ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ティナのおるすばん」 みんなの声

ティナのおるすばん 作:イリーナ・コルシュノフ
絵:矢島眞澄
訳:石川 素子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2002年07月
ISBN:9784198615512
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • これから注目したい作家さん

    名古屋市立図書館の三・四年生のお勧めリストにあったこの本。

    主人公が八歳ということで息子と同じ年ですが、主人公が女の子ということでどうかな?と思ったのですが、すぐに読みたがりました。

    うちでは児童書は読み聞かせなのですが、私が読めない時にも自分で続きを読むほど先が気になったようでした。

    ティナの長い一日を描いたものなのですが、この日はトラブルの連続・友情の危機などとても読み応えがありました。


    ティナはイタリア人の父とドイツ人の母がいます。

    イタリア人ということで良い職につけずにアフリカへ単身赴任していることや、同級生のギュカンは、トルコからの出稼ぎ家族ということで、アイスクリームを買うことさえ切り詰めているということ。

    息子は、このエピソードがいたく気になったらしく、ドイツではアイスクリームはいくらぐらいなのだろう?と気にしていました。

    単にドイツの女の子の日常というだけでなく、そこからドイツの生活や社会情勢が透けてみえるという描き方の見事さに感心してしまいました。

    よくよく気にしてこの作家のプロフィールを見てみると、「ちびドラゴンのおくりもの」の作者だけでなく、清水真砂子さんが著書の中で紹介していらした「ゼバスチアンからの電話」もこの作者の作品でした。

    今年、イリーナ・コルシュノフの作品を注目していこうと思いました。

    掲載日:2010/01/25

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット