だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ジェイミー・オルークとおばけイモ」 みんなの声

ジェイミー・オルークとおばけイモ 作・絵:トミー・デ・パオラ
訳:福本友美子
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2007年02月
ISBN:9784895726603
評価スコア 4.09
評価ランキング 17,901
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 楽しい想像の世界の願望

     アイルランドの昔話です。
     アイルランドは、19世紀に宗主国イギリスのように製造業が発展せず農業に依存し、兄弟の分割相続がおこなわれたので、農地の細分化が進み、地租として納めなくても良いジャガイモ栽培が進んだ国です。
     ジャガイモが貧農の唯一の食料となり、“ジャガイモ飢饉”の直前には人口の三割がジャガイモに生存を依存する状態になっていたそうです。
     かの、1845年の“ジャガイモ飢饉”で100万人の餓死者を出し、J.F.Kやウォルト・デズニィー、そしてオバマ大統領の先祖がアメリカへ渡ったのもこの頃であったと聞きます。

     このお話を読み、当時の貧農にとって夢のような「おばけイモ」が、、アイルランドの伝承に登場する靴職人の妖精レプラコーンの力を借りて実現するのは、当時のひとびとにとって、楽しい想像の世界の願望であったと思います。

     それにしても、徹底したものぐさぶりな主人公ジェイミー・オルークには呆れましたが、結果奥さんのアイリーンが苦労から解放されることで納得し読み終わりました。
     
     エンディングの賢いレプラコーンの笑顔に、息子は「やっぱり持ってるじゃん。黄金たんまり!」と笑っていました。

    掲載日:2010/03/09

    参考になりました
    感謝
    2
  • ちょっと・・・。

    8歳長女と6歳次女に読みました。

    アイルランドいちのなまけものジェイミー・オルークが主人公。働くのではなく、妖精に大きなジャガイモの種をもらって、いろいろありはしますが、最後は働かなくても暮らせるようになるお話です。

    私は楽してめでたしめでたしというこのお話の終わり方には、ちょっとなーと違和感を持ちました。

    掲載日:2016/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話いろいろ

    日本の昔話はよく知っていますが、たまにはなじみのない外国の昔話も読んでみたいと思い、手に取ってみました。
    アイルランドの昔話だそうです。

    ジェイミー・オルークは、アイルランド一のなまけ者。
    ジャガイモを育てるのもさぼってばかりで、おかみさんのアイリーンが代わりに畑を耕す始末。
    でもアイリーンが寝込んでしまい、夜中に教会の神父さんの所へ相談に出かけます。
    その途中、レプラコーンを見つけたジェイミーは…?

    このお話の中に出てくるレプラコーンというのは、アイルランドで昔から言い伝えられている妖精です。
    小人の靴屋に出てくる妖精というのも、このレプラコーンなんだとか。
    妖精からもらった魔法の種で、ジェイミーはおばけいもを手に入れ、村中を大騒動に巻き込んでいきます。

    日本の昔話には、『こんなことをしてはいけない』とか『こういうことをすると、こうなるよ』と、どこか教訓めいた教えが込められているものが多いように思います。
    なまけ者のジェイミーが働かずにすむ権利を得るというラストを読んで、昔話でも国が変わればえらく趣が違うんだなぁとなんだかおかしくなりました。

    やっぱりこのお話の中で一番得をしているのは、レプラコーン本人かもしれませんね(笑)

    掲載日:2013/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • すっ飛んでるストーリーが面白い!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子11歳

    なまけものの夫ジェイミー・オハークのシリーズです。
    この話は元がアイルランドの昔話で、アイルランド人のおじいちゃんから物語ってもらったものだそうです。
    トミー・デ・パオラはおじいちゃんから耳元で「ジェイミー・オハークは、アイルランドいちの怠け者……」と、始まるらしいです。
    私もそんな機会があれば、めちゃめちゃ聞かせてほしいです。

    ストーリーはすっ飛んでる展開が面白いです。
    大きく育ち過ぎたジャガイモを村の人たちに分ける太っ腹(実はそれなりの理由があるのですが)なシーンはとっても楽しそうでした。

    結果的に妻・アイリーンの機転で大円団を迎えるのですが、彼女は本当によく出来たお嫁さんです。最後にちゃっかり全てがよい方向に流れたのを自分の手柄にしてしまうジェイミーですが、私だったらこんな怠け者の夫は捨てちゃうかもね。

    トミー・デ・パオラの明るく愛嬌のある絵も見ごたえがありますが、
    お話そのものもとても面白いので、ぜひ声に出してお子さんに読んであげてください。
    読み聞かせに使うなら小学校4年生以上から高校生までお薦めです。

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジャガイモの意味

    アイルランド一の怠け者だというジェイミー・オルークのお話。
    アイルランドの昔話だということで、妖精のレプラコーンのことも知らないのですが、そんなことは抜きで楽しめます。
    今まで全てをかみさんのアイリーンにまかせていたジェイミーでしたが、かみさんが腰をいためて起き上がれなくなるとすっかり困ってしまいます。
    相談しようと教会に行こうとした通りがかりに見つけた妖精のレプラコーン。
    金貨をため込んでいるという妖精らしいですが、世界一大きなジャガイモになるという種を渡して逃げていきます。
    本当にとてつもないジャガイモができました。
    それを掘り上げようとしているところは、ジェイミーも働いていますがびくともしない。
    村の人々と掘り上げたイモは転がって…。
    ジャガイモを食べ続けてもうジャガイモは結構と思った村人たちのため、大きなジャガイモが結果的にジェイミーを助けてくれたお話でした。

    最後にたくさんの金貨を前にニコニコしているレプラコーンが御愛嬌。
    レビューで、アイルランドにおけるジャガイモの意味を知り、軽いと思ったこの絵本も背景があることを知り、昔話もあなどれないと思いました。

    掲載日:2011/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけイモにまつわる悲喜こもごも

    アイルランドの昔話だそうです。

    なまけものがうまくいく話は、人生には思いがけないいいことがあるということを表しているということらしいというのを何かで読んだことがあります。

    ジェイミー・オルークがレプラコーンという妖精からもらったじゃがいものたね。

    ヤーノシュの「おばけリンゴ」という話を思い出しました。

    おばけイモにまつわる悲喜こもごもがおもしろかったです。

    こんなイモがあったらどのぐらい食べられるのかな?でも飽きてしまいそうとかと思いました。

    おもしろいお話がアイルランドにはあるんですね。アイルランドの昔話も読んでみたくなりました。

    掲載日:2010/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • アイルランドの昔話

    タイトルに惹かれて図書館で借りてきた絵本です。
    アイルランドの昔話なんですね。

    ジェイミー・オルークはアイルランド一の怠け者。そんなジェイミーがある晩レプラコーンという妖精に偶然出会い、そのレプラコーンから巨大な芋のなる種をもらいます。家に帰り、その種をまくとみるみるうちに巨大な芋が・・・。
    結果的にはジェイミーは大して働きもせずに、富を得てしまうというお話です。

    アイルランドでは有名なお話なんでしょうか?分かりませんが、馴染みのない日本人が読むと、努力もせずに怠けたままで幸せになるという展開に、少々疑問が残りました。
    昔話としての面白さはあると思いますが、個人的には何となく馴染めませんでした。

    小さい子には難しいかもしれません。小学生低学年位になればが面白さがわかるかもしれませんね。

    掲載日:2009/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愉快なはなし

    • イザリウオさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    この絵本はアイルランドの昔話です。
    なまけもののだんなさんで、最期はめでたく望みがかなうのですが、どうも結末が良すぎるのが、正直、面白くありませんが・・・。
    結末よりも途中のドタバタぶりが面白くて、最期まで飽きずに読めます。
    この絵本を読んで、何と言うか、人間はたとえどんな短所があっても、自分を信じてさえいれば逆境も乗り越えられる、というような考えに至り、元気がわいてくるような本でした。

    掲載日:2008/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • アイルランドに伝わるお話。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子14歳、男の子10歳

    作者であるトミー・デ・パオラさんが 
    小さい頃に おじいちゃんから聞かせてもらった
    アイルランドに伝わる昔話をもとに創られたお話だそうです。
    昔話といえば この怠け者のジェイミーが
    それまでの行いを後悔して 
    いつも面倒を見てもらい 世話を掛けている奥さんに 
    ごめんなさいって謝るのかな…と想像しましたが 
    結末は全く違いました☆
    結果オーライだったのだから良いじゃない?って感じです 笑。

    一見 アイルランドいちの怠け者 
    ジェイミー・オルークのお話のようですが
    この後出版された
    『ジェイミー・オルークとなぞのプーカ』
    というお話も読むと
    どうやら アイルランドに言い伝えられている
    妖精のお話のようにも思えてきます。

    おばけいもの種を ジェイミーにくれたレプラコーン。
    気になって ちょっと調べましたら
    他の妖精達の靴を作っている妖精で
    なかなか頭がよく すばしっこいということです。
    ジェイミーを騙すのなんて簡単だったのでしょうね。

    アイルランドに伝わる妖精は 
    このレプラコーンとプーカ以外にも
    まだまだたくさんいるようです。
    他の妖精のお話も読んでみたいな…
    シリーズがもっと続くといいなぁ…
    そんな風に思いました。

    掲載日:2008/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きな大きなイモ!

    トミー・デ・パオラの色彩豊かなイラストで綴られた、アイルランドの昔話。

    ジェイミー・オルークは怠け者。いつも奥さんに畑仕事ばかりさせる、困った人です。
    畑仕事をさぼったつけで、じゃがいもはほとんどとれず、ジェイミーは夜中に
    神父さんに相談に行くことにしました。
    教会までの道を歩いていると、なんとレプラコーン(妖精みたいなものでしょうね)
    を発見!
    このレプラコーンとの出会いが、ジェイミーと奥さん、さらには村のみんなに
    とんでもなく大きな「おばけイモ」をもたらすのです。

    私は外国の文化やにおいが伝わってくるような、こんな昔話を楽しんで育ったので
    子どもたちにもぜひ、たくさん読んでもらいたいと思います。
    こんなおばけイモ、あったら見てみたい!

    掲載日:2007/05/26

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ぐりとぐらのかいすいよく / はじめてのおつかい / おばけのバーバパパ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.09)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット