しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

おじいちゃんのライカ」 みんなの声

おじいちゃんのライカ 作:マッツ・ウォール
絵:トード・ニグレン
訳:ふじもとともみ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年
ISBN:9784566008298
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,019
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 最期を迎えるとき

    秋、森のカバの木の葉が色づき、おじいちゃんの愛犬
    ゴールデンレトリバー「ライカ」の毛の色と同じになる。
    この“オレンジ色”が絵本の中で最初から最後まで登場していて
    老いと、最期へ向かう事への暗示が一色化してますね。
    年老いて病気に侵され、何も食べなくなったライカを、
    おじいちゃんは獣医さんの所へ連れて行って
    安楽死させることを選びました。
    その事には、子どもたちもとてもショックを受けた様子でしたが
    こうして、家族として迎え入れたライカを最後まで
    見送るという、北欧の風習を学んだようです。

    とても静かなトーンで進む絵本なだけに、男の子と一緒に
    悲しみを感じるお話しですが、
    ライカのお話しを通して、私たち人間の最期を迎えるときについても
    感じるものがあったのではないでしょうか?
    いろんなことを感じさせるお話しでした。

    掲載日:2008/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最期の迎え方を考えさせられました。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳、男の子9歳

    ライカの死を通して 考えずにいられなかった事…
    それは…
    「安楽死」についてです。
    大切に飼ってきたライカの最期は 
    こんな風に迎えられたのでした。
    作者のマッツ・ウォールさんは スウェーデン在住と知り
    なんとなく納得しました。
    動物を飼ったら 最期までしっかり面倒を見る…
    というのは当たり前ですが
    こんなお別れを選択する方(国)もあるんですよね。
    おじいちゃんが孫のマシュウに
    ライカを安楽死させることについて語る場面では
    避けられない悲しみをしっかり受け止められるような
    心くばりのある言葉が続きます。
    子供たちには
    自然の摂理を感じ 考えるきっかけとなるでしょう。
    高学年位の子供たちに読んであげたい内容でした。

    この絵本は 犬のライカのお話でしたが
    私としては
    人に置き換えて考えずには いられませんでした。
    大人でも読み応えのある絵本じゃないかな…と
    感じました。

    掲載日:2007/05/28

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット