ひよこさん ひよこさん
作: 征矢 清 絵: 林 明子  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

とこちゃんのながぐつ」 みんなの声

とこちゃんのながぐつ 作・絵:かとう まふみ
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2007年05月
ISBN:9784052028335
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,622
みんなの声 総数 14
「とこちゃんのながぐつ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 鮮やか

    表紙の鮮やかな水色が気に入ったのでこの絵本を選びました。靴を主人公にしている所がとてもユニークで良かったです。長靴は雨でしか出番がないと思っていましたがそれ以外でも大活躍している所が素晴らしかったです。下駄箱の中で毎日こんな楽しい座談会が繰り広げられているとは驚きました。持ち主を笑顔にし、陰でしっかりと支える主人公達はとてもかっこ良かったです。

    掲載日:2009/05/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 靴の気持ち

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、女の子3歳

    お靴が大好きな娘に読んであげました。

    とこちゃんの靴はみんなおでかけが大好き!
    いつも下駄箱の中でおでかけをするのを楽しみに待っています。
    でも長靴は雨の日しかおでかけができません。

    とこちゃんの靴の多さに私と娘とで目をキラキラさせてしまいました。
    私も娘も靴が大好きなんです^^
    靴がたくさんあるとウキウキしちゃいます♪
    公園へ行く時、お友達と遊ぶ時、お母さんとおでかけする時、靴を履き分けてるとこちゃんはきっとおしゃれな女の子なんでしょうね〜!

    この絵本では靴たちの目線で靴たちの気持ちが描かれています。
    靴の気持ちなんて考えた事がなかったのでおもしろかったです。
    晴れの日が続くとなかなか出番のない長靴。
    だけど雨の日が続けば毎日のようにおでかけができる。
    長靴は嬉しいけれど、他の靴たちはおもしろくない。

    私の靴たちも、娘の靴たちもそんな風に思っているとしたら・・・
    どれも偏りなく履いてあげたいなって思いますね^^
    ・・・そんなにたくさん持ってないけど(笑)

    掲載日:2009/04/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • ながぐつが活躍する時期にぴったり

    くつが主役のおはなし。

    雨がなかなか降らなくて、出番を待っている
    とこちゃんの長靴。

    とこちゃんに履いてもらったくつは
    みんな大喜び。
    その日の出来事を下駄箱でお話ししてます。

    やっと雨が降ったその日に、長靴さんの出番です。

    この本を読むと靴を大事にするかもしれませんね。

    娘も、とこちゃんと同じぐらい靴の種類を持ってます。
    でも、やっぱりお気に入りの靴は出番が多かったりします。

    雨の日は、長靴で水たまりに入るのが好き。
    長靴さんは、喜んでいるかしら?

    すぐに小さくなってしまう靴だからこそ、
    沢山履いてあげたいものですね。

    掲載日:2008/06/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • すごい顔!

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子9歳、女の子8歳

    カラフルないろいろな靴が登場しています。
    靴が擬人化されていて、靴のキモチが描かれています。
    長靴の顔を見て、息子「すごい か・お。」と一言。
    そういえば、うちの長靴さんってめったにおでかけしてないなぁ〜。
    この辺の小学生は長靴を極力はかないんですよ。
    重くて歩きにくい、下駄箱に入れにくいとかが理由みたいですが・・・。
    母「うちの長靴 全然 出動してないね。」
    息子「だって、大雨じゃないもの。」と
    あまり使わないことにうしろめたさを感じたようです。
    モノにも心があるんですよね。

    掲載日:2007/12/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 今年は出番が多すぎの長靴さん

    とこちゃんちの靴箱の中でとこちゃんの靴たちは
    色々お話をしている様子を読んで
    自分の靴箱でも同じ状況なのだと思ったらしく
    出かける前に娘がひとこと。
    「ずっとずっと雨で 私ながぐつばっかりはいてるから
    ほかの靴が“私もはいてよ〜”って泣いてるかもね」
    長靴は他の靴と違ってスポンとはけるからか
    小さい頃から娘は大好き。
    でもさすがに他の靴たちがご無沙汰になってしまうと
    かわいそうになってきたそうです。
    靴たちが楽しく話したり ケンカしたり
    擬人化した様子がとても楽しい絵本です。
    切れ長な目をした長靴さんがちょっと艶めかしいイラストですね(≧m≦)

    掲載日:2007/07/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自分で持ってきました

    4歳の長女が、図書館で自分で探して持ってきた絵本です。
    タイトルと絵にひかれたようです。
    実際に読んでみると、これ、確かに楽しい。
    靴たちのお話なのですが、まるで靴が生きているように描かれています。
    きっと子供たちの頭の中ではこんな風にいろいろなものが生きているのでしょうね。
    最後まで楽しそうに読んでいた娘です。

    掲載日:2016/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうだよね〜

    靴箱の中でくつや長靴がお話をしているという内容です。

    スニーカーは毎日のように出番がありますよね。

    長靴は我が家にもありますが、正直出番はあまりないです。

    雨だと億劫なので、外出を避けがちですが、

    この絵本を読むと、長靴も外に出かけたいという気持ちが

    よく描かれています。

    もしホントに靴箱でみんなが会話してたら・・・と

    考えてしまう絵本でした。

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうなんだ!

    靴たちが履かれて楽しそうに話している姿を見て、うちの子はとってもビックリしていました。自分の靴もこんな風に思っているのかな〜?とかいろいろ子供ながらに考えていたのがかわいかったです。これから大事にはいてくれるかも!!

    掲載日:2012/05/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 靴がいっぱい

    靴がいっぱいあっていいなあって思いました。まだまだ歩くことが出来ない孫は、靴がいっぱいあってきっと羨ましく思うに違いありません。
    靴箱の中のとこちゃんの靴たちは、みんなとこちゃんに履いてもらいたくて愉しみにしているのだと思いました。黄色い装具の上に靴を履いて毎日歩行の訓練中の孫です。普通の靴や長靴が必要になってほしいと思います。長靴の思いやりのある言葉がとても気にいりました。雨が少し続いてとこちゃんに長靴を履いてもらって満足したのだと思いました。
    孫にのきっとまだ見ぬ長靴が孫の為に待っていてくれるのだと思うと希望が持てました。

    掲載日:2011/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • くすんくすん・・・

    雨の日しか、お出かけできない長靴は、
    みんなの楽しそうな「お外の話」を羨ましく聞いているだけ。
    でも、雨が続いて、普通の靴たちと立場逆転!
    この靴たちの表情がなかなか!!

    たまたま図書館で借りた日の午前中に海に行き、
    同じ黄色のながぐつを履いたところだったので、
    『あっ!いっしょ』と食いつきました☆

    そして、この本を読んでしばらくの間、
    靴を履くたびに
    『他の靴泣いて!』とリクエストされたのでした…。

    掲載日:2010/10/11

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



北欧の一休さんことビッケ登場!おやすみ前の読み聞かせにも

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット