うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

からすの たまごにいちゃん」 みんなの声

からすの たまごにいちゃん 作・絵:あきやま ただし
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2007年05月
ISBN:9784790251699
評価スコア 4.73
評価ランキング 897
みんなの声 総数 47
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

47件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • ピンチから…!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    たまごのからに入ったままのからすのたまごにいちゃん。
    ピンチから自らの力で脱する姿がよかったです。
    殻から出たとたんに態度ががらっと変わりますね。まあ言うことはもっともだと思うのですが。殻から出て気付くこともありますしね。

    掲載日:2016/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり殻なしがいい!?

    からすのたまごにいちゃんは、いたずらっこ!!
    いろんなたまごにいちゃんがいますが、そのなかでも、
    一番目つきがわるい・・・(笑)♪
    でも、殻がとれてからのはしゃぎっぷりが、とっても
    かわいいんです♪
    たまごにいちゃんは、みんな窮屈に見えるので、
    やっぱり殻がないほうがいいんじゃない???と
    思ってしまいました♪

    掲載日:2015/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいイタズラガラス

    このお話は、からすのたまごにいちゃんが卵の殻を割ってその素晴らしさを知るお話でした。自分もたまごにこだわっていたのに、いざ自由な喜びを知ったら、たまごにいちゃんにまで、それを押し付けて殻を割ろうとするのです。そのたまごにいちゃんの逃げる姿にうけていました。

    掲載日:2014/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • お兄ちゃんだったんですね〜

    図書館から借りてきて、3歳と8歳の娘たちと読みました。

    今回のお話は、いつもたまごにいちゃんを追い回すカラスの幼少時代のお話でしたが、
    あのカラスも昔はたまごちゃんだったとは!!
    たまごにいちゃんのたまごを割ろうとする理由も判明しましたが、
    私はこのカラスのおかあさんに、ドキッ・・・。
    私もしょっちゅう「あとでね!!」って子供たちに言ってます・・・。
    「お兄ちゃんてこんな気持ちなんだ・・・。」と子供(特に長女)に申し訳なく思いました。

    カラスのたまごにいちゃん、
    無事自分のカラをやぶってお母さんをお手伝いする立派なおにいちゃんカラスになりましたが、
    やっぱりお母さんとお話したいんですね。
    私ももっと長女の話を聞いてあげなきゃと思いました。

    娘たちは、からすたまごにいちゃんがみんなにイタズラしている所と、
    「うりゃー!」ってカラを割る所がおもしろかったみたいで笑ってました。

    今回は、私がいろいろ考えさせられました。

    掲載日:2013/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 深いなあ

    たまごにいちゃんにいつもちょっかいを出している、カラス。
    ちゃんと理由があったんだなぁー!
    サイドストーリー的なお話ですが、とても面白いです。

    子供時代ももちろん楽しいけれど、大人になるとまた違った楽しさがあるんですよね。
    成長することへの不安をそっと拭い去ってくれるような素敵な絵本だと思います。

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • いたずらっこなカラスのたまごにいちゃん

    4歳の長女大好きな「たまごにいちゃん」シリーズ。今回は「からすのたまごおにいちゃん」。いたずらばっかりなからすのたまごおにいちゃん。お母さんが忙しくて、ふてくされて毎日いたずらばかり。でも毎回うまくいくわけでなく、とうとうネコに木の上に置き去りに・・・。誰も来てくれないので、卵の殻を割りました。そして、本当のカラスに。

    本当のカラスの楽しさがわかって良かったね☆最後の方にたまごにいちゃんが出てきますよ。長女はたまご
    にいちゃんの走る姿に爆笑でした。

    掲載日:2012/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3才の息子達と一緒に読んだのですがものすごく面白かったみたいです。息子達は「たまごにいちゃん」「たまごねえちゃん」を読んだ事があるのですが「たまごにいちゃん」と同じ場面が出てくるところがあるのですが(からすがたまごにいちゃんをおいかけるシーン)たまごにいいちゃんの絵本を出してきて「おんなじや!」ときゃあきゃあ喜んでおりました。私もからすのたまごにいちゃんはただのいたずらずきではなくて優しいお兄ちゃんカラスということが分かって読みながらジーンとしてしまいました。たまごにいちゃんシリーズは10冊ぐらい読んでおりますが今のところこの「カラスのたまごにいちゃん」が私のなかで一番のお気に入りです。多分息子たちの食いつきから言ってもこの絵本が一番かと!

    掲載日:2012/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • もう1つの「たまごにいちゃん」

    「たまごにいちゃん」を読んで以来、シリーズが沢山あることを知りました。

    どれも面白い絵本です。

    「たまごにいちゃん」で殻を割ろうとイタズラしていた「カラス」も、実はその昔、たまごにいちゃんでした。

    ただ単に、殻を割ろうとイタズラしていただけでない理由がここにありました。

    もう1つの「たまごにいちゃん」ストーリーです。

    この本は、「たまごにいちゃん」を読んでからが、お勧めです!!


    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 殻をやぶった世界も・・・

    3歳11ヶ月の息子に読んでやりました。このシリーズの本を何冊か読みましたが、やむをえない状況とはいえ、自分から殻を破ったのは初めてかな?そして、からを破ってよかった!と他のたまごにいちゃんに勧めているのもすごい!殻のない世界もいいよー!その基準は案外、お母さんとのコミュニケーションなのかもしれませんね。

    このたまごにいちゃんシリーズ、なんだかくすくす笑えます。弟や妹がいるにもかかわらず、決まって殻からでたがらないというのが共通した思い。なぜ?と思ってしまいますが、その殻をとっぱらうとき、大きなステップを踏み出すのですよね。その背中を押してくれるのはなんなのか毎回楽しみです。今回は命にかかわるから、でしたね。息子もこのシリーズが大好きです!

    掲載日:2011/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外な真相

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    この作品は“たまごにいちゃん”を読んでから読むと面白さが倍増します^^

    たまごにいちゃんの殻を割ろうとするカラス。
    いじめっ子だったりいたずらっ子だったりするのかな〜と前作を読みましたが、
    彼に悪意は全くなく、
    「殻を破った方が楽しいのに」というのが真意だったのですね!

    個人的には、お話の本筋自体はシリーズ他作品の方が好きですが、
    スピンオフ作品という雰囲気で、なかなか面白かったです^^

    掲載日:2011/08/19

    参考になりました
    感謝
    0

47件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(47人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット