庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

さかなまちいき でんしゃ」 みんなの声

さかなまちいき でんしゃ 作:いぬいちえ
絵:にしむらしげお
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\362+税
発行日:2006年09月
評価スコア 4.25
評価ランキング 13,966
みんなの声 総数 11
「さかなまちいき でんしゃ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 次男がお気に入り

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子5歳、男の子1歳

    無類の電車好きの次男が、図書館で選びました。

    海からやってきた、たこの坊やが、町のお祭りを目にします。
    昔ながらの日本の町並み、お面や綿菓子なんかが売ってる光景が
    なんだか懐かしい雰囲気です。

    家々に、夜の明かりが灯る頃、そろそろおうちが恋しくなるたこくんですが
    家に帰る道が分からなくなってしまいます・・・
    そんな時、目の前に電車が!

    駅には、不思議なおじいさんがいて
    「さかなまちいきの でんしゃにのればいいよ」と教えてくれて
    無事におうちまで帰って来れます。

    海の中の町も、レストランがあり、普通の暮らしがあり・・・
    住んでるのはさかなやイカのおじさんだけど(笑)
    人の住む町も、海の中の町も、本当に電車の一駅のように
    垣根がなく、簡単に行き来できてしまいそうな錯覚に陥ります。
    上質のファンタジーですね。

    文章は、小さい子向けで少なめですが
    絵の中から、たくさんの発見をすることができます。

    私たち親子の発見・・・
    ・夕暮れ時の町には、抱っこされる猫とか
    晩ごはんをつくる湯気とか、おうちの空気がいっぱい。
    ・たこくんのお面は、おじいさんからもらったようだ。
    ・服を着たたこくんの手と足は、
     シャツの袖とズボンの裾からそれぞれ2本ずつ出てる。
    ・さかなまちに着いた電車は、
     終点で折り返し、もうすでにいちばん後ろだった車両には運転手さんが乗っていて
     行き先は「ひとまちいき」と書いてある。

    見るたびに新しい発見があり、次男のみならず、
    5歳の長男も楽しんでいます。

    掲載日:2011/03/24

    参考になりました
    感謝
    2
  • なんだか懐かしいような、そんな気持ちにさせて
    くれる絵本です。
    おまつりの風景が、とっても細かくて、そして
    とっても楽しい気持ちにさせてくれます。
    文章にはないのですが、よーーーく見ていると、
    絵からいろいろな物語がつたわってくるところも
    面白いです。
    たこくんが、おじいさんからひょっとこのお面を
    いつのまにかもらっているところも、発見して
    みてくださいね♪

    掲載日:2012/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 行ってみたいな

    海の中を電車が走ってるのに子供は感動!!本当に存在していると思っているらしく、明日近所の駅のホームで待ってたらこの電車が来るかも!って言っていました。来ないので何とかごまかさなければ・・・・・

    掲載日:2011/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • お祭り

    お祭りの山車やお祭りの屋台に見惚れてしまいます。

    「せいらあ! せいらあ!」と威勢のいい掛け声が聞こえそうです。

    露天商が並ぶ屋台もどこか懐かしさでいっぱいになります。

    お面、金魚すくい、お好み焼き、やきそば、風船に楽しくなります。

    迷子になったたこの坊やに、浦島太郎のおじいさんが教えてくれた「さ

    かなまちいき」電車に、やっぱりおじいさんも海に帰りたかったんでし

    ょうか?

    親切にひょっとこのお面まで、たこの坊やにあげてしまって・・・・・

    どこまでも空想にふけっている楽しみもできる絵本でした。

    掲載日:2010/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • たこのキャラクターが愛らしい?

    レトロ感もあり、そしてファンタジーな感もあり、見ていると不思議とお話の世界に吸い込まれそうな絵本です。
    主人公のたこくんのキャラが宇宙人のようないでたちで・・服も着ていて面白い!たこが服を着たらこういう風になるのかーと妙に感心してしまいました。
    人間の世界に迷い込んで、お祭りを楽しんでいるシーンはなんだか懐かしさを感じさせます。
    さかなまち電車がどんどん海の底にもぐっていき、海の世界に広がるレストランやお店屋さん、キラキラしていて不思議な空間がきれいなイラストで描かれてあって絵を見ているだけで楽しいです!

    にしむらしげおさんの絵がますます好きになりました。

    掲載日:2009/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な空間

    タコが浜辺の縁日で迷子になってしまうお話です。

    イラストも細かく丁寧に描かれていて、縁日のお祭り騒ぎな感じがよく表現されているなぁと思いました。
    突如現れる“さかな町行き”の電車も面白いなぁと思いました。

    縁日から徐々にさかな町に入っていく所が、不思議な空間が漂っている印象を受けました。

    一度は子ども達に読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    掲載日:2009/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雰囲気のある絵と電車

    • だかりんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子3歳、女の子1歳

    雰囲気のある絵がいいですね。電車は大好きなので楽しんで読めたみたいです。お祭の絵も雰囲気があっていいと思いました。

    ザブゴト、ザブゴト、ザブゴト・・・
    本当はありえないんだけど、電車が海の中へ入っていくって子どもには興味津々で楽しいだろうなぁ。電車好きな子にはぜひ。

    掲載日:2009/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 西村繁男さん

    私自身が西村繁男さんの作風が大好きなのでこの絵本を選びました。主人公を取り囲む人や物の感じがとても魅力的でした。細部もとても凝っているので隅々までじっくりと眺める楽しさもありました。西村繁男さんの不思議な世界に浸る事が出来てとても満足できる絵本でした。特に気に入ったのは電車が海へと入っていくところです。私も是非体験してみたいなと思いました。周りの人達が気にも留めずに日常の事だという感じもとても斬新でした。

    掲載日:2008/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふしぎさがたまらない

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    最初の表紙の絵から、なにか独特な雰囲気にひきつけられました。人間の住む町なんだけど、魚のような別の生物が運転してる電車が通っていて。おもしろい絵だなあと思いながらとびらを開きます。

    たこくんが見た町は、お祭りでにぎわっています。そのお祭りも昔ながらの伝統を感じるお祭りで、見ていて懐かしくなりました。にぎわうなかにいるたこくんがやや異様でしたが。
    人間の楽しんでいるお祭りのようすも愛着を感じましたが、たこくんの住む海中の町がこれまたすてきでしたね。想像力をふくらませて、自分も海の中を散策してみました。たこくんに誘われてやってきたかのように、あたりをきょろきょろ。興味津々になってしまいました。にしむらさんの描く町並みは、楽しんです。いろんな童話がインスピレーションされています。そのページだけ開いて、子どもと見物するのも楽しかったです。

    掲載日:2008/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと不気味・・・

    さかな町からタコの男の子が人間の町に遊びにくるストーリーですが、タコも宇宙人のようだし、全体的に絵が不気味な感じで好感が持てません。ストーリーもわかるようなわからないような・・・。果たして小さな子供がこれを読んで何かを理解できるのか、興味を感じられるのかちょっと疑問です。

    掲載日:2008/02/22

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット