だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

あさの絵本」 みんなの声

あさの絵本 作:谷川 俊太郎
写真:吉村 和敏
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年08月
ISBN:9784752003441
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,058
みんなの声 総数 17
「あさの絵本」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 生きているって素晴らしい!

    朝という時間帯の素晴らしさが、とても爽やかに閉じ込められています。

    ページをめくるだけで、まるで朝を迎えた時のような、清々しい気持ちになります。

    ありきたりな言葉ではありますが、生きているって素晴らしい!と、素直に思いました。

    この本を読んでから、朝起きるのが楽しみになったような気がします。

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • ひらいてみたらわかります!

    先日、地域の公民館でおはなし会をしました。
    前半で小さい子向け、後半で小学生向けと一応分けましたが、後半に小さい子どもさんも多く残っていました。もちろん出演者のお子さんもおられましたが・・・。
    後半の一冊目がこの「あさの絵本」でした。
    途中からBGMを流しましたが、なんと、読みはじめから驚いたことに会場がシーンと静まり返って(逆に緊張してしまいましたが)詩を伝えるにこれ以上はないだろうというようなシチュエーションでした。
    吉村和敏さんのため息がでるような写真と、この瞬間を生きている素晴らしさを、短いわかりやすいことばで綴った谷川さんの詩。
    ラストのページで、今日を生きていこう!と会場中のみんなが感じてくれていたら嬉しい・・・と思いながら読み終えました。
    小さな子たちが食い入るように本を見ていてくれて本当に嬉しかったです。なんど読んでも、どこで紹介しても、読み手と聞き手が感動を分かち合える本です。

    掲載日:2009/07/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 六年生への読み聞かせで

    • みぽみぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 女の子13歳、女の子9歳、女の子4歳

    小学校の1時間目
    六年生への読み聞かせで 一番最初に読んだ本です。

    とてもきれいな写真

    いろんな朝

    子どもたちの心にすっとはいったようで
     わぁ
     きれい
     ・・

    ちょっと ふっと笑いながら 聴いて見てくれました。


    谷川俊太郎さんの 詩
    その 言葉のひとつひとつも とっても素敵です

    言葉も大切にしたいなぁ
    なんて 子どもたちの顔をみても 思いました。

    掲載日:2009/01/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 朝の風景

    この絵本には、明け方様子が素敵な写真で表現されていました。だんだん明けていく写真を見ていると心が済んだ気持ちになってきて、すがすがしくなりました。うちの子も太陽が昇って夜が明けていくのが不思議だったみたいで今度本物が見てみたいと言っていました。

    掲載日:2016/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい朝

    • あみむさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子15歳

    中学校の読み聞かせに使いました。
    広島への修学旅行の前に、戦争の話を中心に読んだので、
    最後は未来に希望をもってもらいたいと、セレクトしました。

    とても美しい写真と、美しい文章です。
    「だれのものでもない ほうせきが いっぱい」
    朝お散歩すると、空気が澄んでいて、キラキラしてみえて、
    本当に宝石がいっぱいなんだよな〜。
    おはようってとっても素敵な言葉だな〜と改めて思いました。

    掲載日:2015/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい!!

    息をのむような美しい写真絵本です。

    生まれたての朝が少しずつ少しずつしっかりとした朝になっていく。
    太陽が昇り、万物が目覚め、動き始める。

    そんな情景を丁寧に追っていきます。

    谷川さんの語りかけるような文と
    吉村さんの心洗われる写真とが
    心をやさしくマッサージしてくれるかのよう。

    大自然を視覚的に楽しませてくれるだけでなく
    香りも音も感触も伝わってくるかのよう。

    ぜひ五感をフルに活かして感じてみてください。

    姉妹本で「夕」もありますよ。

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 朝はまぶしい。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子13歳

    表紙を見ればわかるとおり、写真絵本です。
    写真は吉村和敏さんが撮っています。装丁は杉浦繁茂さんでした。

    朝っていうと白い世界を思い浮かべてしまうのは、私だけでしょうか?
    この絵本で描かれている(撮られている)あさの世界は夕焼けのように赤い空やオレンジっぽい空が多かったです。
    「朝焼け」って言葉もありますもんね〜。(でも、日本で見る朝は黄色っぽい白っぽい世界のことが多いと思います)
    撮影場所を見ると吉村さんの活動拠点であるカナダが多かったです。

    谷川さんの「朝」の詩は、1つ1つの短いフレーズにいろいろな朝の顔が見えてきて、素敵でした。
    音的に一番好きなところは、
    「まぶしい まぶしい まぶしい
     きょう はじめてのきょう」

    ここを声に出して読むだけで、「うんうん。朝はまぶしいよね〜」って、思ってしまいました。
    写真がとってもきれいなので、小学校の高学年以上のお子さんたちから中学生、高校生に紹介したい作品です。

    掲載日:2013/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵にとけこんだ詩

    様々な写真の中に表現された「朝」。
    素晴らしい写真集です。
    一見関連性のなさそうな大自然の様々な描写をつなげるのは「朝」というキーワード。
    その中に谷川さんの詩がさりげなく溶け込んでいます。
    リラクゼーション絵本といった感じ。
    朝のイメージのさわやかな音楽を添えると、とても素晴らし一日が始まりそうです。

    谷川さんの詩は、写真によって喚起されたものでしょうか。
    谷川さんの詩に写真を添えたものでしょうか。
    どちらかが欠けても成り立たないように思うのですが、写真にとけ込み過ぎて谷川さんの詩があまり浮き上がってこないのが少し残念でした。

    掲載日:2009/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今日もがんばるぞ!と思える本です

    • ぴろりあんさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子9歳

    高学年の読み聞かせ用に選んだ本です

    まず、写真の美しさに心を揺さぶられ
    次にその写真一枚一枚に
    ぴったりの短い言葉に感動しました

    だんだんと明るくなっていく「うまれたての朝」の風景を
    見ていると実際には写っていない、鳥や昆虫や動物たちが
    動くさまが見えてくるようです

    最後のさわやかな一枚に
    『今日もがんばるぞ!』と力が湧いてきます

    生命力を感じる、素晴らしい写真の数々は
    写真集としても楽しめます

    子どもたちも読後、元気になれるのではないかと
    思いました

    朝の読み聞かせにもぴったりです

    掲載日:2009/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「新しく始まる今日」を意識させられました

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子15歳、男の子11歳

    海の近くでは陸風から海風に替わる夜と朝の間に
    朝凪という風の全く吹かない時間があると聞いた事があります。
    そんな時間を切りとったような贅沢な写真絵本です。
    朝焼けに始まり 朝もや、朝日、朝露と続き
    洗濯物が 
    颯爽と吹く朝風をはらんでいる場面までが収められています。
    地球が静かに目を覚ましていくような展開です。
    どの写真も美しく ページをめくる手が自然とゆっくりになります。
    谷川俊太郎さんの詩もせっかくの風景をじゃましない様にと
    なんとなく遠慮がちに添えられているような感じです。
    新しく始まる今日」を意識させられる絵本でした。

    掲載日:2009/03/17

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / ぼちぼちいこか / ぴょーん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット