁと感じました。
    雨ってなんだか憂鬱ですが、こんな発見もあるんですね!

    雨の日がちょっぴり楽しくなるオススメの一冊です☆

    掲載日:2010/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一瞬

    雨が落ちる一瞬の時間を見逃さずに捉えている表紙が気に入ったのでこの絵本を選びました。版画の様な表現方法が文章とマッチしていて良かったです。雨の音は当たる物によって変化する事を学べる絵本でした。特にブリキのバケツに当たる雨の音が独特で素敵だなと思いました。雨が上がった後の空の色もロマンチックで気に入りました。

    掲載日:2009/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨の音の豊かさ

    雨の音の豊かさに驚かされます。

    三宮さん本は、読み聞かせボランティア養成講座で紹介されました。

    雨の音がこんなにも豊かに感じられることが素晴らしいと思います。

    雨の日に、外で目を閉じて耳だけで、音の響きを感じたくなります。

    雨の時期に、音を楽しむこんな本も新鮮でいいなあと思いました。

    掲載日:2009/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨の音

    雨の音って凄く沢山表現できてるので吃驚しました。雨音に耳を傾けたいと思いました。バケツ、傘にも音楽のように流れている雨音を楽しみたいと思いました。身近にあるマンホールにも男の子が耳を傾けているのを見て真似をして楽しむことを教えてもらいました。雨の日も楽しくなります。雨上がりの水溜りでツバメが遊ぶ絵にも小鳥のさえずりが聞こえてきそうです。「チリッ チュン チリッ チュン 」

    掲載日:2009/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨の音って、こんなに豊かだったの!

    雨の音がこんなにも豊かで楽しいものだったのか、と気づかされる本です。水自体に形はないけれど、水を入れる容器によって、水が様々な形に変化するように、雨の音も、雨が当たるものによって、まるで違った生き物でもあるかのように、いろんな音を奏でてくれるのですね。雨がピツッピツッと落ち始め、次第に激しくなり、やがてゆっくりと止んでいく、その時間の流れを、雨の音だけで表しています。今度雨が降ったら、いろんな雨の音を探しに行ってみましょう!

    掲載日:2007/05/25

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット